So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

アイスホッケー女子の壮行試合を見に行ってきました~東伏見 [見る]

アイスホッケー女子の壮行試合を見に行ってきました~東伏見


1月も今日で終わりですね。
そしてきょうの夜には、皆既月食が見られる予定になっていますが、
どうやら雲行きが厳しくなってしまうという予報。
せめて雲の切れ目から、欠けていく月が見られたらいいですね。
1月は満月が2回あるので「ブルームーン」と言いますが、
ブルームーンにして、月食の赤い月明かりに染まるなんて、
なんて素敵なことでしょうか。

弊ブログの1月記事は、いまだに1月2日で止まっておりまして、
本当は続きとしては、1月3日のアメフットの日本選手権「ライスボウル」の話になるところ。
相撲も見に行っているし、スキーも行っているので、このペースだとどんどん遅延してしまう。
でも、さすがに昨日見に行った「アイスホッケー」記事は、
平昌五輪前にはお披露目したく、順番を変えてお送りします。

きのう、実は仕事が変則的に入っていたのですが、
それをうまく抜け出しまして、やっと見に行けました!
平昌五輪アイスホッケー女子日本代表の壮行試合であります。

1月30日は東京・西東京市東伏見のダイドードリンコアイスアリーナで、
「スマイルジャパン ブリヂストンブリザックチャレンジ」
日本女子五輪代表と、チェコ女子五輪代表の壮行試合。
IMG_9477.JPG
多少雪が舞う、数年ぶりの東伏見は、平日にもかかわらず大勢のお客さんが見に来ていました。
それもそのはず、アイスホッケー女子の試合が東京で行われるのは、
過去にほとんどないので、貴重な試合。
そして、平昌冬季五輪まであと10日ほどですもの。

今回はたまたま、新宿・ゴールデン街の飲み仲間さん2名と一緒の観戦と相成りました。

試合自体は、五輪前の調整の意味合いなので、
勝ち負けというよりも、選手たちの実戦感覚を養う「オープン戦」のようなものです。
また、女子のアイスホッケーはボディコンタクトが禁止されているので、
あまりギシギシ行くようなプレーはありませんが、
なによりも代表戦ですので、やっぱり独特の雰囲気であります。
自由席は当日券でも2000円、それでこの近さで見られるんだからお得です。
IMG_9363.JPG

試合前の公式練習、女子とはいえスキルの高さに驚きます。
正ゴールキーパーの藤本那奈、美形で有名です。
IMG_9373.JPG
ペタって両足が氷についちゃうほどの柔軟性。
IMG_9450.JPG

もう10年近く追っかけていた、私のお気に入り足立友里恵。
はじめての「ナマ足立」に少し興奮気味。
IMG_9411.JPG
IMG_9446.JPG
フェイスマスクの奥にも、美形の顔が見えます♪

手前の選手#21は久保英恵。
IMG_9404.JPG
代表で一番のゴールへの嗅覚が鋭く、いざというときのショットが決まる。
長身で貪欲なゴールの執念、実はこの試合でもゴールを決めたんだけど、
途中でケガをしたのか、姿が見えなくなりました、心配です。

IMG_9485.JPG

試合は序盤に得点を重ねた日本でしたが、
ゴールゲッターの久保が退いたあと、攻撃が単調になってしまい、
4-1で勝利したのですが、少し不安をのぞかせる展開でした。
でもその分、私のお気に入りの足立が、スペシャルセットで投入され、
八面六臂の活躍。
背も低く童顔ですが、彼女のゲームメイクの妙はやっぱりすごいなあって思います。
五輪では#11を注目してください!

同行者は、一人は以前から多少アイスホッケーを見ていた男性。
でも、女子がこんなに強くなっていたことを今回初めて知ったみたい。
実業団リーグも見に行きたいと言っていました。

もう一人は、アイスホッケー初観戦の女子。
格闘技好きゆえ、表情の肉弾戦を前に、かなり興奮していました。
ルールや攻撃のパターンを不肖・式守がレクチュアしたので、
楽しさが分かってもらえたかしら?

