So-net無料ブログ作成
検索選択

4月20日、地元で英気を養う2軒飲み 春日部 [飲む]

4月20日(木)、地元で英気を養う2軒飲み 春日部

来週は大型連休ですが、なにも予定がない式守錦太夫です。
例年そうですが、人も多いこの時期に、どこかに行こうという思想はなし。
夜になって近場で飲んでいればいいと思っていますが、こういう時期に限って、
やっているお店が少なくて困ったものです。
ということで、式守の予定はあいておりますので、
不意に飲みたいなあという輩は、どうぞお声がけ下さいませ。

記事の日である先週の木曜日は、かなり複雑な仕事の日程でして、
夜勤明けに長めの仮眠を取り、そのあとにミーティングやこなすべき仕事をやり、
中休みのあとに夕方からも仕事。
でも20時前には解放されました。
こういう日を大事にしたくて、地元飲み。
ダイニングバーのクーパーズさんに伺ってきました。

この週のあたまに、店休日をはさんで金沢に小旅行をしてきたというシェフたち。
私は旅行は趣味ではありませんが、他人の旅行話を聞くのは好きです。
お料理を供されるまで、いろいろみやげ話を伺ってきました。
現地で購入したという日本酒とスルメイカのくん製をゲット!
洋のお店なのに、こちらは完全に「和」モードであります。

生ビールを飲んでいましたら、ここのところよく遭遇する、文字の講座の講師O氏が、
息子クンと一緒に登場。
ここで、数日前の葛の字に関する記事の承諾を取ったというわけ。

今宵のフードはコンフィです。
IMG_3961.JPG
季節ごとに一回は食したいと思う、美味なるクーパーズさんの代表メニュー。
低温の油でゆっくりと揚げているので、揚げているというよりも油で煮ているかのよう。
ほろほろと肉が骨から外れ、むしゃむしゃと頂けるのであります。
赤ワインを飲みながら、楽しい時間。

ビール2杯、赤ワイン2杯に頂いた日本酒を1・5杯。
最後にはいつも、こちらのバーテンダー氏の一杯を振ってもらいます。
この日はダイキリ
IMG_3963.JPG
なかなか切れ味鋭い、稀有なダイキリが出てきました。

こちらのお店は22時クローズゆえ、もう一軒行きましょう。
講師のO氏も一緒に連れだって(息子クンは日本酒で撃沈)、
久々の串焼きの彩鳥さん
この日は大将が所用でお店におりませんでした。
任せられる従業員たちが豊富で、いいことです。

冷やしトマト。
IMG_3967.JPG
辛子レンコンさつま揚げ。
IMG_3969.JPG
焼きそら豆。
IMG_3971.JPG
串焼きも何本か頼んだんだけど、写真漏れています。

そのかわり、こんな写真があった(笑)
IMG_3974.JPG
結局、ここでも文字講座になっちゃったの絵。
この朱色の筆ペンは、なかなかいいなあと思ったのであります。
ステーショナリーグッズを誉めてどうする・・。

この日は木曜日の夜。
ここから週末はずっと仕事三昧なので、英気を養ってきました。


タグ:春日部
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

4月18日、豚ショウガピーマンと不寛容な社会 北千住 [飲む]

4月18日(火)、豚ショウガピーマンと不寛容な社会 北千住

配置を考えてそれを割り振り、いざというときなってその担当をバックレられたら、
さすがに頭にも来る式守錦太夫です。
そんなことが先週ありまして、心がすさんだ日々を送っていた頃の記事です。
(切り替えていきますよ、引きずってもしょうがないですものね)
(引きずるのは、ステキな女性との別れくらいです)

この日は夜勤明けで、午後からオフのはずだったのが、
そんなこんなで夕方も少しだけ仕事をすることに。
でも、結構早めに終わったので、こういう日は出かけちゃおうと北千住へ乗り込みました。

北千住ならばいつもの大はしさんなのですが、早めの到着だったので(といっても20時30分ごろ)、
アペリティフとして別のお店へ。
串揚げの天七さん、ここのステキなお客さんさばきを見に。

キス・若(若鶏)と豚ショウガピーマン。
KIMG2984.jpg
これらは2本づつ供されるので、1本を食べた後の写真。
食べかけの写真だとこんな感じ。
KIMG2983.jpg
ピーマンの肉詰めのような感じで、紅ショウガと豚肉が入っているのですが、
串に刺しても、そうそう上手にほおばれるものではなく、
お皿の上にぶちまけてしまい、それを串で拭うように食するの絵。
美味しいんだけど、見た目がイマイチであります。
ここではあまり飲むものに頓着せず、ビールと梅サワーでさっくりと。

