So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

1月25日、大相撲初場所12日目観戦、ついにあの彼と2ショット! 両国 [見ると飲む]

1月25日(木)、大相撲初場所12日目観戦、ついにあの彼と2ショット! 両国


平昌冬季五輪、アイスホッケー女子「スマイルジャパン」の歴史的一勝に震える式守錦太夫です。
完全アウェイでの、韓国北朝鮮合同チームとの試合で、4-1で快勝
2点目をゲットした小野粧子選手(旧姓・二本柳)のガッツポーズが嬉しかったです。
20180216小野粧子.jpg
二本柳と言えば、コクドレディース(現・西武プリンセスラビッツ)の名選手。
一度引退して、また復帰して代表になった苦労人です。
そのご主人は、元・西武鉄道と日光アイスバックスで活躍していた小野豊。
いまはレフェリーとして活躍していて、今回の平昌五輪にも派遣されています。
夫婦で五輪に出ているなんて、すごいなあって思いますね。

スマイルジャパンは日曜日からの順位決定戦に回ることになってしまいましたが、
格上相手に一つでも勝ち星を重ねてほしいものであります。

いまだ相撲ネタが終わっていないのですが、先月の大相撲初場所観戦レポ。
後半戦の木曜日、12日目を見に行ってきました。
実はこの日前後に、仕事などでかなりいっぱいいっぱいで、
もしかしたら見に行けなくなってしまうかもと思い、
同行者には不意に行けなくなることを告知しておりました。
そして前日、結局夜勤をこなすことにしたおかげで、睡眠はかなり限られてしまいましたが、
仕事を先取りできたので、見に行けないどころか、逆にいつもよりも早く両国についちゃう始末(爆)
同行者からは「来られないと言っていた張本人が、一番先に来ているってナニ?」
と言われましたが、必死に調整したのですよ。
相変わらず、休場力士が多い12日目です。
IMG_8989.JPG

まずは正面の「木戸」と呼ばれる、切符のモギリ。
親方がやっているってご存知でした?
この日は、元・益荒雄の阿武松親方、先日の理事選でめでたく理事になられました。
IMG_8992.JPG
この人はいつも、お客さんに丁寧に声をかけるので好感を持ちます。
「ようこそ大相撲へ」とか「行ってらっしゃいませ」とか言うんですよ。

一転して仏頂面の元・竹葉山の宮城野親方。
IMG_9047.JPG
横綱の白鵬、そして謹慎中の式守伊之助の部屋の師匠です。
心労が重なっておられるのかしら。

まだ1階マス席に自由に入れる時間(13時以降はマス席チケットを見せないと入れません)。
だから、三段目の取組を見てました。
IMG_8998.JPG
独特の表情、三段目行司の式守友和君。
IMG_9006.JPG
幼そうに見えるけど、もう30歳、最近は場内アナウンスもやります。
ちょこっとピントが合っていませんが、私のお気に入りの呼出・大将君。
IMG_9015.JPG
この日の帰りに、すごいことが起きます!
ラジオ実況席で、この日の準備をする、沢田石一樹アナウンサー。
IMG_9026.JPG
マス席であぐらをかいてしゃべるのも、大変そうだ。

この日のちゃんこは味噌味。
IMG_9027.JPG
ほとんど、味噌汁だな。

続いて入り待ち、いい男の朝乃山。
IMG_9029.JPG
九州場所で十両優勝の蒼国来。
IMG_9037.JPG
眼鏡をしていないと認識できない(笑)、錦木。
IMG_9042.JPG

自席に戻りまして、同行者と対面。
ここからビールを飲み飲み、楽しい観戦です。
土俵溜りには、テレビ中継でよく見る維持員の方。
IMG_9057.JPG
奥の赤いセーターの人は、いつも花道付近で見ている。
手前の時計係の親方の横には、髪型がいつもあまりに整いすぎているおっちゃん。
同行者は「絶対にカツラだ」と言い張っているけど、私は河野洋平・元衆議院議長に似ていると思う。
あるいは、サンダーバードの人形(爆)
あっ、オリンピックオヤジだ。
IMG_9069.JPG
平昌には行かないのかな?

時間が余っている時にやる、翌日の取組をお知らせする「顔ぶれ言上」。
普段は立行司がやるんだけど、今場所は不祥事で不在ゆえ、
三役格の木村庄太郎がやっているって、結構レアなんです。
IMG_9074.JPG
――って、あまりにカルトQ的なネタでスミマセン。
この日のお弁当。
IMG_9076.JPG
埼玉県越谷市出身の阿炎(「あび」と読む)の見事な四股。
IMG_9082.JPG
四股で拍手をもらえるのは立派です。

この日、平幕の栃ノ心が勝って、横綱の鶴竜が負けたので、
栃ノ心が単独のトップに躍り出た日。
同行者も栃ノ心好きゆえ、本当に嬉しかったです。
周囲のお客さんも巻き込み、大盛り上がり。
栃ノ心がこのまま優勝したんですよね。

6時10分、ただちにお片づけタイムの国技館。
IMG_9084.JPG
出待ちをしに行ったら、報道陣に囲まれもみくちゃになっている力士。
IMG_9090.JPG
おお!栃ノ心だ!
IMG_9093.JPG
色紙を差し出すファンに、気さくに応じるいい男。
IMG_9098.JPG

しかし、もっとも興奮する時間。
遠目に若々しい姿で歩く彼。
IMG_9085.JPG
これは!お気に入りの呼出、大将(ひろまさ)君ではないですか。
この時点で、私、かなり興奮しておりまして、とにかくうれしかったのです。
そしたら、同行者が「せっかくなんだから一緒に写真撮らせてもらいなよ」と言う。
勇気を持って、大将君に「お疲れのところ恐縮ですが、お写真一緒によろしいでしょうか」と言うと、
イヤな顔一つせずに「どうぞ」とのこと。
で、一緒の写真がこれです!
IMG_9088改.jpg
写真を撮ってもらいながら「九州まで応援に行ったんですよ」と話しかけると、
「ありがとうございます」と返事をもらいました。
彼は大牟田市出身です。
ほんの十数秒でしたが、こんな幸せなことがあったのですよ。
いやあ、良かった!