試合後、重々しいキーパーマスクを外した#1藤本は、
遠目にも美形です(なんかこればっかりだな=笑)
IMG_9532.JPG

最後に観客席をバックに、選手の記念撮影のとき、
果敢にその渦に飛び込む、同行者原田氏。
IMG_9539.JPG
あげく選手にハイタッチを、アクリル板を挟んで挑み、何人かの選手が応じていました。
IMG_9545.JPG
この人の物怖じしないところ「だけ」は見習いたいものです。
(他はまったく見習うところがありませんが・・)

試合終了後、一緒に飲みたかったんだけど、
なんとここから仕事場に戻らなければならない日程ゆえ、泣く泣く別れまして、
90分かけて帰宅したという次第。
あまりの強行日程で、カラダはヘトヘトなんですけど、
やっぱり楽しかったなあっていう印象で、けさ未明にこの記事は執筆しています。

冬季五輪はイマイチ盛り上がりに欠けると言われますが、
唯一の団体競技であるアイスホッケーは、絶対に見てほしいものです。
可愛らしい表情と裏腹の、ガシガシというバトルのギャップもまた面白いです。

タグ:東伏見
nice!(8)  コメント(4) 

2月3日にプラネタリウムの投影会をやります! [やる]

2月3日にプラネタリウムの投影会をやります!


また今週半ばに降雪予報が出ていますが、どうなるのでしょうね。
式守錦太夫です。
きょうは仕事もあるのですが、途中で抜け出して、
アイスホッケーの女子日本代表とチェコ代表の、五輪壮行試合を見に行く予定です。
首都圏で、女子の日本代表戦を見られるのはそうそうないので。
もう10年近く前から気になっていた、
フォワードの「ワカコ酒似」こと足立友里恵選手を、ナマで見てきます!
20140104足立友里恵.jpg

その模様は、平昌五輪前にはお披露目したいなと思っています。

今週末の2月3日、久々のプラネタリウムの投影会を予定しています。
大宮にある「さいたま市宇宙劇場」で活動している
「さいたまプラネタリウムクリエイト」の構成員として、
今年度にリニューアルしたデジタルプラネタリウムで、市民の時間イベントを行っています。

今回も、音響と照明操作担当になりました。
そして、これまた使用するすべての音楽の選曲も担当となりまして、
相変わらず、凝った楽曲のチョイスも行っています。
メンバーの中で、音響卓をいじくれる人があまりいなくて、
私はもともと音楽が好きだということもあって、
多少の操作ができるから、選ばれたということもあります。

普通、プラネタリウムというと、満天の星空を見ながら、
天文情報を案内してもらうというのが一般的。
でも、私たち市民グループならではの企画で、今回は異例というべき「朗読劇」。
遊園地に迷い込んだ男性が、いつの間にか現実と夢の世界を行き来し、
時空や空間をトリップした、不思議な世界に行きつきます。

脚本を担当したメンバーの渾身の描き下ろしの作に、
3人の情緒豊かな女性キャストが織りなす、独特の世界観。
そして、最新式プラネタリウムの躍動感あふれるハードを使いこなす男性技術スタッフと、
照明・音響をすべて取り仕切る私・式守。
ジャンル分けをするなら、ラブサスペンスというものでしょうか。

実は、私がこの脚本を読んで楽曲を提示する際に、
どうしても「陰」の部分が目立ったので、どうにも暗い曲ばかりになってしまいましたが、
これがまた、プラネタリウムの空間に映える映える(笑)
最後に一般的なハッピーエンドにならない(少しネタばらし)のも相まってしまいました。
ドッカーンとあっけらかんな気持ちには到底慣れないですが、
暦の上では冬の最後の日(翌日の4日は立春です)を、
存分に味わっていただけるものに仕上がっていると自負します。

