So-net無料ブログ作成
検索選択
やると飲む ブログトップ
前の10件 | -

7月30日、イマイチの句焼き屋さんと高畑充希 大宮 [やると飲む]

7月30日(日)、イマイチの句焼き屋さんと高畑充希 大宮

世間は、今週の後半から連休に入り、そのままお盆休みなのでしょうか。
式守錦太夫です。
世界陸上というより、色黒の織田裕二の妙なテンションを見ると、
夏だなあって思うことしばし。
晩夏から初秋の季語に、そのうちになるかもしれません(笑)

7月末は、世間は隅田川花火大会もありました。
今年はあいにくの空模様だったようで、テレビ中継もそんな気の毒な観覧者の様子が映し出されていました。
今日の記事はその翌日の話。

この日はさいたま市花火大会が開かれている日。
さいたま市は面積も広いので、3つの会場で開かれています。
そのうちの一つ、大和田会場の花火は、何年か前によく見に行っていました。
例年「7月30日」と決まっているので、今年はちょうど日曜開催になり、
相当の人出だったみたい。

ちなみに私は、そんな花火に向かう浴衣姿の若人たちをしり目に、
さいたま市宇宙劇場のプラネタリウムへ。
9月の投影とは別に、10月投影のスタッフに入っていることから、
リハーサルの立ち合いに行ってきました。
選曲担当だったのですが、どうやら音響全般の担当に格上げされていた(汗)
とはいえ、まだ台本も練れていない状態ゆえ、メインスタッフはさまざまな確認事項。
私は、勝手にいろいろな楽曲を流して、音響卓で遊んでいました。
こういう遊びを通して、スキルが上がるってものです。

21時近くまでのリハーサル、どうやら花火大会は終わったようで、お客さんが帰ってくる大宮駅。
心配された夕立ちは、大丈夫だったようです。
この時間に電車で帰っても、おそらく混雑のピークだと思い、大宮駅周辺を散策。
気になる界隈のお店の雰囲気を見て回りました。
ちなみに、普段よく行く大宮のお店は、すべからく日曜日定休。
だから、どこかで飲もうかな。

以前から気になっていた、秋田の比内地鶏を使っている串焼き屋さん
以前入店しようとしたら「今日はラストオーダーです」と言われちゃったのですが、
この日は大丈夫みたいなので、入ってみました。
ちなみに、いまイチの印象だったので、店名は書きません。

一番搾りの中ビンから、自家製のお豆腐と一緒に。
IMG_6123.JPG
右側は、お通し代わりの口直しみたい。

ささみの刺身。
IMG_6125.JPG
美味ですが、あまりに少量なので、もったいぶって食しております。

串ものを何本か。
砂肝。
IMG_6127.JPG
美味です、ネギを挟んでいるけど、このネギも美味しい。

手羽先。
IMG_6130.JPG
これが、あまり私にビビッとこなかったアイテム。
比内地鶏って、こんなに歯ごたえがあるのっていうくらい、噛み切れなくて、味も淡白だった。
日ごろ、通っている串焼きのお店の手羽先が、実にふくよかでジューシーで、
逆に再評価できちゃう一品でありました。

レバー。
IMG_6131.JPG
これは、昔ながらのいわゆる「品のない」レバーの味がして、個人的には好き。
レバーって、これくらいの方が美味しいなって思います。

日本酒をぬる燗で2本、そして〆にトリのスープ。
IMG_6135.JPG
お椀で供されました(笑)
これは逆に、上品な味付け。
品があるものとないものが、混在としていて、なんか複雑な心境。

串焼きというと、私の地元・春日部の名店「彩鳥」さんによく通っているのですが、
他のお店に行くと、彩鳥さんの評価が上がるという、不思議な縁です。
名店と呼ばれるお店に行っても、結局、地元の方がいいなって思うことしばし。
だから、なんか串焼きって、自分の好みがはっきり出ちゃうんだろうな。

ちなみにこの日、私の座ったカウンターには、反対側にカップルさんが座っていたのですが、
その女性、雰囲気的には20代の前半のようで、声の感じは「高畑充希」みたい。
(しっかりと見たら、姿かたちは渡辺直美でした=笑)
この人が、まあ、お酒をまずくするような仕事の愚痴を、大きな声でしゃべっていました。
私はこんな仕事をするために、会社に入ったんじゃないとか、
いつか転職してやるとか、まあありがちな話題であるんですけど。
で、男性が「じゃあ辞めれば」と言うと、
「シフトが埋まっているから、そんな簡単にはやめられない」などと、非建設的なネタに終始。

指示代名詞がキライな性格のようで、
「あの」とか「その」で省略せずに、○○さんのいる事業所とか、△さんが上司の営業所と、
きちんと説明しちゃうから、聞き耳を立てていなくても、相関関係がわかっちゃうのも、
こういう席ではなんかうっとうしかった(笑)
あげく、まだデザートを食べていないけど、何時のバスには乗りたいから、急いで出してください
などと、まあエゴ丸出しの会話には、ほとほと辟易しました。
地元のお店だったら、千円札を渡して「帰んな」って言っちゃうかもしれない。
日曜日の夜に、ずっと仕事の愚痴を言うっていうのも、よっぽどうっ積しているんでしょうね。

口直しに、バーのGLACEさんに行ってから帰宅。
こんなことなら、花火のお客さんで満載の電車に乗って、
地元に戻っちゃえばよかったと思う週末でありました。



タグ:大宮
nice!(4)  コメント(0) 

7月16日、地元の夏祭り2日目 春日部 [やると飲む]

7月16日(日)、地元の夏祭り2日目 春日部

昨日で、都市対抗野球も終わりまして、東京都・NTT東日本が勝利しました。
私は結局、3日間で5試合を観戦したのですが、めでたく全敗という事態(涙)
それもラスト3試合は完封負けという、悪い意味で「なにか持っている」んだと思います。
来年から、チーム関係者に応援に来ないでくれって言われそう・・。
きょうは2ヶ月に一度の、親戚の叔父が来て、指圧の施術をしてくれます。
飲み疲れたカラダを、もみほぐしてもらう予定。