そして大はしさん、いつものようにチャキチャキと供されて、チャキチャキと食してほぼラスト。
22時過ぎという感じでしょうか、さあ帰りましょう。

北千住の駅に着いたら、おや?駅に人が滞留している。
案内ボードには「春日部駅で人身事故」とのこと。
運行見合わせが続き、再開見込みは23時ごろと発表されています。
近くでは「振替輸送でゆっくり帰ろう」と言っている人もいる。
まあとにかくと思い、SUICAで入場してみたものの、
やっぱりダメそうなので、一度駅から出ることにしました。

ご存じの通り、自動改札で入場記録を入れてしまうと、同じ駅で出ることはできません。
有人の窓口で、退出記録を打ってもらわないと、出られない仕組み。
その有人窓口に人が行列しているのです
やっぱり私と同じように、一度入場しちゃって、やっぱり出ようという人が多い。
ほとんどの人は、その手続きだけをするために並んでいるので、
駅員さんも複数人で対応しています。

ところが、見た目50歳くらいのおっちゃん、スーツにネクタイ姿で酔っている風でもなし。
この人が駅員を捕まえて、ありとあらゆる暴言を吐いているのです。
俺はずっと待っているんだ、どうしてくれるんだ、もっとはっきりと伝えろよ、お前が悪いんだ――。
若い駅員さんも奮闘していて「私たちの一存ではお答えしかねます」など、
こういう困ったチャン相手に、がんばっているよう。
そしたらこのおっちゃん、ついにこんなことを言い出しましたよ。

「社長を出せよ、お前じゃ話にならん」。

・・・・・・、はあ、おバカさんの一つ覚えのように唱える念仏みたいだなあ。
念仏というのはもっと徳の高いものだから、こういう人相手に使うべき言葉じゃないけど。

こう言っちゃなんだけど、たかが一利用者が、若手の駅員の態度が気に食わないんだか何だかで、
どうして一気に「社長呼べ」になっちゃうのかなあと思います。
例えば、このお人が別の鉄道事業者の社長さんで、
対等に話をしたいから社長を呼べと言うなら理屈は通りますけど。
(だいたい、別の鉄道の社長さんが、こういう苦情は言わないよね)
見た感じ、どこかの会社の中間管理職的な雰囲気の人だったので、
私だったら「あなたと同じ階級の人間を呼びますよ、係長補佐でいいですか?」って言ってやりたい。

このおっちゃんの醜態を、さすがに見ていられないと思ったのでしょう。
他のお客さんが「あんた、別のところでやりなさい」と一刀両断すると、
周囲から「そうだそうだ」と言われて、めでたく有人窓口から追い出されて行きました。
苦々しく思っていたんだろうな、私的な制裁を見ていた人々は。

あまりに不寛容な社会の表れだなと思いました。
怒りの矛先を、一介の駅員にぶつけても、なにも解決するものではなし。
で、あげく出てくるはずのない組織の頂点を呼び出そうとする。
これは「ありがたい意見」ではなく、物事の筋道を間違った愚行そのものだと思うのです。

アメリカに行って、そこら辺の警察官に向かって、
おい、お前の国のやり方は汚いじゃないか、ボスであるトランプを呼べと言ったところで、
「ヘイ、ボーイ、またあしたおいで」くらいであしらわれるのがオチですよね。

ああ、くだらないし、せっかくの美味しいお酒がどこかに行っちゃうよと思い、
どうせ電車が動かないんだったら、銭湯に行っちゃえと、
駅前の銭湯で汗を流しておりました。
で、駅に戻ると、もう運行再開していたというわけ。

たしかに帰りの時間は1時間くらい遅くなったし、銭湯の料金460円はかかったけど、
じゃあ、駅員に不満をぶちまけることと比べたら、何百倍も楽しいことをしたと思う。
それすらを寛容できない人間にはなりたくないなと、心から思いました。

人身事故で、お客さん対応をする駅員さんを守るボランティアとかあったらいいのになあ。
それがみんなコワモテで、バイプレーヤーズの面々が徒党を組んで、
駅員の周囲で乗客に睨みを利かすって、面白くないですか?
20170422コワモテさんたち.jpg