キャストの3名は、プラネタリウム前部のステージで語り、
操作担当と音響全般担当の私2名が、ホール最上部のコンソール卓に陣取り、
60分の投影を行います。
世間は節分ですので、鬼になる予定のない方は(笑)
財布に優しい「無料投影会」ですので、お時間がございましたら、どうぞお越しくださいませ。

以下に告知させていただきます。

---------------------------

さいたまプラネタリウムクリエイト(SPC)第25回投影会
朗読劇「オリオンの丘」
日時:2018年2月3日(土)18時から60分間
場所:さいたま市宇宙劇場(JR大宮駅西口徒歩3分)
入場料:無料
※16時40分から配布の入場整理券をご用意ください
※開場は17時45分、18時になると入場できなくなります
20180129オリオンの丘1.jpg

式守は、メインスタッフなので、今回は受付対応の時間が限られていると思われます。
ですが、ホール最上部におりますので、お気軽にお声がけ下さい。
終演後は出口でお見送りを行います。
詳しくは、さいたまプラネタリウムクリエイトのHPをご覧ください。
http://saipla.main.jp/



nice!(8)  コメント(0) 

先週末のお話 [やる]

先週末のお話

予告なしに金・土・日と3日間のアップをお休みしてしまい、失礼しました。
25日は大相撲を見に行き、26日はプラネタリウムのリハーサル。
27日は仕事をギリギリまで実施し、28日は尾瀬岩鞍に、スキーに行っていきました。

大相撲は、平幕の栃ノ心が幕内最高優勝。
2横綱不在の場所でしたが、14勝1敗は堂々の成績です。
なによりも、ジョージア(旧グルジア)出身で、大ケガで番付を下げたこともある、
30歳の栃ノ心の優勝は、私を含めた周囲の大相撲ファンの涙腺を崩壊させる嬉しい出来事。
昨日の優勝インタビューの、インタビュー慣れしていない栃ノ心関の、
「こんな幸せな日はありません」という言葉には、
出先の私も、拍手喝采でありました。

優勝パレードで、指名した旗手は、今場所十両に陥落したものの勝ち越した、同部屋の碧山。
20180129優勝パレード.jpg
栃ノ心も好きなら、碧山もまた大好きな力士。
彼らの晴れの舞台、できることなら生で見たかったと心から思いました。

大相撲の話は、日を改めてまた記したいと思います。

昨日のスキーは、地元の飲み仲間さんと行く恒例のもの。
今年は7名が車3台に分乗して、行ってきました。
折からの低温が心配されましたが、行ってみたら陽が出ていて無風ゆえ、
見事なまでのスキー日和。
これまた恒例、私の消防服によるスキーは、さまざまな人々に混乱を与えてきました(笑)
IMG_9361改.jpg
リフトの係員からも「お疲れさまです」と言われ、
食堂の人からは「昨年もお越しになりましたよね」と声をかけられる始末。
いやあ、火山弾の警戒です――というネタは、ちょっとブラックすぎましたかね(爆)

これまた、250枚近くの写真を撮ってきましたので、
私の愛人・麻里子さまの近影を含めて、これも後日ご披露いたします。

そしてプラネタリウムのリハーサルは、2月3日の本番に向けて佳境。
今回は世にも珍しい、プラネタリウムを舞台にした「朗読劇」を行います。
私、今回も選曲と音響操作、そして照明という技術スタッフを担当。
ラブサスペンスという主題に、全力で取り組んでいます。
20180129オリオンの丘1.jpg
20180129オリオンの丘2.jpg
このことの告知もまた後日に。

ということで、大変に慌ただしかった先週末でしたので、半ば言い訳気味の記事で。
今週も予定が満載で、もしかしたら平昌五輪女子アイスホッケーの壮行試合も見に行くかもしれませんが、
可能な限り日々更新を復活させようと思っております。





nice!(6)  コメント(2) 

白根山噴火を教訓に、危機に備える気持ち [間接的に考える]