地元春日部のお祭り2日目の模様をお送りします。

6時過ぎに起床し、まずは仕事場でこの日の午前中に
やらなければならない業務をこなすところから始まります。
これが無ければカラダは楽なんだけどね。
9時までかかって業務終了、暑くなってきた中で地元に戻ります。
この日は朝10時から町内の山車の渡御。
熱中症予防のため、予定にない場所での休憩を具申してきた人がいて、
その提案を採用し、日ごろは休まない場所でも休憩を挟みました。
それくらい、炎天下での山車運営には気を遣います。
とにかく、なんとしても無事故で終わらないと楽しいお祭りじゃなくなっちゃうから。

少しは雲が出てきたけど、やっぱり炎暑の候。
休憩スポットでは、子どもはともかく大人がすっかりグロッキー。
IMG_5801.JPG
もうちょっと山車の晴れやかな写真をと思うのですが、
なにぶん、渡御の最中は指揮に忙しいので、こんな写真でスミマセン。

1時間半の渡御は無事に終了、昼食はまかないさん渾身の甘いカレーと冷奴。
IMG_5807.JPG
このカレーが絶品でして、私は特にこのルーをアテに酒を飲むのが好き。
2回もおかわりしちゃいました(もちろんルーだけ)。
この日は、浅草の老舗祭礼用具の宮本卯之助商店さんが、お神酒を持ってきました。
IMG_5805.JPG
こちらは「和風総本家」でもおなじみで、浅草のショールームは何度か訪れたことがあります。
挨拶に来た社員さんと立ち話。
「また寄ってください」と言われましたので、今度は堂々と行ってこよう。

カレーとビールが美味しく、そこから町内の日本酒好き数名で
日本酒を飲もうということになり、5人で二升を飲んでしまう始末。
昼酒は一番効きます!

各自着替えをするって言って、おそらくは家で昼寝をしようという魂胆のようですが、
私はここからまた仕事場に戻り、90分ほど仕事をしないといけない立場。
このときが一番きつかった、なんか眠いし、酔っぱらっているし。
でも、仕事も大事です。

16時前にもう一度、町会の神酒所に戻り、
この日17時出発のパレードに山車を出すための打ち合わせ。
2日目の夜は、うちの町会の山車を、夏祭りパレードに参加させるのです。
交通規制中の道路を、堂々とど真ん中を通り、観客の中を練り歩くのは、
引く子どもたちも気持ちいいだろうけど、指揮を執る私も至福の時間。
ここでもとにかく事故防止に目を光らせ、重い山車の車輪に巻き込まれないようにとか、
露天商ののぼりと接触しないようにとか、細かく注意することがあります。

お囃子さんは獅子舞を持ってきて、子どもたちと戯れる。
IMG_5809.JPG
私、この時間は馬上の指揮ならぬ「山車の上の指揮」で、山車によじ登っていました。
だからこんなアングルの写真、人でいっぱいです。
IMG_5813.JPG
IMG_5816.JPG
IMG_5820.JPG
3連休の中日ということもあって、日曜日の方が今年は人出はすごかった。

でも、途中で本部からの緊急放送。
「大気が不安定なので、各町会は雨の心配をしてください」と言ってから、ものの数分で、
バシャバシャと雨が降ってきて雷鳴がとどろきました。
雨は十数分しか降らなかったけど、雷はずっと鳴っていましたね。
こんな放送は過去にはなかったなあと思ったら、
その前の日に上尾でお祭りの最中に突風が吹き荒れてけが人が続出し、
お祭りが中止になったとの報道。
そのための、注意喚起放送だったようです。
でも事故を防ぐ意味では、こういうのはありがたいなあって思いました。

山車は無事にパレードを終えて、町会神酒所に戻ります。
最後の三本締めは、町会長からのご指名で私が音頭を取りました。
今年も無事に、無事故で2日間のお祭り進行を終えました。

神酒所でお疲れさま~の飲みが始まるも、疲労がピークに達してしまい、
ビールをあまり飲めず、グテッとしていました。
珍しいなあ。
その分、弟が飲みまくっていましたが(笑)

最後に、パレードに参加した町内の神輿の帰還。
担ぎ手もさすがに疲労困憊の様子。
IMG_5827.JPG
「地元に戻ってきたんだから、もっとしっかり担げ」と、拡声器で叱咤するのは、私の同級生。
祭りが好きで、裏方仕事をこなすのをいとわず、みんなから愛されている姿をみると、
こっちもホコっとします。
彼は神輿を指揮し、私は町会の山車を指揮する。
なんかちょっと、嬉しい関係ですね。
お囃子さんが、神輿を見送る風景は毎年、祭りの終わりを感じさせます。
IMG_5829.JPG

ふと私に向かって、満面の笑みで近寄ってくる男性。
私の中学校時代の別の同級生。
心からの笑顔で、握手を求めてきました。
彼こそ、私たちの代で一番の、やんちゃの限りを尽くした不良クン。
当時から妙に気が合っていましたが、その後は祭りでしか顔を合わせなくなってしまいました。
今年は彼の子どもたち(といっても成人)が神輿を担ぐって言って、その付添なんだって。
孫まで生まれちゃったというので、すでにおじいちゃんであります。

いまじゃ、若い衆を束ねて現場仕事を取り仕切っている彼。
見た目はまだ迫力がありますが、目が優しさにあふれちゃっている。
こんなに人って変わるんだなあって思います。
同級生に会えるかなと思って来たけど、あんまりいないねと彼。
私は結構会ったので、誰がいたよ、誰に会ったよと話すと、
遠い目をしながら「逢いたかったなあ、でもさんざんワルをやっていたから合わせる顔がないな」とぽつりと。
当時不良を自認していた連中は、オトナになってから逢うとみんな、
合わせる顔がないって言うんですよね。
いいじゃん!って私は言うんだけど、彼らは彼らなりに気にしているみたい。
そんなことを言えるのも、お祭りの魅力かもしれません。

