So-net無料ブログ作成
検索選択

6月10日その2、お寿司屋さんでシメるはずが・・ 大宮 [飲む]

6月10日その2、お寿司屋さんでシメるはずが・・ 大宮

どうやら今日は梅雨らしい天気になりそうな予感の式守錦太夫です。
梅雨寒、そして雨降りというのは、これもオツなものです。
ただし世間の皆さんはお給料前のカツカツ時期ゆえ、
街の酒場は静かだろうな。
ということで、できたら遅めの時間でも、出撃したいなと思っているのは、記事執筆中の前日の希望。
さてどうなることやら。

なお先々週の話で恐縮です。
プラネタリウムの会議、そして和食屋さんでラムチョップを食べてからの流れ。
時間的にまだ1時間強は飲めそうな雰囲気。
少しだけ、繁華街を歩いて店の改廃をチェックした後、やっぱり最後のサク飲みはお寿司屋さん。
こちらはかなり久々の、東鮨さんであります。

この日は日本酒を飲んでいなかったので、いきなりぬる燗。
そして、アテにシメサバを切ってもらいました。
IMG_5194.JPG
サバは少しシメがきつめ。
梅雨時期は魚の足も速いし、なにより最近は虫関連もありますからね。

隣のお客さん、どうやら建築関連のお仕事のよう。
このあと、女性が接遇するお店に行くらしく、桶でお寿司をご注文。
豪勢に8000円分を盛り込んでくれと頼んでいました。
ひとかかえもする桶を準備し、さあ握り出すかというときになって、
「お金が足りない、もう少し安くならない?」とまさかのここで値切り出す。
結局、コンビニに急きょお金をおろしに行くことになっていたようであります。

そんな下世話な話はさておき、巻物。
IMG_5196.JPG
これもおつまみ、そしてお茶ハイを頂きます。

さっきのお客さんを送り出した大将とここで世間話。
そろそろシンコのシーズンですねという話から、まだまだ高いし小さいしで、
もうちょっとたたないと、うちあたりじゃ入荷できないとのこと。
じゃあ、その話つながりで小肌
そして、目の前にウニの箱があっちゃ、回避できるはずもなくウニ。
IMG_5197.JPG
「お客さん、カメラを持っているなら、私もカッコよく撮ってね」とニヤリ顔で。
事前に写真の許可を取っているので安心ですが、
こう言って、冗談バナシのように受けてくれると、こちらも写真を撮っていてホッとします。
結局、コワモテ大将の写真は撮らず仕舞い。

最後にアガリを頂いて、この日はこれでおしまい。
ごちそうさまでした。

終わりと言ったのに、カメラのデータを見るとこのあと、こんな写真が・・。
IMG_5200.JPG
天一のコッテリラーメンを食して帰ったようです。
(他人事のように書いていますが、記憶はしっかりあります)
要は、この辺から暴飲暴食の限りが始まり、ダイエットがとん挫している頃(汗)




タグ:大宮
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

6月10日、和食屋さんのラムチョップ 大宮 [飲む]

6月10日(土)、和食屋さんのラムチョップ 大宮

昨日も今日も、仕事遅番の式守錦太夫です。
私の奇数月は忙しくなるパターンが、今月はどうやら前倒しになりそうな予感。
今週あたりから少しづつ、忙しさが出てきそうです。
でもこれは良い兆候。
7月は中旬から後半が予定立て込みなので、前倒しできるのはありがたいです。
6月ゆったりは先週まで、まあその先週はいろいろ出費もかさんだし、
今月はもう、おとなしくしている月間にしましょう。

2週ほど前の話で恐縮です。
この日は仕事を少しだけ早めに終わらせて、大宮でプラネタリウムの会議。
持ち回りで会議の議長をやる日に当たっていました。
議事案を作ったりといった事前準備と、当日の議事の仕切り。
いつもだと静かに会議に出ている私が、声を張り上げなければなりません。
代表の今年生まれた赤ちゃんがこの日、初お披露目。
お姉ちゃんになった、もうすぐ三歳のYちゃんもよりおしゃまになって登場。
議長じゃなければ、目一杯遊んでいられるんだけど、そうもいかずに心を鬼にして仕切りました。

2時間を超える会議で、喉もカラカラに。
この日はホールに入ってのプラネタリウム操作実習ができないので、ここでお開きです。
仕事場に戻るはずで改札にまで入ったんだけど、そこでメールを見たら回避できそうとのこと。
珍しく、大宮で20時過ぎ、時間があきました。
ということで喜び勇んで、和食のさくまさんに久々の訪店であります。