白根山噴火を教訓に、危機に備える気持ち

きょうからものすごく日程がタイトになる予定の、式守錦太夫です。
きょうは、ついに優勝争いが1敗で並ぶことになった、大相撲初場所観戦。
さまざまな事情で、もしかしたら観戦そのものができなくなるかもしれませんでしたが、
おそらくは回避できる見通しになり(そのかわり前日は仕事に明け暮れました)、
多分アップの時間には、両国にいると思われます。

あすは、夜に設定されたプラネタリウムの投影会のリハーサル。
2月3日の本番に向け、全員が本当に集まれるのかどうか。
結構な綱渡り日程です。

そして日曜日は飲み仲間さんと一緒にスキーの予定。
これも行くつもりでいるのだけれど、この期に及んで仕事場で風邪っぴきがまた出る始末。
車を出す都合上、前日は少しでも寝ておきたいのだけれど、
それがもし危うくなった場合は、土壇場で車を出さずにだれかに便乗させてもらうかもです。
もしかしたら前日に決まるという、タイトロープであります。

で、私の咳がまったく止まらずに、マスクは必携という事態。
さあ、乗り切れるのでしょうか。

大雪騒動に見舞われた先日、白根山が噴火し、火山弾の直撃を受けて、
死傷者が出る惨事となりました。
スキー場に、黒煙と噴石が舞う光景を映像で見ましたが、
これではよけきれないと思いますよね。
20180125白根山噴火.jpg
亡くなった方が自衛官とのことで、当然ヘルメットを着用していたと思うのですが、
そういう鍛えた人でもこういう事態になってしまうのだから、
おっかないなって思いました。

そう言えばこの日前後に、フィリピンの火山も活発な活動を始めたという報道があり、
アラスカ沖では当初M8・2の巨大地震(のちにM7・9に訂正)で、
遠地津波の可能性を盛んに報道していました。
時を同じくして、近接したプレートにある地殻活動が活発になるというのは、
小松左京の名著『日本沈没』を思い浮かべます。
なんか、私たちが知らない地中での諸活動が、
最終的にイコールに結びついてくるような気がしてなりません。

必要以上に恐れることはないのでしょうが、
やっぱり、悲観的に備えるのが危機管理の鉄則。
阪神・淡路大震災の起きた日の直後ということもあり、
天災に対して、万全の備えをする時期なのかもしれません。

たかが大雪で、首都圏の物流のもろさを露呈した昨今、
なんか私たちの周囲は震災に学んでいないんじゃないのかなって、思うことしばしであります。

幸いに、最大級の寒波により見事なまでに静かな夜。
危機に備えることに思いを巡らせる、いい時間かもしれません。





nice!(7)  コメント(0) 

雪の首都圏、深夜の雪見ビール [飲む]

雪の首都圏、深夜の雪見ビール

いやあ降りましたね、首都圏の大雪。
予報を見て、こりゃ完全に降るなあと、土曜日あたりから準備をしていた式守錦太夫です。
メディアは「不要不急な外出は控えて」と言っていましたが、
世間の人々は半信半疑で「降るのかな、また騒ぎすぎじゃないの」という感じ。
しかし私は、危機管理の鉄則である、悲観的に準備し、楽観的に臨むを実践しまして、
雪かきに必要なグッズを一揃え用意しておりました。

22日は予想通り昼前から降り出した雪は、あれよあれよと積雪に。
でも雪質が比較的柔らかく、もしかしたら温度の低下がそれほどでもなかったのかもです。
しかし、22日は仕事場的に多少混乱していまして、
朝からはじまった仕事は、途中で2時間の休息を2回挟んで、
最終的に深夜の2時までというスーパーロングになってしまいました。
さすがに、最後は背中などが悲鳴を上げました。