さすがに2日間、クタクタになりましてお祭りは終わりました。
楽しい2日間でした。

タグ:春日部

7月15日、地元春日部の夏祭り1日目 [やると飲む]

7月15日(土)、地元春日部の夏祭り1日目

やっとお祭りの記事に至りました、式守錦太夫です。
10日ほど前に行われた、地元の夏祭りの模様をきょうからお披露目します。

私が子どもの頃は、そんなに大きなお祭りではなかったのですが、
最近では埼玉県の東部では屈指の人出になっており、
2日間で20万人近い動員があるとされている、春日部の夏祭り。
20基以上のお神輿、そして山車が練り歩くのですが、
それにあわせて各町内でも祭事を進行します。

私の町内では、山車と神輿がありまして、
私は山車進行の副会長を、ここ10年ほど関わっています。
町会も高齢化が進み、後期高齢者だらけということで、私なども若手にカウントされる始末。
本来なら、事前の準備などにも積極的参加しないといけないのですが、
今年は仕事もどうにもならず、結局お祭り当日だけの参加となりました。
周囲には本当に申し訳ないので、その分当日は、人一倍、汗をかく所存です。
(ところが人一倍、態度がデカイのも大問題=笑)

この日は仕事のさまざまな手配をして、お祭りの町会の神酒所に到着したのが10時30分。
すでにあらかた、準備は終わっておりまして、とんだ重役出勤であります。
(弟夫婦がその分、事前準備から参加してくれていました、感謝)

町会山車は、すでに装飾がすんでいて、お囃子さんが太鼓などを積み込みしている。
IMG_5739.JPG
お囃子さんや、裏方のまかないを務める町会の女性陣にもご挨拶。
町会長にも「式守君がいないと山車が動かないからなあ」と、声をかけられました。
テントも立ち上がり、テーブルやいすの準備も万端。
みんなは一足早い昼食であります。

私は町会で使う飲み物などの買い出しに出て、遅めの昼食。
昼間のビールは美味しい、お豆腐屋さんの冷奴に少ししょっぱいお椀。
IMG_5735.JPG
お赤飯。
IMG_5736.JPG
他の人たちは、休憩で家に帰っちゃっているので、
神酒所を守る意味で私が留守番をしながら、ビールを飲んでいました。

午後2時から、山車の町会渡御。
私の役割は、ここ数年変わらず、拡声器で山車の進行を司りながら、
事故防止に目を光らせる役目。
賽銭箱も拡声器も所持し、今年からの指揮棒を持ったから、
なんだか重装備の式守近影であります(笑)
IMG_5800改.jpg

無事に渡御は終了、しかし暑かった。
休憩をいつもよりも多めに取ったけど、子どもたちはぐったりしていました。
町会関係者はお疲れさんで飲み出しているけど、私はここから転戦。
今度は町会の神輿の補佐で、給水を手伝います。
出発前に、キャスターに乗せられているお神輿、大きいんだな。
IMG_5742.JPG
お囃子さんの演奏、若手主体で気持ちいいです。
IMG_5745.JPG
いちばん小さい彼は小学2年生、背が届かずに縁台に乗っての鉢さばき。

150人近い担ぎ手に飲み水を供給するチームは、
毎年その顔触れが変わってしまうので、私を含めて2名がここ20年くらいサポートして、
途中での氷や水の補給場所などを指示しているのですが、
今年はもう一名が、知り合いの不幸があって急きょ欠席となり、私だけ。
やることは変わらないんだけど、責任重大だなあ。

パレード開始前に、交通規制が始まった会場に到着。
本部席のひな壇には、同級生の県議会議員先生が。
IMG_5755.JPG
このあと、こんな感じで挨拶していたけど、どう見ても選挙演説みたいだった。
IMG_5759.JPG
ちなみに、ちょうどこの時間に私の愛人、麻里子さまが遊びに来ていました。
IMG_5754改.jpg
同級生の県議先生はいぶかしそうにしているので、
「愛人だよ」とか「不倫関係だから」などと言っておきました(笑)
(あとで、根掘り葉掘りのメッセージが届いたけど、愛人に変わりはない!)

神輿は大通りを出発。
IMG_5771.JPG
日が落ちて、狭い道にも進入。
IMG_5780.JPG
神輿の直後をぴったりと寄り添いながら、給水車でのサポート。
一番のクライマックスは駅ロータリー。
IMG_5787.JPG
IMG_5791.JPG
IMG_5796.JPG
今年も事故なく、神輿は担がれました。
私は一瞬も神輿に肩を入れることなし。
でも、その分若手が担いでくれたら、それでいいのです。

ちなみに、この1日目には、同級生から飲み仲間から、
本当にたくさんの知り合いに会うことができました。
あらためて、地元でのお祭りに毎年参加できる嬉しさを実感しました。
でも、これだけ知っている人がいると、悪いことができないなあ(笑)

朝からずっと動きっぱなしでカラダがクタクタになってしまい、
少し早めに帰宅し、とにかくストレッチを施して、疲労回復に努めます。
翌日はもっとハードワークな予感。
疲れは残せませんものね。

あすは2日目の様子から。

タグ:春日部

7月2日、プラネタリウムの定例会から大衆酒場で知り合いに遭遇 大宮 [やると飲む]

7月2日(日)、プラネタリウムの定例会から大衆酒場で知り合いに遭遇 大宮

きょうも地元の夏祭りに、爆裂参加の式守錦太夫です。
きょうは気をたしかに持たないと、途中でぶっ壊れちゃうかも。

朝の9時までに、この日の仕事の前半を終わらせ、地元へ。
10時からの山車の巡行に出発して、それを12時過ぎまで。
昼食を取ってから、仕事場に戻って、後半の仕事を約90分。
そしてまた祭りに戻り、16時過ぎからのパレード出発で、最終的に22時の撤収まで。
おそらく最終的には、雑巾のようになっていると思われます。
がんばります!