お店に入ると、奥の座敷も手前のテーブルも、完全に満卓。
カウンターのお客さん、おそらく同伴出勤っぽいけど、
ちょうど「ご出勤」のようで、入れ違いで入ることができました。
家族総出でお店をまわしていますが、お忙しい様子。
ちゃちゃっと注文をしちゃいましょう。

まずはビールと茶豆。
IMG_5188.JPG
カツオの美味しい時期になりましたね。
IMG_5190.JPG

手間を取らせたくないとき用に、焼酎のボトルを入れてあるのですが、残りが少なくなってきた。
よし、今日はこれを飲み切って、次のボトルを入れておきましょう。
梅干しを落としてのサワーに変更です。

お品書きに見慣れないというか、おそらく初めてのアイテムがありました。
こちらに通って10年以上になりますが、見たことありません。
ラムチョップという文字。
大将に聞くと「おつき合いで買ってきたので」とのこと。
じゃあ、せっかくのアイテムですから、頼んじゃいましょう。
IMG_5192.JPG
和食屋さんのラムチョップは、なんかとても上品であります。
シンプルに塩と胡椒で味付け、生野菜が一緒に盛られてきました。
梅干しサワーに実に合う一品です。

奥の座敷のお客さんは、年に一回の長時間宴会の方々らしく、
この日は16時から始まり、21時を過ぎてもまだ宴席が続いていました。
ちなみに、皆さん会社をリタイアした人たちで、
早くに来た人は15時30分にもう入ってきちゃったんだって。
「今日は一日が長くて」と、多少ぼやき気味の大将。
お疲れさまでした。

私はまだ帰るには時間があるので、もう一軒行くことにしましょう。
その模様はまたあした。




タグ:大宮
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

6月8日、ワカコ酒の注文通りに頼んでみた [飲む]

6月8日(木)、ワカコ酒の注文通りに頼んでみた

きょうと明日は遅番の式守錦太夫です。
本当はきょう、東京ドームでアメフットの春の試合の決勝「パールボウル」があるのですが、
残念ながら見に行くことができません。
ハーフタイムショーには、なぜかデーモン小暮閣下が出るとのことで、
アメフット界(全米も含み)で初の、悪魔によるハーフタイムショーという売り込み。
それだけでも見たかったなあ。

2週間も前の話で恐縮ですが、今日の記事はそんな日の話。
短時間のサラリ飲みなので、記事の分量も少なくて申し訳ありません。

仕事が遅番だったので、出撃するのもできないので、遅くまでやっている近所の食堂へ。
ちなみに前の週のワカコ酒が、目玉焼きでビールを飲む話だったのであります。
私もあまり、目玉焼きって外で食べるものではないような気がするのですが、
ワカコも食べていたことだし、このチョイスを試してみましょう。

目玉焼き定食や、ハムエッグ定食などもあるお店ですので、
単品で目玉焼きを頼み、それと一緒にビールを注文しました。
しばしのち、ココロ躍るようなアイテムがトレーに並びます。
IMG_5179.JPG
複眼でしたね、そしてサラダも一緒に。

ワカコ同様、まずは半熟黄身を崩して、白身と一緒になにもかけずにまずパクリ。
IMG_5181.JPG
やっぱり空腹は最高の調味料です。
このシンプルなものに対して、心おきなく美味しいと言える状況はステキです。
次に塩を振って、二口目。
お醤油をちょこっと垂らして三口目。
車窓から見える景色が変わるように、ちょこっとした施しでまるで別の食べ物。
ビールが美味しい!

このままじゃビールが無くなっちゃうよと、青りんごサワー。
IMG_5183.JPG
ちなみにワカコは麦焼酎の水割りを頼んでいましたけど、私は違うのにしちゃいました。

よし、ここまできたならよりワカコのチョイスに忠実に。
ということで、しょうが焼き。
IMG_5184.JPG
でも私の場合、これが夕ご飯替わりなので、単品じゃなくて定食に。
油揚げとネギのお味噌汁に、お新香がぺらっと。
豚肉をショウガソースに漬けこんで焼いたと思われる、しょうが焼き。
IMG_5186.JPG
少し辛めの味付けに、ケミカルな青りんごサワーのコンクの味が実に合います。
そうそう、こういう市井の味同士がいいんだよね。
このしょうが焼きにロマネコンティとか、
青りんごサワーに牛フィレ肉のロッシーニ風とかじゃダメでしょ。