タグ:北千住
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

4月16日その2、お疲れさん会でも文字講座続行中! 春日部 [飲む]

4月16日その2、お疲れさん会でも文字講座続行中! 春日部

きのうは夜になって、急激に温度が落ち、びっくりの式守錦太夫です。
きのうもハードワークでして、日勤のあとに親戚が来ていたので実家で接遇。
そのあと3時間ほど仮眠を取って、未明の2時から6時までの勤務をこなしました。
きょうの原稿は、その朝の6時から書いている始末(汗)
本来なら先週のドラマ版ワカコ酒なのですが、めでたくまだ見ていない・・。
あすに記したいと思います。

きょうの記事は、文字講座を終えてからの、お疲れさん会の模様。
茅場町で17時になった私たち(講師・麻里子さま・ダンナ・式守)。
さすがに休日の茅場町は、どこのお店もやっていません。
個人的には浅草か上野の休日を見たいなと思っていたのですが、
みんなの共通見解は「春日部に戻って落ち着いて飲みましょう」とのこと。
じゃあ、戻りましょう。

春日部に戻っても、まだ18時前後という時間で、日の入り前です。
(日が長くなってきましたね)
全国的に話題となった、春日部の「イトーヨーカ堂」が、
クレヨンしんちゃんの話題作りで「サトーココノカドー」に変わる最終日。
20170420サトーココノカドー.jpg
そしてこの日まで「みさえ・ザ・バーゲン」も実施していました。
20170420みさえ・ザ・バーゲン.jpg
普段よりも明らかに、春日部駅周辺に滞留している人が多い。
やっぱり、こういう企画はキャッチーですよね。
カトートーカドーでもなんでもやればいいと思います(笑)

日曜日の早い時間に、あいているお店を探して、魚丸さんに入りました。
この日は大将の1人回し、バイトちゃんは姉妹店と掛け持ちになっているので、
「もうこのあとは、予約だからってお客さんを断る!」と言っていました。
まずはビール、珍しくヱビスの生ビールからスタートです。
(スーパードライの瓶か、ヱビスの生と言われれば、やっぱりヱビスでしょ)

最初に出てきたのが、自家製のお新香
IMG_3917.JPG
カブが美味。
厚揚げも、これまた自家製。
IMG_3919.JPG
とろりとした食感がいいですね。

焼きそら豆。
IMG_3921.JPG
そら豆は今シーズン何度か頂きましたが、焼きはお初。
なす。
IMG_3923.JPG
削り節がゆらゆら。

さて、刺し盛りです、立派です。
IMG_3925.JPG
8品も盛ってある、食べごたえ十分ですね。
ここから私はぬる燗に、みんなは思い思いのお酒になりました。
アジフライと頼んだら、骨せんべいも一緒に出てきた。
IMG_3928.JPG
できあいの冷凍物を使っていない、明らかな証拠です。
フライもふわふわだし、パリパリのせんべいもまいうー。
こちらのお店、寄ったことがなかったけど、これはなかなかのお店ですぞ。

最後にポテサラ。
IMG_3930.JPG
2時間以上もここで飲んでいました。
そしてここでも、先ほどの文字講座の続き。
受講した私たちから、さまざまな質問に、真摯に答える大熊先生。
IMG_3932.JPG
これは左から、「ね」「わ」「れ」という平仮名の、元になった漢字。
「わ」はのぎへんなんだけど、「ね」「れ」はしめすへんなので、
平仮名の左側の部分は、微妙に違わないとおかしいというお話。
アカデミックな話を、酒席でも繰り広げるのが私たち。

そのまま、ポートエレンさんに移動しまして、
なお「もじもじカフェ」の続きを、夜も更けるまで行っていました。
なんか有意義、そしてちょっぴりお利口になった1日でした。



タグ:春日部
nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

4月11日、このカブトのポテンシャル! 武里 [飲む]

4月11日(火)、このカブトのポテンシャル! 武里

今週も遅番2回、夜勤2回というセットの式守錦太夫です。
週末はあたたかを通り越して、まさに初夏の日差しでしたが、
今週は少し落ち着くらしいですね。
私も今週後半くらいから、少しづつ仕事が落ち着くのかなと思っています。
でも来週は大型連休の兆しが見えて、5月はおそらくすごい一カ月になりそう。
あ、5月場所に今回も3回見に行くことになりました。
ちなみに今日は靖国神社の奉納大相撲、行きたいし誘われたんだけど、
きょうは日勤と夜勤の日なんだよね(涙)