2週間前の日曜日のことです。
この日はプラネタリウムの定例会の日。
仕事を朝からこなし、15時過ぎでとにかく終わらせてから会議参加。
さすがに疲労の色が濃く、レッドブルでエナジーチャージでありました。

17時からの会議、19時過ぎからのプラネタリウムの講習など盛りだくさん。
そしてこの日、メンバーで前日に結婚を発表した人がおりまして、
前日の夜にサクッと作った新聞を、メンバーに配布しました。
実は前日、サクサク作ったのですが、その後に入浴していたら、ふとコラムのネタが沸き、
風呂を飛び出して一気呵成に400文字原稿を完成。
じゃあその記事を突っ込もうということで、そこから新聞紙面をいじりまして、
改訂版を製作したのですが、完成したのが27時という体たらく(笑)
まあ、基本的に新聞づくりは楽しい作業なので苦にはなりません。

この記事で紹介したいんだけど、ほぼ全編が「個人情報」なので、
今回はアップなしということで。

会議とリハーサルなどが終わり、お腹もすいたし喉も乾いたなあと、久々の「いづみや」さん。
世間は都議選の投票が終わり、開票速報をやっていました。
私、NHKを全録していたのですが、いづみやさんのモニターにはNHKが流れていて、
この開票特番を見ながらの、晩酌であります。

まずは赤星、そしてお通し代わりとういうべき、170円の煮込み。
IMG_5692.JPG
最近、目玉焼きに凝っているみたいです(笑)
IMG_5694.JPG
そしてカレーコロッケ。
IMG_5697.JPG
お燗酒も注文すれば、あとは静かに、開票速報をアテに酒を飲む。

――とそのとき、隣に後から入ってきた女性2人組。
ふと「しきもり・・・さん?」と声がかかる。
私は酒場では、周囲の人の顔をあまり見ないので気がつかなかったけど、
地元でたまに遭遇する「さっちゃん」でありました。
たまにもたまに、おそらくここ数年は会っていないかも。
なんでも、知り合いの女子と一緒に、都内で2軒飲んできて、
最後にこの大宮でサクッと飲んで帰るところだと言う。

よ~し、じゃあ腰を据えて飲みましょう!ということになりますが、
いづみやさんのラストオーダーに近い時間。
よって、ちゃちゃっとオーダー。
IMG_5698.JPG
シューマイと冷やしトマト、お燗酒にウーロンハイにレモンサワー。
でも、ものすごい奇遇でありまして、お互い驚いた次第。
彼女のお友だちさん、まったくのはじめましてなんだけど、
酒場特有の袖すりあうも・・で、楽しく飲んでおりました。
でも彼女、帰りに座っちゃったらまず起きられないだろうな。

いづみやさんをあとに、駅で散会。
というのも、私はこの日、地元帰りではなく別宅帰りだったので、みんなと帰りが別になります。
まだ終電には早いなと、バーのグレースさん。
久々の訪店です、もしかしたら1年ぶりくらいかな。
薄張りグラスにジンリッキー、お通しには珍しく甘くない羊かんだって(笑)
IMG_5700.JPG
2杯飲んで、終電で帰宅しました。

疲れたけど、いろいろなことがあったこの日。
こういう刺激があると、気持ちは元気になるのであります。


タグ:大宮

6月17日、プラネタ技術練習と、初夏を彩るフードでの飲み 大宮 [やると飲む]

6月17日(土)、プラネタ技術練習と、初夏を彩るフードでの飲み 大宮

きょうの記事は、プラネタリウムの技術講習の日のことだったのですが、
実はきょう7月2日も、プラネタリウムの会議で大宮に行く式守錦太夫です。
今月から早朝勤務が週2回始まってしまい、その第1回目がきょう。
だから今日はとても長い1日になりそうな予感です。
ついに7月に入りまして、今週はかなり蒸し暑い日が多い予報になっています。
暑さがカラダにまだ慣れていない中、十分に気をつけたいものですね。
私もしっかり、アルコール補充をして熱中症予防に備えます(笑)

2週間前の土曜日、この日は仕事を定刻に終えて、大宮のさいたま市宇宙劇場へ。
何度も書きましたが、この4月から新機種になったプラネタリウムの技術講習を、
館長さん自らやって頂けるとのことで、参加してきました。
設定日はこの日と翌日曜日。
私たちメンバーはこの両日のどちらかに参加して、講習を受けるのが必須になりました。
できれば両日行きたかったんだけど、翌日曜日は予定があったので、この日に。
メンバーのうち、6名が参加しました。

一般投影が終わってからの19時過ぎにホールに入り、おおよそ90分ほどの講習。
以前の機種のように、微妙な操作が必要ということは無くなりましたが、
覚えることはやはり、まさに星の数ほどありそうな予感。
合わせて、ほとんどオート機能でできるのですが、マニュアルでの操作もあるとのことで、
やはりそうなると、微妙な操作が必要になります。

ですが、音響設備は段違いに良くなりまして、60チャンネル対応のミキサーが導入されました。
これはいわゆる、普段でのイヴェント等で使っているミキサーと同じ。
多少使いこなすことができるので、これは安心であります。

9月に予定されている投影は、メンバーが全員参加する方針なので、
操作に携わることにもなりそうですが、まあ何とかなるでしょ。
最新機種とのことですが、いわゆるフローチャートのように、
順序立てて操作すれば、できるんじゃないかなと楽観的に思っています。
できなかったら、できそうなメンバーに丸投げしちゃおう(笑)