パクパクむしゃむしゃと、小一時間の貴重な晩餐。
他のお客さんもいなくなってしまい、そこでラストオーダー。
ごちそうさまでしたと帰ってきました。

ヤバい、食堂飲みが最近クセになってしまいそうな感じであります。


nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

6月6日その3、いけないとは思いつつの〆の麺は・・ 八丁堀 [飲む]

6月6日その3、いけないとは思いつつの〆の麺は・・ 八丁堀

梅雨時期になると、なぜか上野動物園に行きたくなる式守錦太夫です。
上野はにわかのパンダ特需に沸いていますね。
パンダの赤ちゃんのことはなお静かに、見守っていきたいなと思いつつ、
でも機会を見つけて上野散策をしたいです。
そう言えば昨年の梅雨時期は、動物園に行こうと思ったら雨が降ってきちゃって、
東京国立博物館にしたんだよね。

きょうは夜から、大宮でプラネタリウムの技術講習です。
この4月にリニューアルした、最新型の8K施設を、劇場の係員さんに直接教えてもらえる日。
どうやら9月投影会は、私もほんの少しですが、操作をすることになりそうな予感。
新しい機器ですので、オートマ化されているのですが、いかんせん仕組みがまだわかっていないのです。
日中の仕事を終えてから、教わりに行ってきます。

なおしつこく、先週の火曜日の話。
ニューカヤバで立ち飲み、酒じゃらしで日本酒と正対してからの流れです。

大型連休ごろから続けている、1日1000キロカロリーのダイエットは現在も継続中。
基本的に飲酒時はリミッター解除なのですが、この日は朝からほぼなにも食事をとらず、
立ち飲みなどを繰り広げてきました。
つまり、2軒ハシゴをして、最後の最後に「お腹すいた~」っていう事態(笑)

こういうときに、食べちゃいけないんだよなと思いつつ、
悪魔のささやきは「飲酒時はリミッター解除」ということ(爆)
ついフラフラと、目で麺類の看板を探してしまいました。

八丁堀の交差点に、間口2軒ほどのいい雰囲気の中華屋さん。
年季の入ったたたずまいは、きっとこの街でさまざまなサラリーマンさんの小腹を満たしてきたのでしょう。
IMG_5154.JPG
伸来軒さん、吸い込まれるように入ってみました。
細長いカウンターだけのお店、中には初老の大将だけ。
お客さんはいなくて、テレビではバラエティ番組が流れていました。

まずは紹興酒から。
IMG_5157.JPG
この日はビールもお酒も結構飲んじゃったけど、紹興酒は別腹です。

でも、このあとの注文で出てきたものに愕然。
なぜか半ラーメンチャーハンセットを頼んでいるのはまあご愛嬌ですが、
(飲んだあとにシャリを食べちゃなおいけないのですが・・)
その分量が――。

まずはチャーハン。
IMG_5159.JPG
盛りが良すぎるような気がしてなりません(笑)

で、ラーメンは普通の東京ラーメンを想像していたんだけど・・。
IMG_5161.JPG
かなりのコッテリ系でありまして、味が濃い。

つまり、〆の麺のはずが、こんな事態に。
IMG_5163.JPG
やり過ぎでしょ!

ここで、まだ20代くらいの女性が一人で訪店。
慣れたように、カウンターの奥に座り、大将とだべりながらビールを飲んでいる。
お水系なのか、仕事帰りのOLさんなのか、どっちにも受け取れる雰囲気。
こうして、この街に溶け込んでいるお店が長く営んでいる片りんを垣間見ました。
チャーハンは完食しましたが、麺は残しちゃった。
っていうか美味しいんだけど味が濃すぎでした。
今度はキチンと食事として来ることにしましょう。

駅でふとトイレに入ったら、なぜかその個室で寝落ち(爆)
多分、30分くらい完全に寝ちゃった。
やはり連日の飲み歩き、そして不規則な生活で、ふと疲労が出ちゃったのかな。
でもそこで寝落ちしたおかげでしゃんとして、そのまま帰宅。
さすがにこのあと食後酒は飲みませんでしたけどね。

週初めにしては、なかなか豪快な日々でした。




タグ:八丁堀
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

6月6日その2、日本酒を旨くする酒場 八丁堀 [飲む]

6月6日その2、日本酒を旨くする酒場 八丁堀

世間はきょう15日、年金支給日であります。
式守錦太夫は、今日は夕方前に仕事を終え、横浜スタジアムに行く予定です。
プロ野球交流戦の、横浜DeNAベイスターズと千葉ロッテマリーンズの試合を、
「3塁側で」(ここ大事!)見てきます。
どうやら天気も大丈夫そうですが、なにせ我が千葉ロッテはチーム事情が・・。
そんな私の取って数年ぶりの千葉ロッテ応援を、崎陽軒のシュウマイと一緒にね。
その模様は、けっこうネタが豊富なので、再来週くらいになっちゃうかも。