途中で、広範囲の雪かきを2回実施。
最初は21時ごろ、もう1度は雪の峠を越えた23時過ぎに実施。
このひと手間が、翌日の朝を楽にしてくれます。
消防隊仕様の雨合羽に、ヘルメットも装着して、夜の雪に映える雪かき隊長(笑)
やっぱり大人になっても、雪はワクワクするものであります。

現在、仕事を終えたけさ未明。
やっぱり雪が降ったら、こういうことをしたいよね♪
IMG_8986.JPG
一番搾りもおしろいにまとわれて、さぞ冷え冷えしていることでしょう。
外は夜半の雪模様。
IMG_8987.JPG
IMG_8988.JPG
これからビールを飲んで、あすの朝に備えたいと思います。

また大相撲では、なんか不祥事が出ちゃったみたい。
叩けばホコリが出る「古布団」みたいではありますが、
一番驚いたのは、独身だということになっていた大砂嵐関が、
妊娠中の奥さんがいたということ。
実は数年前に、結婚したとの情報が駆け巡ったのですが、
本人が否定していたのであります。
おかげで、大砂嵐も休場ということになってしまいまして、
あさって25日に相撲観戦に行くんだけど、
また出場力士が減っちゃうじゃない・・。

さあ、ビールがいい感じで冷えてきたので、また次回。
年明けのアメフットの観戦記になる予定です。

nice!(6)  コメント(0) 

年の瀬百景~まさに年末年始 [やる]

年の瀬百景~まさに年末年始


やっと今日の記事で、年明けができそうな式守錦太夫です。
どうやら、週明けは最大級の寒気と同時に、降雪の予報になってしまいました。
特段、予定があるわけではありませんが、大人になると降雪予報は困ったものであります。
降らなければいいなと思いつつ、準備だけはしておきましょう。

きのう、大変残念なニュースも飛び込んできました。
昨年末から、福井で行方不明になっていた男児が、凍てつく川の中から発見されたとのこと。
泣き崩れる家族の姿が、まさに正視できませんでした。
「親孝行だったから、最後に戻ってきてくれた」という、憔悴しきった父親の、
自分に言い聞かせているような言葉が、脳裏から離れません。
だれもが想像したくない最悪の結果になってしまったことが、何とも残念です。
いまはただ、ご冥福をお祈りするばかりです。

それではきょうの記事へ。

先日の記事で、12月29日の忘年会のことを書きましたが、
2017年の自分の予定は、この日ですべて終了でありました。
あとは、世間がゆったりモードになる年末年始、仕事が滞ることなく終われば・・。

ところがまあ、折りからのインフル禍で、この時期も罹患者が続出。
ギリギリの人数でまわしているので、ただちに私に即応指令が出ちゃいます。
ということで、結局、年末年始も兵隊さんとしての動きになりました。

12月30日は仕事2セットで20時まで。
体調不良などで、地元のお店に全く顔を出せていなかったので、
バーのポートエレンさんに、年末のご挨拶を込めて訪店。
少しだけゆったりして、帰宅。

31日ですが、日勤のあとに今年は年越しではないのですが、深夜2時からの勤務を入れました。
どうせ作業もあまりないし、静かな夜だろうからと思っておりましたが、
予想通りと言うか、それ以上に静か過ぎる夜でした(笑)
だから、年越しの瞬間は仮眠中。
朝6時に仕事を終え、翌朝9時からの仕事があるので、なお仮眠。
そうだ、寝る前に初日の出を拝めたのでありました。
IMG_8609.JPG

あけて1月1日、この日も仕事2セットで中抜けをして、夜の10時までの勤務。
その夕方の従業員が年明け早々にインフルという事態で、
結局23時過ぎまで仕事が終わりませんでした(涙)
お正月らしさもなにもあったもんじゃありません。