ちなみに、相撲仲間にこの写真を送ったら(当然無修正)、
「親戚のオヤジだな」と酷評(涙)
まあしょうがないよね、親子ほどの年齢差ですから・・。

この日の飲食の様子はまた日を改めて。



タグ:相撲 両国
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

高梨沙羅のジャンプと、1月中旬の飲食飲酒 [間接的に考える]

高梨沙羅のジャンプと、1月中旬の飲食飲酒

4年前のソチ五輪、高梨沙羅のスキージャンプ4位を見た直後、
弊ブログに記事を書きました。

2014年2月17日付け弊ブログ「高梨沙羅が『4位』になったこと」

モヤモヤしたことを払拭させてくれた読売新聞のコラムに、救われた気分を思い出しました。
そして4年たった先日の、見事な大ジャンプ。
念願のメダルを胸にした彼女を、涙をこらえて見ていました。
なにより、ジャンプ直後に駆け寄ってきた、同じ日本のライバル・伊藤選手の祝福を見て、
日々、好敵手であるはずの彼女が、悔しさを胸にしまって高梨選手を祝う姿に、
アスリートの魂を見た気がしました。
20180214高梨沙羅.jpg

ライバルとのし烈な競争で、できたらライバルなんかいない方がいいと思うのが人間の悲しい性質。
実際に、カヌー競技ではドーピングになるように仕掛けた選手もいました。
その気持ちもまったくわからないわけではない。
でも、五輪という場で、ライバルのメダルを祝える精神の尊さに、
あらためて感動を覚えました。

スピードスケート女子やモーグル男子でのメダル獲得も嬉しかったですが、
アイスホッケー女子は、予選リーグでの敗退が決定。
格上相手の2試合がいずれも惜敗で、個人的にもとても悔しいです。
きょう16時40分から、開催国の韓国・北朝鮮合同チームとの試合に臨む、スマイルジャパン。
五輪での歴史的な1勝を目指して、がんばってほしいものです。

でも、アイスホッケーの日本対スイス戦。
1-3と2点差で迎えた、最終3ピリオド残り3分半。
異例の早い時間で、ゴールキーパーをあげて捨て身の6人攻撃を挑む日本。
防戦一方のスイスに対して、シュートの雨あられを打ち込んだ210秒は、
まさに瞬きをするのも惜しいくらいの、素晴らしい攻撃でした。
それでも得点を奪えなかったところが、日本がまだ足りないなにかがあるのでしょう。

スポーツの素敵なところは、一瞬で多くの人と共感できること。
最高峰の舞台・五輪から目を離せませんね!

では飲食の件(笑)
1月19日の夜に、武里のいぶきさんで頂いたもの。
まずは白子。
IMG_8971.JPG
たしか次の日が朝早かったので、麦焼酎で飲んだんだっけ。
ヒラメと珍しくニシン。
IMG_8973.JPG
タケノコとカキの天ぷら。
IMG_8974.JPG
最後に、メカジキのソテーであります。
IMG_8977.JPG
週末に伺うことなんてほとんどないのですが、伺ったら知り合いの同級生に遭遇。
焼酎のお湯割りをすすりながら、近況バナシに華が咲いたのであります。

1月20日は、しっかりと夜まで仕事だったので、定食屋さんで焼きサバ定食。
IMG_8980.JPG
サバの向きが逆のようです(笑)
IMG_8981.JPG

翌1月21日は、この日も仕事で遅くなってしまい、地元のじれっ亭さんで飲み。
ビールに熱燗、そしてシュウマイ。
IMG_8982.JPG
モツ煮。
IMG_8983.JPG
高菜チャーハンはハーフに、麻婆豆腐麺。
IMG_8985.JPG
翌日は雪予報だったので、これで帰りましたが、
見事なまでに雪が降りましたね――って、ずいぶん前の話みたいであります。

タグ:春日部 武里
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

1月16日、大相撲初場所3日目観戦 両国~浅草橋 [見ると飲む]

1月16日(火)、大相撲初場所3日目観戦 両国~浅草橋

きのうは不意に記事が飛びまして、失礼しました、式守錦太夫です。
このところ、隔日のアップにした方が楽チンなので、2日に一度の記事とします。
時折、ご笑納くださいますよう。

まだ先月の大相撲の観戦記事であります。
この日は初場所3日目、恒例の観戦です。
いつもはカメラウーマンとの観戦ですが、初場所はあまりに見に行く回数が増えてしまい、
今場所だけ、最近何かと一緒になることの多い、飲み仲間の「貴原田」関との観戦。
もっとも便宜上、しこ名で呼んでいますが、別に相撲取りではありません。
ちなみに、終わってからはカメラウーマンなども合流し、飲みに行く予定。

この日の満員札止めの国技館。
IMG_8831.JPG
いつものように、昼過ぎに入場して、1階の売店などをチェックしていたら、
歩いてくる三役格呼出しの「重夫」さんがいらしました。
果敢に「お忙しいところ恐縮ですが、写真をお願いできますか?」と聞いたら、
「どうぞどうぞ」とのことで、この満面の笑み。
IMG_8835.JPG
ファンも多い重夫さんが、なんで人気があるのかがよくわかりました。
気さくにファンサービスしてくださるのが、とにかくうれしかったです。