きょうの記事の日は、朝から雨がばちゃばちゃ降っていた日でした。
夜勤明けに仮眠を取って刻んでの仕事をこなし、夕刻。
さあ、今宵こそは飲みに行きましょう。

特段、どこに行くかを決めずに電車に乗って、降りた駅が地元近くの武里だった。
ということで、和食のいぶきさんに少し早目の訪店。
この日は大将が一人で切り盛りすることになっていました。
お座敷にもテーブルにも、そしてカウンターにもお客さんが入って大忙し。
こちらはできるだけ手を煩わせないように、お酒なんかも自分で取りに行っちゃう。

まずは赤星、そしてお刺身は・・、尾長鯛をもらいましょう。
IMG_3884.JPG
すてきな赤味がかった色合いですよね。
最近は、添え物の食用菊を口直しに頂くのが楽しみであります。
日本酒のぬる燗も、自分で一升瓶を持ってくる始末。

他のお客さんが角煮を注文していたので、こちらも便乗です。
IMG_3887.JPG
ベタな言い方ですが、トロトロの食感が愉快。
白髪ねぎとスナックえんどうもいい味出しています。
ポーションは小さいけど、食べ甲斐がある一品。

鯛のカブトが比較的安価で提示されていたので注文。
このほじくり系で、しばしお酒を楽しもうという趣向。
そしたら、なんですか?このカブトのポテンシャルは!
IMG_3891.JPG
脇腹の部位がほとんど残されていまして、美味なる白身の部分がたっぷり。
大将に、もっと世間のカブトは、身が少ないですよと言うと、
「カブトを召し上がってもらうんだったら、多少は身も残さないとね」と、
商売っ気のない発言であります。
ほじくるというよりも、まさに鯛の身の煮付けを頂いているようです。

この日はなお貪欲に頂く。
ヤリイカの天ぷら。
IMG_3893.JPG
天ぷらのお品書きも充実しているこちら、やっぱり大将の天ぷらは上手です。
フワフワしたコロモと、やわらかいイカ。
岩塩と抹茶塩、それに天つゆが供されたので、交互に頂き「いいとこ取り」

日本酒を3本飲んだあと、なお飲みたくなり、サワーを2杯。
お腹いっぱいになるまで飲んで食べての放蕩生活であります。
でも、夜勤明けの日だし、翌日はまた夜勤だったのだから、
これもご褒美かな。

そのまま2階のブラッディマリーさんに行って、なお飲んで終電帰りでした。
自分の場合、寝不足はほぼ日常だから、飲んで辛くなることなし。
美味しいお酒であります。


タグ:武里
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

4月6日、お魚3連発!大宮 [飲む]

4月6日(木)、お魚3連発!大宮

最近は寝つきがすこぶる良い、式守錦太夫です。
元々、寝つきはいい方ですが、最近はオートマチックに寝られます。
アルコールの力も借りなければ、横になってほんの1分くらいで眠れちゃう。
職人さんとか、料理人さんは、ちょこっとの時間でも寝ることを是としていますが、
私もどうやらそのようにカラダがなってきたのかもです。
でも寝起きは悪いんだよね(笑)

ふとした時間を使って、大宮に行ってきました。
時間もあまりないので、まっすぐに和食のさくまさんです。
カウンターにすでにお客さんがお二人いて、そこそこできあがっているようなので、
その横にちょこっと座りました。
雰囲気的に、自由業的なおじさん2人。
で、その話の端々から、どうやら私と同業者らしい(汗)
きょうは、こちらの大将と、仕事がらみの話は避けた方がいいかな・・。
知らない同業者との話は、だいたいつまらないので。

ちなみに私、他のお客さんのだいたいの職業って当てられます。
間違いなく、同業者と教員はわかる。
あと、公務員さんとお医者さんも分かるかな。
特徴のある飲み方と、酒の席での話題も特有ですものね。
わからないのは、趣味で繋がっている人同士のグループ。
話題に脈絡がないもの(笑)

瓶ビールはキリンのクラシックラガー。
お刺身を1アイテムにしぼりきれずに、大将に「ちょこっとづつ盛ってください」というわがまま発注。
そしたら、こんなステキな盛りが。
IMG_3859.JPG
アジにまぐろに金目鯛、イカにシメサバ。
もうこれだけで十二分であります。
ビールも残っているけど、急いでお酒を注文しました。