21時まで講習を受けてから、私は単身で和食のさくまさんへ。
前の週は激混みの店内でしたが、この日は静かな感じでした。

枝豆とヒラメの刺身でスタート。
IMG_5371.JPG
この枝豆が「茶豆風枝豆」と表記されていて笑ってしまう。
まだ茶豆の時期じゃないし、食べてみると甘みがやや足りない。
でも、豆を食べるのは、やっぱり季節感でもありますからね。

谷中しょうがも出してもらいました。
IMG_5373.JPG
なんか、フードだけだと盛夏のころみたい。

メインは豆アジのから揚げ。
IMG_5374.JPG
上品に、まるで泳いでいるかのよう。
水族館に久しく行っていないなあと思いました。
行きたいなあ、ちなみにアートアクアリウムは水族館ではありません。
あれは金魚を見るというよりも、トランス状態のクラブチックな感じ。
今年もやるんだよね(笑)

帰りしな、線路際のおでんの屋台に火が灯っていました。
まあこの時期だと、おでんはやっていないだろうけど、お酒でも飲もうかな。
IMG_5375.JPG
お通しのサラスパ、大皿の煮もので、日本酒をサクッと飲んできました。
さあ、帰りましょう。

ちなみに地元に戻って、バーのポートエレンさんに行っての帰り。
ふと数週前にできた別のバーの前を通ったら、
知り合いが飲んでいて、結局27時まで飲んじゃった(爆)
おかげで次の日は二日酔いでありました。
そんな翌日曜日は、式守人生で初の屋形船に乗船。
これまた耐久飲みになった模様は明日から、数日にわたってお送りします。


5月30日、献血からの水分補給は地元から都内まで 春日部~北千住 [やると飲む]

5月30日(火)、献血からの水分補給は地元から都内まで 春日部~北千住

朝ドラ女優の芳根京子さんのブログが先日、1632日で連続更新を途切れたそうですが、
そういう意味では、2300日近く連続更新中の式守錦太夫です。
彼女は一行でもとにかく毎日更新することを心がけていたとのことですが、
一度、その記録を止めちゃって、リスタートしたかったようです。
で、たまたまテレビ番組で「あした更新しません」って言ったらしいです。
まあ、プロ野球でも連続出場記録を更新している選手がいると、
チームとして使いづらいというときもあるからね。
私も、毎日更新というハードルを設定してしまったので、かなりタイトロープな日もありますが、
楽しめる範囲で自由にやっていきたいと思います。



5月爆裂日程は、大相撲が終わったことで、ほぼ終了となりました。
昨日まで、その千秋楽の模様を書きましたが、さすがにその翌日は疲弊の回復に専念。
仕事が楽だったのもあって、仮眠をとったり、やるべき日常のことをこなす日にあてました。

その翌日がきょうの記事の日。
この日も仕事は楽チンで、午後には仕事を終えちゃった。
ということで、恒例の予定を詰め込む日にしました。

まずはこれまた恒例、大宮で51回目の献血。
献血ルームはもうすぐクローズの時間でしたが、見事にガラガラ。
たしかにこの状況を見ると、献血が足りていないというのはよくわかります。
とにかく、月に1度は献血ができるように、予定を開けたいと思いますね。

大宮からとんぼ返りで、地元の春日部へ。
この日は久々に、ダイニングバーのクーパーズさんに行きたかったのです。
テーブルには数組のお客さん、コース料理を頼んでいたらしく、シェフたちはてんてこ舞い。
珍しく19時前の入店で、私は献血明けの水分補給に、ビールからスタートです。

ちなみにカウンターの隣には、2日前にも会ったOさんが女性連れ。
その女性とも飲み仲間さんなので、図々しくも逢い引きをぶち壊すべく、真隣に座るという暴挙。
新しくできた知り合いのお寿司屋さんのプレオープンに行ってきたんだって。

この日のフードは、豚のローストを頂きました。
IMG_4978.JPG
もしかしたら、これは初注文だったかも。
どなたかが以前、これを食していて、えらく美味しそうだなと思って見ていたんだけど、
今回たまたま、私の注文になりました。
軽く塩を振ってあるけど、お好みで柚子コショウ味のソースをつけてくださいとのこと。
肉に塩味が効いていますが、このおソースも絶品なので、どう食するかパーツごとに熟考しておりました。
温野菜も美味しいね。
IMG_4979.JPG

この日はこのまま、地元で飲み続けるという選択肢ではありませんでした。
というのも、北千住に1か月近くご無沙汰だなと思って。
ワインだの泡だのを飲んで「じゃあ北千住に行って来る」と言うと、
Oさんも女性も呆れ顔。
まあそうですよね、21時前に、地元から転戦で都内に出撃するって、まともなオトナじゃないもの。

と言うことで、電車に乗って北千住に着いたのが22時を10分ほど前の時間でした。
急いで大はしさん。
30分ちょっとしか時間がないので、大急ぎでビールと日本酒とウィスキーを飲んだら、
隣に座る、こちらのお店の夜の大常連さんが「すごいね、一気にちゃんぽんだね」と、
声をかけてきました。
まあ、なんだかせわしない飲み方に映ったんでしょう。

22時30分にラストで、お店を出て、なお飲み足りないと、駅前の英鮨さん。
お茶ハイと、アテにホタルイカ。
IMG_4981.JPG
これを食べていたら、無性に日本酒が飲みたくなり、1合注文。
巻物の小肌ガリも、酒のアテとして。
IMG_4982.JPG
すでにリミッターが崩壊しまして、さらにお茶ハイを頼みつつ、ウニキュウリ
IMG_4985.JPG
これ、初めて頼んだけど、美味だった。
巻物は、もはやお寿司ではなく酒のアテ。

最後ににぎり、さすがにお寿司屋さんのカウンターゆえ、つまみだけで帰るのも野暮ですよね。
大好きなウニと、ネタケースの中でやたら美味しそうだったトリ貝。
IMG_4988.JPG
温かいお茶を頂き、さすがにお腹いっぱいであります。
ごちそうさまでした。

かなり食べたなあっていう感じの1日でしたが、
これでダイエット敢行していますと、どの口で言えたものでしょう(爆)





4月13日、詰め込み過ぎ予定とおでん飲み 大宮~春日部 [やると飲む]

4月13日(木)、詰め込み過ぎ予定とおでん飲み 大宮~春日部

なお相変わらず、仕事のパターンが安定しない、式守錦太夫です。
今週から少し楽になるかなと思っていたら、また困った案件が出まして、
小刻みに仕事をする日々になってしまいました。
まあ、初っ端からグチっても、しょうがないんですけどね。
がんばります!