この日から、新弟子の前相撲が始まりまして、番付に載っていない新弟子さんが、
朝の8時30分から相撲を取ります。
今場所注目の、昭和の大横綱・大鵬の孫である「納谷君」が出るとのことで、
同行者は朝から入場し、写真を撮りまくる。
あげく、協会の公式ツイッターの写真に写り込む事態。
私も行きたかったけど、いくらなんでも朝からずっとは行けないね。

相撲の取組は、割愛。
ああ、大砂嵐・・。
IMG_8868.JPG
大好きな碧山の後ろには、3月場所で新入幕が確実の、北海道出身「旭大星」。
IMG_8872.JPG
星の名をしこ名に冠しているのは、彼だけであります(式守調べ)。
ポラリス(北極星)もあしらわれている、ステキな化粧まわし。

横綱土俵入りの前に、呼出しさん2人が、フィギュアスケートペアの演技を見るかのような、
見事なシンクロのお掃除。
IMG_8896.JPG
夕陽が照らすやぐら。
IMG_8910.JPG

この日は珍しく、出待ちをしてみました。
まずは若々しい相撲を取る嘉風関。
IMG_8923.JPG
小柄だから、お客さんに紛れちゃう。

逸ノ城関、ここ数場所、いい相撲を取るようになりました。
IMG_8929.JPG
呼出しの邦夫さんと重夫さん。
IMG_8932.JPG
スーツ姿とは珍しい。

この日、横綱相手に勝った北勝富士関。
IMG_8952.JPG
果敢に色紙を持って行き、サインをゲットしドヤ顔の同行者。
IMG_8956.JPG
警戒ということで、消防車も臨場、ここを撮るんかい(笑)
IMG_8924.JPG

――ということで、楽しい相撲観戦であります。

そこから、女子2人が待っている浅草橋は、西口焼きとんさんに直行。
かけつけのホルモン。
IMG_8957.JPG
串もの2種。
IMG_8959.JPG
IMG_8961.JPG
レバー美味しい!

そこから、いい感じのお店のむつみ屋さん。
なんか最近、浅草橋に行くたびに伺っているお店。
美味なりの塩ラッキョウ。
IMG_8962.JPG
シメサバ。
IMG_8963.JPG
めざし。
IMG_8964.JPG
ハマグリの酒蒸し。
IMG_8965.JPG
マグロのステーキ。
IMG_8966.JPG
ラードでカラッと揚がったとんかつ。
IMG_8968.JPG
麦焼酎のボトルを飲み切ってしまい、日本酒まで飲んでいい感じ。

よくよく考えたら、このメンバーで昨秋の福岡にも行ったんだよな。
気心知れた面々と飲むお酒は、リラックスして飲めたのであります。





nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

1月14日、大相撲初場所初日観戦 両国 [見ると飲む]

1月14日(日)、大相撲初場所初日観戦 両国

平昌冬季五輪、開幕ですね、式守錦太夫です。
盛り上がりに欠けるって言われますけど、始まっちゃえば一緒に楽しめばいいんです。
日本勢の活躍も楽しみですが、なによりもワールドワイドの最高峰の闘いを、
見ることのできる幸せを味わいたいですね。
きのうのスキージャンプノーマルヒル予選解説の原田さんは面白かったなあ。

弊ブログはやっと1月の大相撲初場所初日になりました。
結局、相撲は3回行ったので、こういう話が今後、あと2回はありますが、
毎回、行く相手も違うし、飲みに行くところも違うので、別個でお楽しみください。

なによりも陽春の国技館。
IMG_8728.JPG
恒例のちゃんこ一杯売りで、お腹を満たす。
IMG_8731.JPG
このあと、持ち込みの白飯を投入して、おじやにしました。

この日は2回向正面で、新宿・ゴールデン街の飲み仲間さんたちとの観戦。
家族がインフルに罹患し、完全防備の態勢で来た女子とお隣さん。
まあ私は予防接種しているし、なにげに今年のインフルは年寄りにはかからなそう(式守調べ)なので、
キャッキャと観戦しておりました。
初日恒例の協会ご挨拶、向正面からなので、向こう向き。
IMG_8746.JPG
不祥事に対して、なにもコメントなしの八角理事長に、やんやのヤジが飛ぶ。
こっちも向いてくれました。
IMG_8751.JPG

稀勢の里の土俵入り。
IMG_8774.JPG
ここ数場所、序盤に見に行かないと見られない(休場しちゃうので)。
これまた初日恒例、先場所と先々場所の優勝力士の優勝額公開。
日馬富士は引退しちゃったので、すでに公開されている体で、福岡場所の優勝・白鵬のみ。
IMG_8784.JPG

この日の一番の好取組、貴景勝と稀勢の里という「ガチ相撲」。
IMG_8797.JPG
キセに軍配が上がったけど、どう見てもキセの腕が先に落ちていて、
軍配差し違えでありました。

ゴールデン街の皆さんとも、ずいぶん一緒に観戦させてもらっていて、
相撲が好きすぎて、野球部のマネージャーみたいにバインダーで勝ち星を記録している人や、
相撲部屋の後援会に入っちゃっている人、
幕下力士が一番面白いという人などと一緒に、楽しくさせてもらっています。
ちなみに主催者の甥っ子2人は、小学生と幼稚園生なんだけど、
これまた相撲が好きで、この日は幕下上位の取組が一番の注目とのことで、シブすぎる!
幕内が始まったあたりでは、疲れて私が持っていった専門誌を読んでいました(笑)

定刻に打ち出しになり、さあ二次会に行きましょう。
二次会は、両国駅逆口の駅前にある「花の舞」さん。
昨年10月に、何人かで行って、土俵が切ってあり、
その目の前の席を予約してきたのであります。