1月2日、この日は翌日に予定を入れた関係で、日中を中心に朝から仕事。
おかげで、箱根駅伝もネットでチラ見をしているくらい。
実家はこの日、親戚も来て恒例の新年会でしたが、
私が実家に戻れたのは18時すぎでありました。
指圧をしてくれる親戚のおじが、私の背中を施術してくれるも、
連日の刻んだ仮眠ですでに、体中が悲鳴を上げておりまして、
指圧の最中、ずっと奇声をあげる事態でありました。
甥っ子たちが寄って来るも、体力が落ちてしまい、ひたすらおせちを食べて栄養補給。
親戚を送り出し、やっとまとまった睡眠を取ることが出来ました。

1月3日、この日の午前までに、なにもトラブらなければ、
午後はアメフットの日本選手権を見に行く予定。
朝早くから仕事をして、どうにかこの日の作業は無事に終わりそうゆえ、
日中で仕事場を飛び出しました。

どうやら無事に御用納めが出来そうな感じ。
お正月気分の東京ドームへ、いざ出撃です。
その模様また次回。










nice!(7)  コメント(2) 

年の瀬百景~同級生との忘年会 [飲む]

年の瀬百景~同級生との忘年会

まだ年の瀬のネタが残っているとはいえ、3週間近く前の話で恐縮です。
式守錦太夫です、白鵬に続き、稀勢の里も厳しい大相撲1月場所です。

12月29日の夜に、忘年会をやった時の模様です。

12月の初旬に、同級生女子から「忘年会をやりたいよね」という連絡をもらい、
じゃあしょうがないなあ――と、自分が幹事になったのが運のつきでした。
面々の都合をマッチさせる段になり、某県議会議員は「12月議会で代表質問があるから」と、
日程がかなりタイト。
合わせて、歳末と言えば各位の予定も立て込んでいるので、
全員の日程が合ったのがこの12月29日でありました。

ところが私、職場の環境は年末年始は極度の緊張状態に置かれている時期。
それに加えて、折からの体調不良にも悩まされていたので、
行けるかどうかがかなり微妙な感じでありました。
そこで、とりあえずお店の選定だけをして、当日行けたら行くということにしておきました。

当日、体調はなんとかなったのですが、仕事場はできたらいた方がいい雰囲気。
でも、周囲の協力により夕方からの時間があきまして、
定刻前に無事に会場までたどり着きました。
地元の一つ隣の駅の駅前にある、広島流お好み焼きのお店「七夜」さん。
IMG_8563.JPG
この日は歳末のかきいれ時だというのに、貸切にしてくださいました。
まあ、私たち以外にもグループが数組入っていたんですけど。

このお店は、この日の同行者の県議会議員御用達のお店。
よって私はお初ゆえ、郷に入っては郷に従えの感覚であります。
まずはビールで乾杯。
そして煮込みとざく切りキャベツをオーダーしました。
IMG_8565.JPG

お店は数年前に改装したとのことで、とてもきれいな内装。
カウンターには鉄板が切ってあり、ここでも美味しく頂けそうな雰囲気。
今度、個人的に来てカウンターで飲みたいな。
私たちはテーブルでしたので、焼くという手間がなく、できたのを持ってきてくれる。

カキのバター焼き。
IMG_8567.JPG
厚揚げ。
IMG_8570.JPG
ちなみのこの厚揚げは、私の実家の隣のお豆腐屋さんで作っているもの。
やたらローカル色が強い(笑)

このあとの2枚の写真は、何を食べたのか覚えていない。
やっぱり3週間も前のことだと、記憶が定かではありません。
IMG_8572.JPG
IMG_8573.JPG
お茶ハイは、地元を代表する某お茶屋さんの抹茶使用とのこと。
IMG_8577.JPG
このお茶屋さんの社長とは、飲み屋さんで会うたびにバカ話をするので、
どうしてもその顔が思い出されてしまい、吹き出すことしばし(笑)

生ビールの他に、ハートランドの瓶ビールも頼みながら、メインのお好み焼き。
IMG_8579.JPG
こちらの大将が広島出身とのことで、広島流ゆえ麺がふんだんに入る。
やっぱり自信作ゆえ、美味であります。