きょうの記事の日は、まあ結果的には午前さまのハシゴ酒になったのでありますが、
とにかく長い日でありました。
元々、それなりに予定が詰まっていたのですが、それをどんどん追加していった結果、
よくぞこの予定を立て、それを実行できたなあと思う次第。

この日の行程は以下の通り。
・前日の22~6時まで、夜勤
・仮眠を取って11時から12時30分まで、仕事
・14時から15時30分まで、仕事の展示会@さいたまスーパーアリーナ
・16時から17時30分まで、成分献血@大宮献血ルームウェスト
・18時から19時過ぎまで、プラネタリウムの鑑賞@大宮のさいたま市宇宙劇場
・19時30分から22時まで、飲み@大宮のお多幸さん
・23時から25時30分まで、なお飲み@春日部のポートエレンさん
――もはやアホです(笑)

時系列でたどっていくと、夜勤と仕事の合間に、仮眠を取ったわけですが、
5時間のブランクとはいえ、結果的に睡眠は3時間ほど。
あとは移動中などでどれだけ、刻んで睡眠が取れるでしょうか。

昼過ぎに仕事を終え、電車でさいたまスーパーアリーナへ。
仕事上の展示会なんて、ちっとも面白くないので割愛。
時間を気にしながら、配布されるフードを急いで食べておりました。
(朝ごはんと昼ごはんは、この時間に食べるのが全てです)

16時からの成分献血ですが、これは数日前に日赤から、
AB型の血小板が不足していて、協力してもらえるならお願いしたいと、
わざわざ電話依頼が来たので、お受けしたということ。
49回目の献血ですが、なにせ睡眠が不足しているので、
ベッドに横たわるときにすでに「すぐに寝ますので、毛布をお願いします」と言っておきました。
案の定、始まったと同時に眠りに落ち、おおよそ50分の採血を熟睡できました。

休憩をほんの少し取って(採血後は休息が必須なので)、同行者と待ち合わせ。
久しく会うことができなかった同行者と、前日に連絡を取って、この日の約束にしました。
1か月半ぶりくらいのランデブーです。

18時からのプラネタリウム鑑賞は、先日先行して記事化しました。
ゆったりと、新しい機器を堪能しました。
同行者も久々のプラネタリウムでありました。

さあ、どこに飲みに行きましょうかね。
日本酒とおでんとでもしましょうか。
ということで、お多幸さんです。
まずは瓶ビール、こちらはヱビスビール、ヱビスの瓶は久々だなあ。

生ものなどをいろいろ頼んだのですが、最初の写真はやっぱりおでんにしましょう。
IMG_3906.JPG
大根とちくわ、イカ天は同行者発注。
私はちくわぶと豆腐。
どれも実によく染み込んでいて、美味しそうですね。
菊正宗のぬる燗に移行しましたよ。

そう言えばこれがお通し。
IMG_3896.JPG
お奨めだったシマアジ。
IMG_3899.JPG
あしらいのにんじんが、桜の花びらのようです。

生ガキ、やっぱりあると外せませんね。
IMG_3901.JPG
大ぶりゆえ、包丁を入れましょうか?と大将。
ちゅるんと食べるのもいいけど、あっという間になくなっちゃうから、包丁入れてください。
IMG_3904.JPG
おかげで、ちまちま食せました。

なおおでんを追加。
IMG_3908.JPG
ジャガイモとわかめが私の発注。
つぶ貝は、同行者発注。
貝の濃醇な味はお酒がいくらでも行けそうです。
結局、ぬる燗をどんどん頼んじゃいまして、ここで献血の水分補充をしたという感じ(笑)

じゃあもう一軒、地元に戻ってポートエレンさんに行きましょう!
と、すっかりいい感じになって、洋酒を浴びるほど飲み、
結果的に同行者ともどもタクシーのお世話になるという、
相変わらずのダメ人間っぷりであります。

でも、積もるような話もできたし、予定を詰め込んでそれをこなしていくのは楽しい。
しかしやっぱり最終的に飲みすぎたなあという感じでした。
同行者は翌日、強烈な二日酔いになったそうです。
私は、翌日からまた仕事2セットで遅番というのをこなしていました。

タグ:春日部 大宮

2月13日その2、平日スキーの醍醐味です [やると飲む]

2月13日その2、平日スキーの醍醐味です

先週にスキーに行きましたが、実は今週も狙っている式守錦太夫です。
3月に入ると、なかなか自由な時間が限られそうな雰囲気。
遊べるときに徹底的に遊んでおきたい症候群なのです。
実は先週、13日よりも14日の方がスキーに行くのが都合よさそうだったんだけど、
なにを好んで、世間がバレンタインデーの日に、単独スキーに行かなきゃならないのかと思い、
前日に回避した次第です。

さあ、平日スキーの様子です。
とにかく天候もよく、絶好のスキー日和のハンターマウンテン塩原
恒例になりました、消防服でのプレーであります。
IMG_3157.JPG
なにせこの天候、そしてステキすぎるほどの静かなゲレンデ。
IMG_3136.JPG
IMG_3139.JPG
太陽を背にしてのシルエットが、スキーヤーと一線を画していますね(笑)
IMG_3142.JPG
珍しく、ポールのバーンもすいていたので、攻めてみました。
これは滑る前。
IMG_3146.JPG
これはゴール。
IMG_3149.JPG
一番肝心な、滑っているところがない(涙)