その土俵では、連日アトラクションが行われていて、この日は相撲漫談の一の矢さん。
IMG_8816.JPG
寄席でも見たことがありました。
そして、元・呼出しさんによる、太鼓の打ち分け。
IMG_8820.JPG
触れ太鼓、一番太鼓、はね太鼓など、TPOで太鼓の打ち方が違います。
これは寄席でも同じこと。
自分も多少、勉強したので、少しは打つことができます。
だから、その打ち分けを聴けたのは楽しかった。

お料理はチェーン店ゆえ、予約のコースはお定まりのもの。
IMG_8822.JPG
IMG_8823.JPG
そして、アトラクションが終わって、さあ飲んで食べようと思ったら、主催者の、
「ねえ、甥っ子と一緒に土俵にあがって、相撲取って!」の声で、
子どもたちと一緒に、お客さんが注視する中で土俵に上がったのであります。

子どもたちは大はしゃぎ、あげく酔っぱらった大人たちもあがり、
土俵入りだの物言いだの、まあやりたい放題。
そして、注目の取組が、飲み仲間の貴原田関(右)と、式守(左)。
裁く行司が小学生という中で、所作も完ぺきに実演したところ、
いきなりの貴原田関の張り差しに、お客さんからブーイングが上がっていました(笑)
20180115はなの舞1改.jpg
もっとも、式守の立ち合いが遅れているなあ。
なお、直後にお店のマネージャーさんが吹っ飛んできて、
「お客さま、本気の相撲はご遠慮ください」だって。
その後は八百長相撲に終始しました(爆)

みんな写真をばかすか撮っていたんだけど、肝心の私のカメラでは撮れていないので、
式守の雄姿はこの写真しかない始末・・。
なんだか楽しい二次会でした。

その後、4人でモンゴル料理のお店「ウランバートル」さんに行って、乾杯。
IMG_8827.JPG
なにか食べようと思っていたら、仕事場から電話がかかってきて、
夜勤の人がインフル罹患とのことで、急きょ戻って仕事になってしまいました(涙)
帰りの電車で一生懸命に熟睡し、酒を抜いて、
朝6時までの夜勤、ものすごいオチでした・・。





タグ:相撲 両国
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

1月第2週の飲み、そして昨日は平日スキーへ [やると飲む]

1月第2週の飲み、そして昨日は平日スキーへ

昨夜になって、皇族の結婚が延期になったとの情報が飛び込んできました。
式守錦太夫です。
いろいろゴシップ報道が先行しているようですが、
堂々と結婚しちゃえばいいのにねえ。
どうやら本人たちの問題じゃなくて、周囲の問題のようですけど、
そこまで清廉潔癖でないと、皇族と結婚できないんだったら、
だれも結婚できなくなっちゃうんじゃないでしょうか。
(と独身の私が言っても説得力がありませんが・・)

なんかきょうは夜に、テレビ朝日で相撲関連の特番もあるそうで、
こちらの話もまだ続くようですねえ。
うさんくさい話が多すぎるきらいがあります。
相撲は純粋に、土俵の上の話が一番面白いのに。

2月4日と5日は、小刻みにずっと仕事をしておりまして、
結果的に4日は日中と深夜、5日は朝と昼と夜(ずっとだよ)。
しかし、私の中では粛々と計画をしておりまして、
昨日の6日、朝8時の時点でなにも問題が無ければ、
平日スキーに行こうと画策していたのであります。
そのために、前日の5日の夜遅くに、スキーの準備をいそいそとはじめ、
夜はしっかりと睡眠を取り、
6日の朝から多少の仕事をして、朝8時に問題なさそうと判断し、
2時間の運転で、恒例のハンターマウンテン塩原に到着!
温度は寒いものの、無風だしいいお天気だし、なによりも平日ゆえすいているスキー場。
この非日常を満喫してきました。
IMG_9567.JPG
青い空と、針葉樹林に映える白い雪、そして雪に吸着して音のない空間。
IMG_9563.JPG
これだもの、やっぱりこの時期は多少無理しても、スキーに行きたくなります。

11時前から滑りはじめ、昼食休憩の30分を挟んで、15時30分まで4時間。
じっくり滑って雪を満喫。
帰りに1時間仮眠を取って、戻ってきました。
カラダはクタクタなんだけど、ココロの洗浄はできまして、
2月第2週のいい英気を養ってきましたヨ。

スキーの模様はまた後日。

1月第2週の飲みの模様をレポします。
どちらも大宮の話。

まずは、和食のさくまさん、この日はフード2アイテムだったのですが、どちらもしっかり。
まずは刺身、いろいろちょこっとづつ盛ってもらいました。
IMG_8712.JPG
たまにイカを食すると、美味。

そして寄せ鍋。
IMG_8714.JPG
豪勢にカニやらカキやらも入っているし、鴨肉まで。
ニヤニヤしちゃいますね。
最後はお雑炊。
IMG_8716.JPG
ごちそうさまでした。

そして、1月第2週の週末土曜日は、プラネタリウムの新年会。
2年ぶりくらいの塚田農場であります。
最近、プラネタリウムの面々と飲みに行くことが多い。
なんだか私が風紀を乱しているのかもですが(汗)
お通しが生春巻きだって。
IMG_8721.JPG
生姜がアクセントのお鍋、なんだか煮えすぎちゃっています。
IMG_8723.JPG
ニラ、オン・ザ・生卵。
IMG_8725.JPG
狙いは面白いなって思ったんだけど、
ニラが歯に挟まる――って、なんだか年寄りの見解(笑)
塚田農場名物の、トリ焼き。
IMG_8727.JPG
私によく、なついてくれている、お嬢さま。
IMG_8717.JPG
最後まで眠くならずに、がんばってつき合ってくれました。