同級生5名は、夏に会ったきりでしたが、
同世代ゆえ、多岐にわたる話題で終始盛り上がっておりました。
珍しく、当時のネタで話す「懐古趣味」が皆無ゆえ、
世間の話題と近況バナシで、いくらでも酒が飲めそう。

二次会の場所を探してきたと言う、某県議につられて、みんな行っちゃったけど、
自分は食が遅いし、せっかくこちらのお店は貸切にしてくれたんだから、
お金を落としてあげたいなと思い、なお発注。
焼きそば。
IMG_8582.JPG
実はこの日、朝から飲まず食わずゆえ、かなりの空腹。
先ほどのお好み焼きのパフォーマンスからすると、純粋な焼きそばも美味しいと思って発注。
期待にたがわず、加減が絶妙でありました。

他の面々から矢の催促で、二次会に行くと、
私は初めて入ったんですが、カラオケパブの中央がダンスホールになっていて、
その周囲にボックス席があるという、極めて昭和の場末感漂うお店。
ご常連のおじさんおばさんがいる中、ステージで1曲100円で歌うっていうのは、
元々カラオケが苦手の私にとっては、かなりキツい雰囲気でありました。
女子たちもかなり違和感を覚えていたようですが、結局、23時までの歌謡ショー。

もはやその駅の周辺にはお店がありませんので、春日部に移動。
その時点で2名が脱落し、残った男性2名女性1名で、今度はビッグエコーへ。
しかし、40分ほどで私の終電がギリになり、途中で帰宅しちゃったので、
残った男女がどうなったのか、どうにかなっちゃったのかは不明(爆)

帰宅して、一生懸命寝ないと、翌日の朝が早かったので、がんばって寝ました。
寝るのにがんばるっていうのも、なんだかヘンだけど・・。





タグ:春日部
nice!(6)  コメント(2) 

相変わらず、あたふたした日々を送っています [間接的に考える]

相変わらず、あたふたした日々を送っています

きのうの記事も飛んでしまい、大変失礼しました。
おととい、大相撲初場所3日目を観戦し、そのまま浅草橋で3軒ハシゴをして、
帰宅はほぼ終電。
そこに、記事を書くことのできる余裕は皆無でありまして、
あげくきのうは、日勤のあとに準夜勤という2セット勤務で、
この記事は、準夜勤明けのけさ未明に、しこしこ書いております。

白鵬連敗、稀勢の里に至っては序盤で3敗ということで、
2横綱がそろって、きょうの取組いかんでは休場するかも。
その分、若手力士の台頭めざましいので、着目点はあるのですが、
やっぱり強い横綱を見たいお客さんは多いのでしょう。

そんなきのうは、阪神淡路大震災から23年目の日でした。
思えばあの日も、夜勤をやっていて、明けに特番を見てこれはただ事じゃないと、
遠く首都圏で思ったことを、つい先日のように思い起こしました。
平成ニッポンの冬は、震災が想起されます。

きょうも仕事が長めの2セットなのですが、当初予定されていた準夜勤は回避の方向。
でも遅番ゆえ、おとなしくしている日になりそうであります。
そして来週は、プラネタリウムのリハーサル2日、準夜勤2日、相撲1日にスキー1日という、
近年まれにみる超過密日程。
さすがに、なにかしら都合を調整しないと、体力が持たなさそうであります。
世間は相変わらず、インフルエンザの猛威にさらされています。
私は早いうちに予防注射を打っているおかげか、インフル予備軍と一緒にいても罹患は免れている状況。
でも、多少の風邪気味はもはや1か月以上も続いているので、
困ったものであります。

ブログネタということですと、いまだ昨年末の忘年会が1つ残っていて、
年明けのアメフットや、真夜中の新年会など、いろいろあるのですが、
この過密日程でどうしたもんかなと思っております。
この際、隔日アップにするかもしれません。