めいいっぱい、3時間滑ってからの、遅い昼食。
IMG_3150.JPG
カツカレーにしました、ビールがうまし。

ゆったり飲みながら、カレーを食べていたら、4時間券の残りが30分になっちゃった。
日が陰ってきたコースに再出撃です。
ハレーションを起こしたけど、それなりに趣のあるショット。
IMG_3162.JPG
ゴンドラの中、まさに夕陽と針葉樹林のコントラスト。
IMG_3165.JPG
なにげにこの時間が一番好き。
だーれもいない山頂から。
IMG_3181.JPG

きっちり午後3時30分に、オーラスと思って登ったゴンドラでこの日は終了。
少しだけ粉雪が舞ってきましたが、総じていいお天気でした。

もはや、こうたびたび、消防服でスキーを滑っていると、
さまざまなネタも恒例になりつつあるので、
この日は1個だけ、エピソードを紹介しておきましょう。
ゲレンデの下部にたたずんでいると、雰囲気的に女子高生かな?という女子が近づいてきました。
手にスマホを持っているので、写真を撮ってくださいって言われるのかな?と思い、
ちょこっとドキドキしていると、その女子高生が言った言葉。

「ゲレンデでスマホを拾ったんで、届けに来ました――」。

そうか、スキー場の人だと思われたんだな(爆)
明らかに、一般のスキーヤーじゃないもの。
「こういう格好しているけど、ここの人じゃないんだ。
あそこにスキーパトロールがあるから、そこに届けてくれますか?」と言うと、
はーい!って言って届けに行ってくれました。
でもいい子だね、見て見ぬふりもできちゃうのに、きちんと届けようというのがエライと思う。

やっぱり彼女を落胆させないように「ご協力ありがとうございます!」って言って、
私が受け取ってあげればよかったかな。
「念のため、あなたの連絡先を教えてください」とか言って、
新手のナンパに繋がったかも(それは犯罪)。

滑り終わって着替えも終えると、時間は16時30分。
ちょこっと疲れたな、少し眠たいなと思ったのですが、
なにせ粉雪が舞っているから、帰りの路面が心配です。
(ノーマルタイヤで上がってきちゃったから)
コーヒーを飲みながら、高速のインターまでたどり着いたので、
乗ってすぐのPAに止めて、40分間の仮眠。
そしたら元気になって、まっすぐに戻ってきました。

1時間ほど仕事をして、これまた恒例のグッズを全部片づけて、
少しだけストレッチをやると、これは素敵に熟睡できそう。
今回は筋肉痛にもならず、事故も事件もなく、無事のスキーでありました。

タグ:スキー 塩原

2月13日、平日スキーに行ってきました、その滑りはじめるまで(笑) [やると飲む]

2月13日(月)、平日スキーに行ってきました、その滑りはじめるまで(笑)

どうやら今日もハードワークな予感の式守錦太夫です。
おそらくは夜まで仕事があるのですが、そのあと鍋を食するお誘いを頂いています。
集合時刻が22時過ぎという、もはやまともな宴会ではなさそう(笑)
終了時刻が一体何時になるのか、翌日の仕事は無事にできるのか。
いろいろな意味で不安です(爆)


2月13日の月曜日、待望の単独平日スキーに行ってきました!
その前の週の火曜日に行く予定を、天候不良でキャンセルしたのですが、
次に狙ったこの日は、現地の天気予報は晴れで無風、そして温度もちょうど良さそう。
まさに狙い通りの展開であります。

前の週に行くために、すべてのスキーグッズは車に積み込んでいました。
あとは前日の夜、ちょこっとだけ準備をすればOK。
ただし、その前日の日曜日は、すでに記事化しましたが、
アイスホッケー女子が平昌五輪の出場を決めた夜。
22時まで仕事をしてから、録画してあったその試合をやっぱり見たいじゃない!
ということで、結局25時までじっくり見ちゃいました。
少しだけ寝不足になるかなと思いつつ、床に。

翌日は6時台に起床、睡眠時間は5時間弱であります。
とりあえず仕事場に行き、この日の朝でないとできない仕事を午前8時までに終わらせる。
そして、この日の仕事が順調に進むことを確認。
すべての要件が「クリア」して、はじめてスキーに行けるのです。
結局この日は、8時10分までに大丈夫という判断ができまして、
さあ、車に乗って150キロ先のスキー場を目指します!

世間は月曜日の朝、これから仕事に向かうという人や、すでに仕事を始めたという人を、
あえて逆行して、遊びに行くこの背徳感が、ゾクゾクしますね。
加須インターから東北道を北進し、西那須野塩原インターに着いた時は、午前9時30分です。
そこから塩原温泉街を抜け、くねくねした道に入り、日塩もみじラインに差し掛かった時に午前10時前。
実はこの日の仕事での私の責任時間がこの午前10時。
だから、運転中にもかかわらず、スマホで電話を受けられるようにしていたのですが、
この時間を期して、私の責任時間も過ぎました!
名実ともに、完全にフリーになった瞬間は、やっぱり気持ちいいものです。

山道に入りまして、天気は晴れているものの道路の周囲は雪。
幸いに道路は除雪されているものの、一部の路面は着雪、あるいは凍結しています。
私の車はめでたくノーマルタイヤ、だからどこかでタイヤチェーンを装着しないといけません。
ちなみにもはや、タイヤチェーンをしている車はほぼ皆無です。
それくらい、スタッドレスタイヤが普及しています。
でも私は昔人だから、いまだにタイヤチェーン派(笑)

すいている山道を登り続けても、タフな道路にはなりませんで、
まだ大丈夫、まだ大丈夫と進んでいるうちに、10時30分過ぎにスキー場に着いちゃいました(笑)
ついに今年も、ノーマルタイヤでこられちゃいました。
ハンターマウンテン塩原スキー場(通称ハンタマ)です。
いちばんハードな路面が、スキー場の駐車場だった(爆)
IMG_3185.JPG