そして、翌日曜日は、大相撲初場所初日!
いろいろ不祥事続きでも、やっぱり「やぐら」と「のぼり」に、陽春の青空が映えます。
IMG_8728.JPG

相撲観戦、そして飲みの様子は次回に。




タグ:スキー 大宮
nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

2月3日、プラネタリウムの投影会をやってきました 大宮 [やる]

2月3日(土)、プラネタリウムの投影会をやってきました 大宮

またタイムラインを変更して、おとといの話で恐縮です。
先日告知した、プラネタリウムの投影会、無事に終わりました。

プラネタリウムに演劇の要素をコラヴォさせた、実験的企画である、
ムーンライトシリーズの「オリオンの丘」は、
2月3日18時から、さいたま市大宮区の「さいたま市宇宙劇場」のプラネタリウムホールで、
企画制作・さいたまプラネタリウムクリエイト(SPC)で開催しました。
20180205オリオンの丘2.jpg

構想は10月末ごろから固まり、11月からキャスト陣と技術スタッフがそれぞれ、
リハーサルを実施し、
1月に入ってから、キャスト・スタッフが合同のリハーサルを行いました。
私は音楽監督として、劇中で使用する楽曲の選定と、
本番での音響・照明操作を担当。
まあ、キャストとして朗読に参加するわけではないし、
プラネタリウムの星空投影の操作でもないので、かなり気楽でしたが、
他のキャスト・スタッフはかなりの緊張状態に置かれていました。

前日のゲネプロ(最終リハ)で、かなりの着地点を見いだせたので、
本番当日は私自身はかなりのリラックスモード。
音響卓で、咳込んじゃったりしないようにするくらいかなと、
のど飴をポケットに忍ばせるくらいでありました。

やっぱり冬の夜の投影は、なかなか集客に難があって、
今回はおおよそ40名ほどのお客さま。
まあ、プラネタリウムの常道ではない「変化球」投影ですので、
こぞって見に来て頂けるというものではありませんが、
それでも、大手制作プロダクションの方や、芸術系プロデューサーもお忍びでお越しくださいました。
私の同級生も、差し入れ持参で来てくれて、感謝!であります。

特段のトラブルもなく、無事に投影は進行しまして、
気心知れたメンバーゆえ、全幅の信頼関係が構築されているので、
まったくの不安はありませんでしたね。
20180205オリオンの丘1.jpg
定期投影会も、今回はシルバーアニバーサリーの第25回を数えるとなると、
緊張とは無縁の、楽しい楽しい時間のような気がしてさえします。

私は、ホール最上部の音響卓に陣取っていたのですが、
20180205オリオンの丘3.jpg
全体の音響を聞くイヤモニ、楽曲の頭出しをするイヤホンに加えて、
ステージ袖にいる制作統括とのホットラインのイヤホンと、3系統のイヤホンが耳元に。
よくよく考えると、耳の穴は2つしかないわけで(笑)
本番中にイヤホンをとっかえひっかえすることしばし。
あげく、開演前と閉演後のアナウンスも担当するので、
インカムマイクも装着しているので、
音響卓の前で、さまざまなコードに繋がれて、身動きが取れません(笑)
まるで緊縛状態でありました。

終演後のアンケートを見ると、実験的なプラネタリウムにも関わらず、
なかなかの高評価。
(まあ、アンケートを悪く書くというのもあまりないものではありますが・・)
選曲の妙を誉めてくださる意見もあって、音楽監督としては、してやったりでありました。

私のスタンスは、有名な楽曲を使用せず、
なんかこの曲、聴いたことないけどいいなって思われるようなチョイス。
今回は多少のラブサスペンス的な要素もあり、
全体的に陰鬱な楽曲になってしまいました。
オープニングからして、ヴィヴァルディの四季から「冬」ですもの。

パイプオルガンの楽曲、世界の車窓からで有名な溝口肇のチェロ、
邦楽とヴァイオリンのコラヴォ曲や、切ないピアノソロなど。
シナリオの根底に流れる空気感と、それなりにマッチできたのではないかしらと思っています。

終わってから、集えるメンバーで打ち上げを居酒屋さんで。
焼酎ハイボールを飲みながら、いつしかお気に入りの映画の話になり、
夜更けまで楽しい時間でありました。
なにが楽しみって、打ち上げがやりたくてやっているようなものであります(爆)

次回のプラネタリウムは、3月11日(土)。
これは私たちのグループが、やっぱり震災を忘れないために意固地になって続けている、
仙台市天文台が制作した、震災の日の夜を描いた作品の投影です。
私たちのオリジナルではないのですが、市民グループが毎年、
震災の日前後にこの作品を投影することに意味があると思っています。
また直前になりましたら、告知させていただきます。

そして、2018年4月1日から、私たちが活動している「さいたま市宇宙劇場」の指定管理者が、
さいたま市文化振興事業団から、プラネタリウムの制作会社「五藤光学研究所」に変わります。
私たちの活動そのものが、来年度からどうなっていくのか、
現時点では決まっていない部分が大きいのですが、
市民グループとの協働をうたっているので、来年度も同様の活動ができるのではないかと、
楽観視しておりますが、さてどうなることでしょう。
手の平を返したように「あなたたちの活動は認めません!」なんて言うことになったら、
裁判闘争をやっちゃうぞ!(笑)

でも、いいメンバーがさまざまなスキルを磨いて、
素人の枠を超越した番組制作ができるっていうことは、
なかなか稀有なことだと思うんですけどね。
自分もまだ、星空にマッチする楽曲のライブラリーがたくさんあるので、
息の長い活動が続けられたらと思っています。

1月は、相撲とスキーとプラネタリウムで、がんじがらめの予定でありました。
今月は少しだけ余裕があるかな?
(とか言いつつ、今週に平日スキーを狙っている式守=笑)

nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

1月4日の外飲み、1月7日の新年会 武里・春日部 [飲む]

1月4日の外飲み、1月7日の新年会 武里・春日部

きょう18時から、プラネタリウムの投影会をやります、式守錦太夫です。
この期に及んで、最後の告知。
20180129オリオンの丘1.jpg
お財布に優しい無料投影ですので、恵方巻を食べる前にどうぞお越しください!