ということで、どうやらお風呂が沸いたようなので(笑)きょうの記事はここまで。
一応、あすはきちんとした記事にしたいと思っています。







nice!(6)  コメント(0) 

なお記事執筆滞り中 [やる]

なお記事執筆滞り中

先週末からの出撃と、五月雨的な仕事のおかげで、
ここ数日、刻んで睡眠を取る羽目になっている式守錦太夫です。
5時間程度の睡眠を、3回に分けて取ると、
めでたく疲弊がずっしりと、双方の肩にのしかかります。

ケチのつきはじめは、先週末の金曜日の夜からでした。
金曜日は、仕事2セットで、午前中と夕方からで、22時に終わるはずでしたが、
インフルエンザの疑いという夜勤の人の代わりに、深夜2~6時にも入ることに。
じゃあ、翌土曜日は少しゆったりできればよかったのですが、
9~15時近くまで、あらかじめ予定を入れていた仕事があり、
16時30分からはプラネタリウムの会議、19時からは新年会。
寝るもの仕事のうちと、2時間程度の仮眠を取って臨みました。

さすがに土曜日の夜はしっかり寝て、日曜日は大相撲初場所初日を観戦で国技館へ
この日は新宿・ゴールデン街の人々と一緒で、ワイワイガヤガヤの観戦のあと、
打ち上げの飲み会へ。
そして、もう一軒に入って、飲み出した時に仕事場からの電話。
「夜勤担当者がインフル罹患で、出勤できず、帰ってきて」
まあ、いやな感じはあったのですが、この期に及んでやむを得ず、飲み会を離脱して、
懸命に帰宅。
帰宅の電車が完全に着席できたので、ここで1時間程度の仮眠。
そして、帰宅後に1時間ちょっとの仮眠をして、2~6時まで勤務に入りました。
もうくたくた。

そして昨日は、日中に2回の仮眠で22時近くまで働きまして、
きょうは、大相撲初場所3日目を観戦に、国技館に来ています。

――ね、こんなスケジュールでは、記事は書けません(涙)

ということで、13日のおしらせのあとの、14・15日の休載。
そして、本日の言い訳記事で、誠に申し訳ありません。
ちなみに今日の国技館も、終わってから怒涛の飲みの予定と、
翌17日のハードワークの情勢からすると、なお不安定な更新になりそうなので、
悪しからずご了承ください。
あわせてご訪問も滞っております。

言い訳記事では申し訳ないので、写真を一枚だけ。
大相撲初日観戦のあとは、近くにあるチェーン系の居酒屋さん。
ここには実寸大の土俵があるのですが、100名近くのお客さんを前に、
私たちのグループは、土俵でのパフォーマンスを披露。
西方が、我がグループのセクハラ大王「貴原田関」。
東方が、お恥ずかしい限りの「式守錦太夫」。
裁く行司が、小学校3年生というステキな立ち合いの風景。
20180115はなの舞1改.jpg
貴原田の卑怯千万な、右張り差しを受ける式守(笑)
白鵬も自粛しているっていうのに。

ちなみにこの直後、お店のマネージャーさんが吹っ飛んできて、
「大人の方の全力相撲はお控えください」だって(爆)
そこで、2番目からは「ここで右上手を取って体を開いて・・」と、
明らかな八百長相撲を繰り広げる茶番と相成りました。

なにをやってんだか・・。
でも、お客さんやメンバーから、やんやの喝采でしたけどね。


nice!(6)  コメント(4) 

13日・14日の記事の遅延または休載のお知らせ [番外]

13日・14日の記事の遅延または休載のお知らせ

1月12日の夜が不規則な勤務になり、
翌13日(本日)は、プラネタリウムの会議と新年会。
14日(あす)は、大相撲初場所初日観戦となりまして、
もしかしたら記事が飛ぶ恐れがあります。
そのためのお知らせです。

時間をうまく見つけて、執筆したいと思いますが、
悪しからずご了承ください。

nice!(4)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。