ニューカヤバでアペリティフをかましましたが、なにせこの日は昨日も書いたように、
本当に行きたいお店に振られてしまったので、ノープラン。
でも、ぜひ再訪したいお店があったので、八丁堀方面に歩いていきました。

古民家をリノベして作られた、日本酒を美味しく出すための名店があります。
「酒じゃらし」さん、たぶん記憶が定かなら、昨年の早い時期に寄らせてもらったので、
1年半ぶりかと。
IMG_5139.JPG
淡い光が、夕方の路地に心地いいですね。
IMG_5140.JPG
靴を脱いで上がる、2階の座敷は主にグループのお客さん。
土間のようなところには厨房と、それを囲むようにせいぜい10名が座るカウンター。
私は当然カウンター。
薄暗い店内が、心を落ち着かせてくれます。
まずは生ビール、お通しは玉子豆腐に酒盗乗せであります。
IMG_5142.JPG

そういえば昨年の訪店時は、別のお店で結構しっかり食べてきちゃったので頼めなかったのですが、
今回は頼めそう。
八寸の盛り合わせというのがあって、いつも数種類用意されている八寸を5種、
おまかせで用意してくれるのです。
前回、別のお客さんが頼んでいて、これ絶対にいい!って同行者がつぶやいていたもの。
その後、同行者は単独で訪店し、その写真を送りつけてきました。
悔しかったので、今回は私が発注!
IMG_5143.JPG
ミョウガの味噌和え、玉こんにゃくとつぶ貝、天豆、あじの南蛮漬け、煮こごり――。
ね、もはやこれだけで十分です!

目の前にある湯せん器で、お酒は温めてくれますので、これはぬる燗にしましょう。
まずは白菊。
IMG_5146.JPG
正一合、「はかま」を履いて凛々しいお銚子。
山梨のお酒、漢字が難しいから変換できないけど、「しゅんのうてん」って言います。
IMG_5147.JPG
なかなかのいい男のまだ若い大将が、丁寧な仕事ぶりを目の前でしているので、
つい、シメサバを注文。
IMG_5149.JPG
ぬる燗は、クールビューティの女将さんがつけてくれる。
見た目の涼しげな雰囲気とは違って、しゃべるとこれまた丁寧な人です。

あと一杯は、東京の地酒「喜正」に、酒飲みはみんな好き!のだし巻き玉子。
IMG_5150.JPG
ライトダウンをしてある店内では、お酒と正対できるので、
なんかお酒と会話しているような感覚に陥ります。
他のお客さんも控えめなトーンなので、もの静か。
湯島のシンスケさんを思い出しました。

3杯目を頼んだ時に、すっと女将さんが出した、氷なしのやわらぎ水。
見た目にそんなに酔っていたのかなと、ちょこっと思いましたが、
周囲を見るとどのお客さんにも出しているみたい。
はあ、良かったと思いつつ、ニューカヤバから結構な酒量になっているな。
そろそろおいとましましょう。

この日はまだこれで終わりません(爆)
帰りしなに、やっちゃいけないあと1軒があるの。
その模様は、あすのワカコ酒をはさんで土曜日に。

タグ:八丁堀
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

6月6日、明るい時間のニューカヤバ! 茅場町 [飲む]

6月6日(火)、明るい時間のニューカヤバ! 茅場町

きのうはまさに梅雨寒といった1日でした。
体調などはいかがでしょうか、式守錦太夫です。
きょうからまた暖かくなるようですが、ジメジメしなければいいのですけどね。
きょうは、隔月に遊びに来る指圧師の親戚が、私の身体に施術をしに来る日。
久々に甥っ子たちにも会えると思います。


きょうの記事は先週の火曜日の話。
前の日、みの家さんで桜鍋を堪能した翌日であります。

週の前半が最近はゆったりできる日になっているので、この日も仕事は昼過ぎに終了。
午後から時間もあき、少し早目ではありますが出撃することにしました。
最初の狙いは、先日のアド街「神田岩本町」で上位にランキングされた、
ハマグリ鍋でも食べましょうと思い、小伝馬町から歩いてお店に到着。
こちらは17時開店とのことで、勢い少し早目に到着し、周囲を散策。
時間になったので行ってみると、夜は2人からしか受けていないんですって・・。
ザンネン、今度だれかを誘って再訪してみましょう。