きょうの記事は、1月第1週のお話。
昨日の記事で、1月3日の御用納めのことを書きましたが、
大変お気の毒に、翌4日が御用始めです(涙)

その4日、遅くまで仕事をこなしてから、短い時間でも飲みに行きたいぞと思い、
武里の和食のいぶきさんへ。
こちらはお正月も通常営業で、お休みを取らなかったので、あいているのを知っていました。
翌5日からが市場の開場ということで、その前日ゆえ、残っているもので酒を飲みましょう。

年始にお客さんが大挙してきたとのことで、冷蔵庫の中のものから、みつくろってもらいました。
まずは筑前煮、こういうのはできるよね(笑)
IMG_8662.JPG
マグロだけは何とか残っていました。
IMG_8665.JPG
時間も時間ゆえ、さくっと飲みだからこの程度で。
こちらの大将とは、この週末の新年会にお呼ばれしているので、その話などをひそひそと。

続いて、2階のバーのブラッディマリーさん。
こちらはこの日からの営業、今年もよろしくお願いします。
月替わりのオムライスは、クラムチャウダー。
IMG_8666.JPG
美味しく頂きました。

5日・6日は遅番だったので飲みに行けず、そして1月7日。
この日は、地元の飲み仲間さん主催の新年会。
和食のいぶきさんの大将が、少人数で美味しいものを食べようという企画に、
お呼ばれしました。
この日はフグと本ししゃもの会。
ただし、呼ばれた人の仕事の兼ね合い(含む私)で、
宴席の開始が22時からという、ものすごい時間設定であります。
ちなみに終宴は27時過ぎでした(爆)

どーんと、お鍋用のフグ。
IMG_8677.JPG
刺身はヒラメ。
IMG_8679.JPG
なにせ、和食の料理人が腕を振るってくれるので、
間違いのないフードの数々。
飲み物はふんだんにあるお宅で、日本酒をもっぱらお燗にして頂きます。

フグのお鍋。
IMG_8685.JPG
シシャモは、大将の田舎である北海道からお取り寄せの、本ししゃも。
IMG_8683.JPG
カペリンとは味わいの深さが違います。
それを炭火で炙ってくれる大将。
IMG_8687.JPG
子持ちシシャモ、これを食べちゃうと他のは食べられなくなる~。
IMG_8688.JPG

味噌は石焼にして供されました、酒飲み垂涎のアテ。
IMG_8690.JPG
フグ鍋は、雑炊こそがメインだと思っている私。
IMG_8694.JPG
おいひい♪

しかしこの面々のシメは、何を食しても最後はこれ。
まずはおもむろに、たこぶつが。
IMG_8697.JPG
続いて、すでに使い込まれた焼き器が。
IMG_8699.JPG
そうです、タコ焼きです。
IMG_8702.JPG
と、ここまで写真を撮っていたのに、肝心の完成したたこ焼きは漏れる始末。

あげく、今度はそばがき。
IMG_8705.JPG
こうなると、そば焼酎をそば湯割りにしたくなる面々。
一通り飲んで食べて、最後は主催者自らお茶をたててくださるという、見事なエンディング。
IMG_8710.JPG
みんなで後片付けをして、お開きになったのは28時近くでありました(爆)

気心知れた面々で、リラックスした時間。
また呼んでもらえるようにしたいものであります。


タグ:春日部 武里
nice!(11)  コメント(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

1月3日、御用納めのアメフット観戦と飲み 水道橋~茅場町 [見ると飲む]

1月3日、御用納めのアメフット観戦と飲み 水道橋~茅場町


爪を週1のペースで切らないと気がすまない、式守錦太夫です。
最近は金曜日の夜に切ることをルーティン化しているので、
きょうの昼あたりが最も伸びてしまい、すごくイヤな感じです。
とはいえ、世間的にはかなりの深爪のようですけど。
こういう性格ゆえ、他人の爪が伸びているのを見ると、ぞっとします(笑)

皆既月食も終わり、大雪と脅かされていた割にたいしたことなく(記事執筆時=前日夜)、
そしてあすは節分、あさっては立春という中で、まだお正月の記事を書くことをご容赦ください(爆)
やっぱりタイムラインに従わないとね。

1月3日のお話になります。
この日をもって、私の仕事上の「御用納め」でありまして、
おおむね午前中で仕事のメドが立ち、そのあと問題が起きそうもないことを確認したら、
毎年、箱根駅伝の復路をラジオで聴きながら、どこかに繰り出すことにしています。
60日ほど、ずっと緊張状態に置かれていると、こういう瞬間はなにげに嬉しい。
この日は、東京ドームに行くことにしました。

アメリカンフットボールの日本選手権「ライスボウル」は、
1月3日15時キックオフ、東京・水道橋の東京ドームで、
社会人王者「富士通フロンティアーズ」と、学生王者「日本大学フェニックス」の試合。
IMG_8623.JPG
もう四半世紀も一緒につるんでいる同級生が日大出身で、
これまた四半世紀ぶりにライスボウルに出場するフェニックスを応援したいとのことで、
いつもの3階席ではなく、なんと1階の指定席での観戦であります。