駐車場で着替え、慣れた手つきでいつものように持参した消防服を装着。
たくさんついているポケットに、さまざまなグッズを詰め込み、
最後に安全帯をびしっとしめます。
火災現場への出場のような手際さ(笑)
そして今回は、その安全帯にレジ袋をつけ、その中に缶ビールを忍ばせました。
ゲレンデにビールをうずめ、キンキンに冷えたビールを飲むのも醍醐味ですからね。

ベースステーションに着いたのが、午前11時前。
リフトの4時間券は、11時を1分でも過ぎれば、おまけで15時30分までになってくるのを知っているので、
チケット売り場で時間調整。
で、おまけしてもらった4時間券を装着して、さっそくゲレンデに向かいます。
一応、最初は初級のリフトに乗って、お試しです。
IMG_3115.JPG
もう待ちきれん!この一杯のために!
IMG_3120.JPG

楽しい平日スキーの模様はまたあした。


タグ:スキー 塩原

1月29日スキー道中記その3「ゲレ食など」 [やると飲む]

1月29日スキー道中記その3「ゲレ食など」

きょうはアメフット全米ナンバー1を決める「スーパーボウル」の日、
毎年楽しみな式守錦太夫です。
この記事がアップされる頃には、きっと試合は終わっています。
ライブで見ることができないのですが、この結果を知ることなく、
録画してある放送を見るのが難しい。
ネットのヘッドラインには、すでに結果が出ているし、夕刊にも載っちゃう。
だから、貝のように情報鎖国にならないといけないのであります。


尾瀬岩鞍スキーリゾートでのスキーの道中記です。
午前中にしっかり滑ってきまして、正午近くにベースロッジに到着。
同行者の麻里子さま夫婦がさんざん通って根城にしているのがこちら。
IMG_3003.JPG
ここの一番いい座席をすでに、私たちのためにキープされていました。
やっぱりスキーに来たら、ビールですよね。
IMG_2957.JPG
瓶ビールが美味しいなあって、このあと10本近く乱立することに。
ロッジの方の、心づくしのおつまみの数々。
IMG_2961.JPG
結露でレンズが曇っているのはご愛嬌。
まいうーの極致、キムチです。
IMG_2973.JPG
もはや完全な宴会(爆)
IMG_2979改.jpg

ここからの眺めでは、ジャンプ台も見える。
IMG_2965.JPG
O氏発注のシンプルなラーメン。
IMG_2982.JPG
麻里子さまは親子丼。
IMG_2985.JPG

リフト券は午前券を買っているので、13時までは滑れるんだけど、
すでにこの時点で、みんなこれ以上滑る気なし。
でも、幹事のO氏と私は「あと少し、滑ろうよ」。
1971年生まれチームの私たち、残り20分という中でなお貪欲に滑りに行きます。
ロッジの外から、室内を撮影したら、こんなふうに撮れた。
曇りガラスに反射した、私の雄姿であります。
IMG_2988.JPG

Oさんと連れだって、ペアリフトに乗る。
「やっぱりいいねえ、スキーって」。
いつもいろいろ気を遣って心配をしてくれるOさんと、最後の2本を滑ったのが、
なんか一番、楽しかったなあって思いました。
もちろん、この日のどこを切り取っても楽しかったのですが、
しみじみと、スキーを楽しめたのが、最後の瞬間だったかな。
IMG_2938.JPG

午前券は13時まで、だからこの2本でこの日滑るのは終了です。
ロッジに戻って、私も食事にしましょう。
実はあと2本って出る時に、麻里子さまに「食事頼んどいて」と丸投げしたら、
こんなアイテムをチョイスしてくれました。
IMG_2996.JPG
月見うどんです。
奥のお人形は、ロッジに置いてあったもの。
ちなみにお釣りは、お人形の股間の下にありました(バカ)
これをかっ込む私、不意に「消防うどんを食べる光景」になってしまいました。
IMG_2999.JPG
消防の現場では、麺類を食することが多いんです。

ちなみにこの月見うどんの、たまごを突き崩してかき混ぜていたところ、
麻里子さまをはじめとする面々から「なんて食べ方だ!」と、批判の嵐。
私は元々、月見を食さなくて、たまごはとじちゃってある方が好き。
ところが、そういう突き崩す食べ方は邪道なんですって。
そうなんだ、知らなかった・・。

13時30分ごろになりまして、さあ私たちはもう帰りましょう。
お世話になったロッジの座席は、飛ぶ鳥はあとを濁さずの精神で、原状復帰。
隣に座っていた、スキー場の関係者さんたちと思われる皆さんから、
「そのウェアって・・、消防服ですよね」と声をかけられまして、
「はーい」って答えておきました。
やっぱり向こうもかなり気になっていたみたい(笑)

午後になって少しだけ曇ってきたゲレンデ。
IMG_3007.JPG
車に戻って、みんなお着替え。
恒例、麻里子の生着替えを激写する式守。
IMG_3010.JPG
――とここまではお元気さんでした。

さあ、ここからの帰りの道中ですが、これがめでたく、
車に乗ってものの10分もしないうちにこれまた爆睡。
あげく、途中で2ヶ所くらい休憩をしたらしいのですが、
まったく起きずに、目が覚めたら埼玉でした(爆)
本当に運転手には申し訳ない!
とにかく往復の車中で、5時間以上も睡眠をとっていたなんて、口が裂けても言えません。
(って言ってるじゃん)

さあ、これでスキーは終わりだと思ったら大間違い。
すべからく呑兵衛のツアーですので、このあと打ち上げがあるのです。
その模様は、あすのワカコ酒をはさんで明後日。



タグ:スキー
前の10件 | - やると飲む ブログトップ