ということで、いきなりノープランになってしまったので、
こういうときは日ごろなかなか行けないお店を、自分のストックから引っ張り出すことにします。
日比谷線ということでじゃあ茅場町の立ち飲みの聖地とも言われるアソコかな。

まだ17時過ぎ、そして太陽がまだ高いところにある背徳感こそ、飲酒の貴重な調味料です。
そんな中、まだ時間的にはひっそりと営業中は、ニューカヤバさん。
IMG_5126.JPG
ひとんちの車庫の奥にお店があるという、カオス感がたまりません。
いつもはサラリーマンでごった返している店内は、まだあまりに早くてお客さんは3人。
それも各自がばらばらと、お店の中で別の場所で思い思いの飲み方をしています。
まずは赤星の大びん、そして冷奴。
IMG_5127.JPG
キャッシュオンなので、小銭をテーブルに積んでおきましょう。

お客さんがまばらゆえ、店内を結構堂々と写真撮れました。
こちらのなんといってもの魅力は、100円で出てくるお酒の自販機の数々。
IMG_5129.JPG
IMG_5130.JPG
以前あった、昔のボウリング場に置いてあったコーラの瓶の自販機は、さすがに撤去され、
ダイエットコークのスタイリッシュな冷蔵庫に変わっていました。
お客さんはここから、自分の飲みたいお酒を買い、
氷などを自分でくべてカスタマイズして飲むのです。
だからそんな、オトナのおままごとができる楽しいお店。

こっち側には、ケースに冷えた赤星や乾きもの、テーブルの上にはひと手間かかったフードが。
IMG_5131.JPG
ちょこっとつっけんどんな大女将が元気に店番をしていました。

こちらのもう一つの名物、自分で焼くスタイルの焼き鳥。
これまたふだんは、サラリーマンさんで埋め尽くされている焼き台が、まだこれだけ。
IMG_5133.JPG
自分もせっかくだから、焼くことにしましょう。
鳥とつくね、各100円を購入し、焼き台の端っこにちょこっと乗せて、
あとは数分ごとに見に行けばよろしい。
タレに数回浸して、自分スタイルの焼き鳥の完成。
IMG_5132.JPG

キンミヤ焼酎の自販機、こんなのが家にあったら、完全にダメ人間になります。
IMG_5136.JPG
ここで焼酎を買って、レモンの割り材も別途買って、氷でレモンサワー
アテにはマカロニサラダ。
IMG_5135.JPG
サワーは2杯分作ることができました。

ビールとお酒2杯サワー2杯、フード2つと焼き鳥2本で1650円。
テレビの夕方ニュースを見ながら約1時間、ゆったりと。
だんだん、お客さんが多くなってきましたので、テーブル席をお譲りしてきました。

さあ、まだ外は明るいので、アペリティフも終わりこれから、じっくり飲むことにしましょう。
その続きはまたあした。

※注意 ニューカヤバさんは女性だけでは入店できません、男性にエスコートしてもらえばOK

タグ:茅場町
nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

6月5日その3、桜鍋の老舗で、理事長と関取にも遭遇 森下 [飲む]

6月5日その3、桜鍋の老舗で、理事長と関取にも遭遇 森下

梅雨入りしたのに雨が降りませんでしたが、きょうはどうやら、梅雨らしくなりそうですね。
式守錦太夫は、きのう今日と比較的自由な時間を過ごしているものと思われます。
あすからは予定が立て込みます。

渋谷でアペリティフをかましてから、地下鉄を乗り継ぎ、森下へ。
ここで飲み仲間と合流して、今宵は桜鍋をしっぽりと頂く日にしたいと思っています。
お互い何度か、狙いのお店は来たことあるのですが、一緒に来るのは初めて。
数年前に一緒に行く約束をしたんだけど、急な体調不良で行けずに、
そのままずっと延期状態でありました。
だからこの日は数年越しの約束成就ということで、老舗の名店「みの家」さん。
IMG_5106.JPG

下足番の方に履物を預け、入れ込み式の店内に入ると、
この日は平日だしまだ時間も早いしで、数組しかお客さんがいらっしゃいませんでした。

――しかし、奥まった場所に、やたら図体の大きなお客さんが。
同行者が震える声で「ねえ、見て!八角さん」
そうです、よくよく見ると、日本相撲協会の現・理事長の八角親方。
横にいるのは、和装にまげを蓄えた、隠岐の海関。
どうやら、懇意の新聞記者との取材兼食事に来ているようであります。
私たちは、その理事長席のすぐそばに案内されました。