日大と言えば古豪中の古豪、関東学生フットボール界の雄でしたが、
長く低迷期を歩み、入れ替え戦出場の憂き目も味わったほど。
しかしここ数年、また力をつけ、ついに2017年シーズンに学生王者になりました。
まさにフェニックス(不死鳥)のようであります。
この日は、アウェー扱いだったので、白ジャージですが、
フェニックスと言えば伝統的に真紅の赤色でありました。
IMG_8620.JPG
(富士通が赤&黒、日大は白&白)

試合展開ですが、やはり場馴れしている常勝集団・富士通に、
挑むかたちの日大という感じで、地力の差は歴然としていて、
得点を重ねられていく、かなり厳しい情勢。
でも、1階席を埋め尽くした日大を応援する人々は、
おそらくはその昔の「強いフェニックス」を知っていると見え、このハレの場を楽しんでいるみたい。
昔はチアもたいしていなかったのですが、今年はいっぱいいました。
IMG_8637.JPG

アメフットは百数十に及ぶプレーを、サインで伝達する、究極のシステマチックスポーツで、
サインも相手に漏れることを恐れて、試合中でも変えるので有名です。
日大のサイドラインからは、アナライズスタッフからこんな指示が。
IMG_8627.JPG
IMG_8634.JPG
別に試合中にSNSをやっているんじゃなくて、おそらくはこれがサイン。
だから、選手たちは筋肉バカじゃなくて、これらプレーブックを覚えるという頭脳も求められるのです。

3時間の試合でしたが、やっぱり地力に勝る富士通の勝利。
IMG_8645.JPG
でも、最終クウォーターにタッチダウンも決めることができて、いい夢を見せてくれたかな。
持ちこんだビールもフードも頂きながら、リラックスした観戦でした。

その後、同行者と茅場町のサッポロビール推しの有名店「ヨッシーズ」さん。
日本一美味しいんじゃないかと言われる、こちらでサーブされたサッポロ黒ラベルから。
IMG_8654.JPG
ザワークラウトやから揚げ。
IMG_8656.JPG
IMG_8658.JPG
ソーセージ。
IMG_8659.JPG
お正月3日だというのに、満席の店内で、数種のビールを飲みながら、楽しい時間。
カウンターを見ると、お客さんの中には顔見知りの方もチラホラでありました。

2時間超飲んで、最後に〆のカレーを食べたいという同行者。
〆のカレーって、私はじめてなんですけど・・。
近所のパキスタン料理店で、マトンとサグ(ほうれん草)のカレーにしました。
IMG_8660.JPG
一番辛くないのをくださいって頼んだのに、かなり私の中では辛かった。
汗が吹き出してしまいまして、ひとっ風呂浴びたみたいに。
おかげで、帰りの電車はよーく眠れました。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

アイスホッケー女子の壮行試合を見に行ってきました~東伏見 [見る]

アイスホッケー女子の壮行試合を見に行ってきました~東伏見


1月も今日で終わりですね。
そしてきょうの夜には、皆既月食が見られる予定になっていますが、
どうやら雲行きが厳しくなってしまうという予報。
せめて雲の切れ目から、欠けていく月が見られたらいいですね。
1月は満月が2回あるので「ブルームーン」と言いますが、
ブルームーンにして、月食の赤い月明かりに染まるなんて、
なんて素敵なことでしょうか。

弊ブログの1月記事は、いまだに1月2日で止まっておりまして、
本当は続きとしては、1月3日のアメフットの日本選手権「ライスボウル」の話になるところ。
相撲も見に行っているし、スキーも行っているので、このペースだとどんどん遅延してしまう。
でも、さすがに昨日見に行った「アイスホッケー」記事は、
平昌五輪前にはお披露目したく、順番を変えてお送りします。

きのう、実は仕事が変則的に入っていたのですが、
それをうまく抜け出しまして、やっと見に行けました!
平昌五輪アイスホッケー女子日本代表の壮行試合であります。

1月30日は東京・西東京市東伏見のダイドードリンコアイスアリーナで、
「スマイルジャパン ブリヂストンブリザックチャレンジ」
日本女子五輪代表と、チェコ女子五輪代表の壮行試合。
IMG_9477.JPG
多少雪が舞う、数年ぶりの東伏見は、平日にもかかわらず大勢のお客さんが見に来ていました。
それもそのはず、アイスホッケー女子の試合が東京で行われるのは、
過去にほとんどないので、貴重な試合。
そして、平昌冬季五輪まであと10日ほどですもの。

今回はたまたま、新宿・ゴールデン街の飲み仲間さん2名と一緒の観戦と相成りました。

試合自体は、五輪前の調整の意味合いなので、
勝ち負けというよりも、選手たちの実戦感覚を養う「オープン戦」のようなものです。
また、女子のアイスホッケーはボディコンタクトが禁止されているので、
あまりギシギシ行くようなプレーはありませんが、
なによりも代表戦ですので、やっぱり独特の雰囲気であります。
自由席は当日券でも2000円、それでこの近さで見られるんだからお得です。
IMG_9363.JPG

試合前の公式練習、女子とはいえスキルの高さに驚きます。
正ゴールキーパーの藤本那奈、美形で有名です。
IMG_9373.JPG
ペタって両足が氷についちゃうほどの柔軟性。
IMG_9450.JPG

もう10年近く追っかけていた、私のお気に入り足立友里恵。
はじめての「ナマ足立」に少し興奮気味。
IMG_9411.JPG
IMG_9446.JPG
フェイスマスクの奥にも、美形の顔が見えます♪

手前の選手#21は久保英恵。
IMG_9404.JPG
代表で一番のゴールへの嗅覚が鋭く、いざというときのショットが決まる。
長身で貪欲なゴールの執念、実はこの試合でもゴールを決めたんだけど、
途中でケガをしたのか、姿が見えなくなりました、心配です。

IMG_9485.JPG

試合は序盤に得点を重ねた日本でしたが、
ゴールゲッターの久保が退いたあと、攻撃が単調になってしまい、
4-1で勝利したのですが、少し不安をのぞかせる展開でした。
でもその分、私のお気に入りの足立が、スペシャルセットで投入され、
八面六臂の活躍。
背も低く童顔ですが、彼女のゲームメイクの妙はやっぱりすごいなあって思います。
五輪では#11を注目してください!

同行者は、一人は以前から多少アイスホッケーを見ていた男性。
でも、女子がこんなに強くなっていたことを今回初めて知ったみたい。
実業団リーグも見に行きたいと言っていました。

もう一人は、アイスホッケー初観戦の女子。
格闘技好きゆえ、表情の肉弾戦を前に、かなり興奮していました。
ルールや攻撃のパターンを不肖・式守がレクチュアしたので、
楽しさが分かってもらえたかしら?

試合後、重々しいキーパーマスクを外した#1藤本は、
遠目にも美形です(なんかこればっかりだな=笑)
IMG_9532.JPG

最後に観客席をバックに、選手の記念撮影のとき、
果敢にその渦に飛び込む、同行者原田氏。
IMG_9539.JPG
あげく選手にハイタッチを、アクリル板を挟んで挑み、何人かの選手が応じていました。
IMG_9545.JPG
この人の物怖じしないところ「だけ」は見習いたいものです。
(他はまったく見習うところがありませんが・・)

試合終了後、一緒に飲みたかったんだけど、
なんとここから仕事場に戻らなければならない日程ゆえ、泣く泣く別れまして、
90分かけて帰宅したという次第。
あまりの強行日程で、カラダはヘトヘトなんですけど、
やっぱり楽しかったなあっていう印象で、けさ未明にこの記事は執筆しています。

冬季五輪はイマイチ盛り上がりに欠けると言われますが、
唯一の団体競技であるアイスホッケーは、絶対に見てほしいものです。
可愛らしい表情と裏腹の、ガシガシというバトルのギャップもまた面白いです。

タグ:東伏見
nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

2月3日にプラネタリウムの投影会をやります! [やる]

2月3日にプラネタリウムの投影会をやります!


また今週半ばに降雪予報が出ていますが、どうなるのでしょうね。
式守錦太夫です。
きょうは仕事もあるのですが、途中で抜け出して、
アイスホッケーの女子日本代表とチェコ代表の、五輪壮行試合を見に行く予定です。
首都圏で、女子の日本代表戦を見られるのはそうそうないので。
もう10年近く前から気になっていた、
フォワードの「ワカコ酒似」こと足立友里恵選手を、ナマで見てきます!
20140104足立友里恵.jpg

その模様は、平昌五輪前にはお披露目したいなと思っています。

今週末の2月3日、久々のプラネタリウムの投影会を予定しています。
大宮にある「さいたま市宇宙劇場」で活動している
「さいたまプラネタリウムクリエイト」の構成員として、
今年度にリニューアルしたデジタルプラネタリウムで、市民の時間イベントを行っています。

今回も、音響と照明操作担当になりました。
そして、これまた使用するすべての音楽の選曲も担当となりまして、
相変わらず、凝った楽曲のチョイスも行っています。
メンバーの中で、音響卓をいじくれる人があまりいなくて、
私はもともと音楽が好きだということもあって、
多少の操作ができるから、選ばれたということもあります。

普通、プラネタリウムというと、満天の星空を見ながら、
天文情報を案内してもらうというのが一般的。
でも、私たち市民グループならではの企画で、今回は異例というべき「朗読劇」。
遊園地に迷い込んだ男性が、いつの間にか現実と夢の世界を行き来し、
時空や空間をトリップした、不思議な世界に行きつきます。

脚本を担当したメンバーの渾身の描き下ろしの作に、
3人の情緒豊かな女性キャストが織りなす、独特の世界観。
そして、最新式プラネタリウムの躍動感あふれるハードを使いこなす男性技術スタッフと、
照明・音響をすべて取り仕切る私・式守。
ジャンル分けをするなら、ラブサスペンスというものでしょうか。

実は、私がこの脚本を読んで楽曲を提示する際に、
どうしても「陰」の部分が目立ったので、どうにも暗い曲ばかりになってしまいましたが、
これがまた、プラネタリウムの空間に映える映える(笑)
最後に一般的なハッピーエンドにならない(少しネタばらし)のも相まってしまいました。
ドッカーンとあっけらかんな気持ちには到底慣れないですが、
暦の上では冬の最後の日(翌日の4日は立春です)を、
存分に味わっていただけるものに仕上がっていると自負します。

キャストの3名は、プラネタリウム前部のステージで語り、
操作担当と音響全般担当の私2名が、ホール最上部のコンソール卓に陣取り、
60分の投影を行います。
世間は節分ですので、鬼になる予定のない方は(笑)
財布に優しい「無料投影会」ですので、お時間がございましたら、どうぞお越しくださいませ。

以下に告知させていただきます。

---------------------------

さいたまプラネタリウムクリエイト(SPC)第25回投影会
朗読劇「オリオンの丘」
日時:2018年2月3日(土)18時から60分間
場所:さいたま市宇宙劇場(JR大宮駅西口徒歩3分)
入場料:無料
※16時40分から配布の入場整理券をご用意ください
※開場は17時45分、18時になると入場できなくなります
20180129オリオンの丘1.jpg

式守は、メインスタッフなので、今回は受付対応の時間が限られていると思われます。
ですが、ホール最上部におりますので、お気軽にお声がけ下さい。
終演後は出口でお見送りを行います。
詳しくは、さいたまプラネタリウムクリエイトのHPをご覧ください。
http://saipla.main.jp/



nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。