日ごろ、相撲雑誌を持ち歩いているので、声をかけてサインでも頼めたのですが、
まあいくら公人とはいえこの日はオフですので、
声をかけるのも、写真を撮るのも自重しました。
ちなみに、20分後くらいに八角さんたちはお帰りになりましたが、
その際に横を通る隠岐の海関に「関取、お疲れさまでした」と声をかけたら、
笑って「どうも~」って言いながら帰られました。
これくらいの距離感で接するのが、礼儀かなと思いました。

さあ、みの家さんを堪能しましょう。
まずは馬刺し、下足札と一緒にパシャッと。
IMG_5108.JPG
みの家さんはスーパードライです。
そして、こちらの隠れた名物、玉子焼き
IMG_5111.JPG
馬刺しと玉子焼き、そしてビールとぬる燗があれば、もはや怖いものなし。
ちょうどこの時間、坪庭から見える空が暗くなってきて、ゴロゴロと雷鳴がとどろき、
バケツをひっくり返したかのような雨が降ってきたんだけど、私たちは全然関係なし。
楽しい飲食の時間であります。

さあ、桜鍋を頼みましょう。
お店の方が火を入れてくれます。
IMG_5113.JPG
年季の入った鍋。
IMG_5116.JPG
甘いお味噌を溶きながら、煮えるのを待つ時間はいいですね。
IMG_5115.JPG

お麩やおネギ、白滝も投入しました。
IMG_5120.JPG
お麩が、タレを存分に吸いこみ、得も知れない美味になっています。
遅食の私、このままだと肉が固くなってしまいそうなので、ここで退避(笑)
IMG_5125.JPG
追加注文した、エノキと豆腐で、しばし箸休め。
IMG_5122.JPG
お銚子がどんどんあく、これは酒飲み垂涎のキラーコンテンツですね。

八角理事長がいたことから、大相撲の話にはじまり、さっき見に行ったラブドール展のことや、
その他雑多な事象まで、ありとあらゆるくだらない話を盛り込み、
結局、3時間もの長時間飲みで、最後にビールをもう一本もらいました。
最後は白飯とお椀っていうのもありなんだけど、
酒飲みらしく最後までアルコールのアテとしての桜鍋でしたね。

外に出たら、土砂降りだったのは嘘のように、月まで出ていた。
そして、日中は暑いくらいだったのが、これまたそよそよと涼しい風が。
初夏というよりも、秋のような心地よさでありました。
そしてこのまま、洋酒を飲みに立ち寄りまして、めでたく終電まで。
桜鍋を堪能した夜でありました。

でも八角理事長、ジーパンに野球帽子といういでたちだったんで、
よりいっそう「三瓶です」に似ていたな(笑)



タグ:森下
nice!(8)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

6月5日その2、アペリティフで串焼き 渋谷 [飲む]

6月5日その2、アペリティフで串焼き 渋谷

新しい1週間の始まりです、式守錦太夫です。
今週は結構予定が詰まっています。
水曜日は親戚が来るので歓待する日、木曜日は横浜に行く予定。
金曜日は仕事遅番で、土曜日はプラネタリウムの講習会。
で、日曜日は浅草で風流な企画に参加します。
そしておそらく、3ヶ月弱ほど続いた夜勤は今週でおそらく終了の予定。
なお不規則な日々は続きますが、とりあえず夜勤卒業記念です。

きょうの記事は、渋谷アツコバルーでのオリエント工業40周年記念展を見た後の話。
この日は場所を変えて、桜鍋を食べる予定にしていたんだけど、
渋谷で1時間弱、時間がエアポケットのようにあきました。
じゃあ、アペリティフがわりに飲んじゃうことにしましょう。

当初は御徒町にでも行こうかなと思っていましたが、時間的にはギリ。
だったら、この渋谷で飲みましょうかね。
気になるお店は数軒あれど、限られた時間とアペリティフという位置づけ的には、
行き慣れたお店でサクッとするのに限ります。
ということで、串焼きの有名店、鳥竹さんへ。
いつもは行列覚悟ですが、この日はまだ早い(なにせ16時ごろ)だから、
お客さんの数もまばら。

まずは赤星、お通しはひじきであります。
IMG_5099.JPG
早い時間だから、うなぎのカブトでもあるかなと思ったら、やっぱりないとのこと。
じゃあ手軽にうざく。
IMG_5101.JPG

この時間に来るお客さんは皆さん、よく来ている人たちばかりのよう。
あとから来たおっちゃん、最初にカウンターに陣取ったんだけど、すぐにテーブルに移り、
また別のカウンターという具合に、場所をどんどん変えている。
なんだろうと思ったら、お店の女将さんに「どこに座っても寒いな」
そうです、この日は少し暑いくらいの気温だったのですが、お店の中の冷房が効きすぎていたのです。
私も寒いなと思い、持参していたシャツを着こんだくらいだもの。
すると、他のお客さんからも一斉に「うん、寒いよ」との合唱。
おかみさんが「そう?じゃあ少し温度を上げようか」と言って、壁面の端末をイジっていました。
少し暖かくなってきた。

せっかくだから、串ものを頼みましょう。
こちらはポーションが大きいので有名だから、せいぜい2本でいいや。
胸肉はタレで、ささみは塩でお願いします。
IMG_5103.JPG
実はこの日、これが一食目ということでしたが、美味なる肉をほおばりました。
まだ時間が許されるなあと、日本酒をぬる燗で一合。
ちゃちゃっと、40分ほどでのアペリティフは終了であります。

なにが嬉しいって、外に出てもまだ太陽が高い位置にあること。
この背徳感たるや、なにものにも代えられません。
そしてここから、なお電車を乗り継ぎ、森下に向かいます。
その模様はまたあした。

タグ:渋谷
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

6月3日、サクッと週末地元飲み 春日部 [飲む]

6月3日(土)、サクッと週末地元飲み 春日部

どうやら夏日になりそうな週末であります。
式守錦太夫です、きょうは月イチのプラネタリウムの会議の日です。
持ち回りでだいたい年に一回の割合で回ってくる、会議の議長をやります。
落ち着いた日を送れそうな6月が担当で良かったな。

きょうの記事は先週の同じ土曜日のことです。
この日は仕事2セットで、21時ごろに仕事を終えました。
(どうやらそのあとトラブったらしく、そのあとの担当者は26時までになっちゃったみたい)
そんなこととはつゆ知らず、地元で飲みましょう。

春日部の大衆酒場あさひさん、土曜日しかいない店員さんに会いに(笑)
いつもマスク姿でしたが、この日はメイクバッチリのようでマスクを外していました。
しかし、こちらの週末は相変わらず混んでいますな。
カウンターにあいている席は2個くらいしかなかった。

まずはいつものように赤星
そしてこの日の「おばんざい」は最後の1つ
IMG_5020.JPG
酢豚ならぬ「酢鶏」
これはこれでアリです、美味。

ショーケースがわりの冷蔵庫に入っているのから、なんでもいいから2つくださいって言ったら、
セロリの浅漬けとマカサラが出てきた。
IMG_5022.JPG
定番の安定した味。

こちらのポテトフライは、ラーメンの湯切りかよと思えるほどの、徹底した油切りを行うので、
ゆったり食べていてもふにゃっとヘタらない凄みがあります。
IMG_5021.JPG
写真で伝わるかな?

いつものように日本酒も2本同時にもらって、こちらは終了。
テレビでは、ローランギャロスでの全仏をやっていました。
テニスを見ながらの飲みもいいね、インターバルがあるから。

そして、ちょこっと間隔があいてしまった串焼きの彩鳥さん
土曜日なんで入れるかなと思ったら、カウンターの隅がかろうじてあいていました。

2軒目ゆえ、腹に溜まるものは食べられないなと、玉こんにゃくとビールから。
IMG_5023.JPG
この日は大将が焼き場にいたので、せっかくだから串ものも頼みましょう。
ささみの梅肉乗せ。
IMG_5026.JPG

さあ、日本酒でも飲もうかなと思ったら、焼き場にいた大将が若い従業員にまかせて、
私の横にぺこりと座っちゃった。
週の終わりで遅い時間、どうやらスタミナ切れらしく、あとは若い者に任せると宣言。
じゃあ大将、一緒に飲みましょうと、ビールでお付き合い始めます。

そこに、何度かお会いしたことのある、以前こちらで働いていた女性がふらっと。
なんでも、この日は娘さんの結婚前の両家顔見せ会だったんだって。
相手の男性もいい子で、結婚は大賛成だったんだけど、
いざこの日を迎えると心境が複雑になってしまったらしい。
やっぱり娘さんが嫁いでしまうことに、少なからず「取られちゃう」って思ったようです。
話をしながら、ぽろぽろ涙をこぼしている。
それを聞く大将は、さすがにオトナだねえ、ステキな合いの手を入れている。
で、私はなぜか、もらい泣き(爆)
ダメなんだよ、最近は飲んじゃうと涙もろくって・・。

とそうこう言っているうちに、最後のお客さんが帰って、閉店。
じゃあみんなで一緒に飲もうという大将の音頭に乗ってしまい、閉店後の宴席です。
この日はまかないもないので、若い子たちにご飯を食べさせるんだと、近くのファミマでいろいろ購入。
なんだ、この輪切りのトウモロコシは(笑)
IMG_5027.JPG
このトウモロコシの食べ方をめぐって大論争になりまして、
かぶりつく派と、一列づつそいでいく派で激論。
私は――AB型特有の緻密さで、そいでいく派に決まっていますよ♪

日本酒もいろいろ登場し、遅くまでの酒宴でありました。
少しだけだけど大将と同級生だった亡き父の話題も出たから、供養にもなったんじゃないかな。

サクッと飲むつもりで、結局こうなっちゃったのが、地元のいいんだか悪いんだかのことです。
大将いろいろごちそうさまです。


タグ:春日部
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

6月1日、身近な食堂飲みでの晩酌 [飲む]

6月1日(木)、身近な食堂飲みでの晩酌

梅雨入りをしたというのに、やっと6月の記事になりました。
今週は週明けから、酒場放浪の旅にいそしんだ式守錦太夫です。
渋谷の焼き鳥の名店、森下の桜鍋屋、茅場町の立ち飲みの聖地、
八丁堀の古民家隠れ家のお店、そして〆の汚なシュラン的な中華――。
豪華絢爛の酒場放浪と、そして芸術も忘れていませんよ。
なんと禁断の、ラブドールの展覧会にも足を踏み入れてきました。
週末あたりから、一挙公開としたいと思います。

6月に入ったこの日、仕事は22時までの予定。
そのあとの週末はそんなに忙しくはないけれど、拘束される時間が長く、出撃は難しそう。
ということで、仕事終わりに、近所の食堂的なお店に行って、夕ご飯といっしょに晩酌だー。
いこい食堂という、どうってことのないお店ですが、0時近くまであいています。

まずは定番、煮込みと瓶ビールから。
IMG_5013.JPG
ビールはキリンラガーの大びん。
煮込みには刻みネギがたっぷり。
それとは別に、酒類を頼むと一緒に供される豆菓子。
この日は柿ピーでした。

テーブルにカウンターに座敷を合わせると、70人くらいは入れちゃう大バコのお店。
平日の遅い時間ということで、お客さんはまばら。
隣の建築関連風のおっちゃんは、ラーメンを前にずっと雑誌を読んでいる。
奥の座敷には、仕事終わりのサラリーマンさんが数名、静かに宴席を囲んでいる。
別の座敷は、熟年カップルがしっぽりと、アルコールを飲んでいる。
店に流れるテレビの音声以外は、ほとんど音のしない店内。
1日のクローズに向けて、こういう静かな時間は案外キライじゃありません。

こちらに来る前から、この日の夕ご飯としてチョイスする定食は、
日替わりの「スペシャル」と呼ばれるものにしようと心に誓っておりました。
チーズ定食とかじゃなければ、基本的に受け入れるつもり(笑)
いつもは、肉野菜定食とか、レバニラとか、焼き魚定食のようにオーソドックスなものが多いのですが、
この日はちょこっと驚いた!

「きょうのスペシャル」と書かれた黒板には、大きな文字で、
「ハンバーグ定食 目玉焼き乗せ 950円」とありました。

洋のメニューだ、それもハンバーグ・・。
お品書きを見ると、通常にハンバーグ定食はあるんだけど、価格は910円。
目玉焼きを乗せて、40円しか高くしていないから、それがこのスペシャルの意味なのね。
というわけで発注。

しばしのち、こんな感じのが供されました。
IMG_5016.JPG
ガテン系のお客さんが多いからか、ご飯は山盛り。
お味噌汁の具は油揚げ。
申し訳なさそうに、きゅうりとたくあんのお漬け物。
で、メインディッシュのハンバーグ。
IMG_5017.JPG
これがなかなかどうして、それなりに美味。
ヘタな洋食屋さんよりもいいかもです。
たまごもキチンと半熟になっていて、つけあわせのサラダもいい感じ。

これだけの充実ぶりなら、もう一杯いただきましょう。
こういうお店ならではの、甘いサワーです、青りんごサワー。
IMG_5018.JPG
今のように生レモンとか生グレとかのように、天然果汁を使うサワーが出る前は、
この手のコンク系サワーが全てでした。
この異様に甘いサワーもまた、たまには飲みたくなる一品です。

ゆったり食べて飲んで、ものの一時間で、ラストオーダーとのこと。
楽しい時間でした。





nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理