さば味噌煮も注文、お酒が旨くなる料理です。
IMG_3861.JPG
もう1アイテム、なににしようかな。
いろいろ逡巡するも、煮物かぶりになっちゃったけど、やっぱり食べたいものを食べる!
メバルの煮付けであります。
IMG_3862.JPG
カニを食べる時のように、煮付けを前にすると寡黙になります。
お魚に正対して、そのすべてをまさに舐めつくす。
心を無にして臨む、なんだか禅の精神みたい(笑)
キレイに頂けましたよ、ごちそうさまでした。

終電まで、ちょこっと時間があったので、
駅前の天下一ラーメンで、ウーロンハイとラーメン。
これをしなければいいのにと思うも、締めの麺類をやっちゃった・・。
お腹いっぱいで、帰宅の途に就きました。

きょうと明日は遅番です。
出撃はできないので、たまっているネタで記事を書く時間にあてがいます(涙)




タグ:大宮
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

4月4日、ひょこっと飲みに 北千住 [飲む]

4月4日(火)、ひょこっと飲みに 北千住

昨日の雨は、まさに花散らしとなってしまいました。
今年はお花見に行けませんでした、式守錦太夫です。
花散らしの日に報じられた、浅田真央ちゃんの引退宣言。
いろいろな感慨を持つ人も多かったろうと思います。
やっぱり研ぎ澄まされたトップで活躍し続けることに、モチベーションが重要でしょう。
十二分にやり切ったと思うのは私だけではないと思います。
前回五輪での、苦悩と涙の演技は、多くのもらい泣くほどの共感を覚えました。
今度はハレバレと、楽しむスケーティングを見たいと思いますね。

4月の第1週は、まさにハチャメチャな日々を送っていました。
私は労働基準法に当てはまらない働き方をしているので、
あまり労働時間というのを気にしたことがないのですが、
この週は日勤や夜勤、小刻み勤務を繰り返していたので、
久々に、どれくらいの時間働いたのかなと思って集計してみたら、
7日間で68時間というすばらしいことに(笑)
少ない日は3時間勤務でしたが、長い日は17時間でした(爆)
きょうの記事は、その3時間しか勤務しなかった日の話。

3時間といっても、午前に1時間、夕方に2時間という2セットだったわけで、
仕事終わりは19時でした。
この日くらいしか飲みに行けないので、もう満を持して北千住。
大はしさんは恒例、写真NGです。
この日、新しいボトルを入れてきました、ただしウィスキーですが。
キンミヤボトルが数百本も乱立する中で、ウィスキーって(笑)
ちなみに残り方が微妙で、いつも飲む量よりも少し多い感じだったけど、
いいや飲んじゃえと思い、結局水割り4杯分も・・。
大はしさんで飲みすぎたなあ。

もう一軒、最近のお気に入り、英鮨さんです。
寒かったので温かいお茶割り、そしてアジの刺身。
IMG_3814.JPG
小肌ガリも、おつまみがわりに発注。
IMG_3816.JPG
この日はカウンター、でもこちらはいつも混んでいます。

お茶割りじゃあ、微妙な魚の味は楽しめないと、沢の鶴をぬる燗で。
そして、お椀ももらいましょう。
IMG_3821.JPG
葉ワサビ巻きももらいました。
IMG_3822.JPG
巻物をアテに、最近は飲むのがお気に入り。

この日は結構飲んじゃっていたので、お酒は1合で。
最後は冷たいお茶割りで、少しだけ握ってもらいましょう。
普段はまず頼まないけど、この日の推しものだったので、うなぎの握り
IMG_3827.JPG
金目鯛、なんか順番が逆だなと思う。
IMG_3829.JPG
そして最後はやっぱり、ウニですね。
IMG_3831.JPG

これで4000円ちょっとだというのだから、まあお気軽お寿司であります。
さすがに終電を気にする時間になっちゃったので、ここでお開き。
でもさすがに疲れていたのかな、帰りの電車で珍しく一駅乗り過ごし、
てくてく歩いて帰宅の途につきました。

まあ家で寝ていれば、多少は疲弊の回復につながるのですが、
こうして時間を見つけて飲みに行かないと、心の回復はできないのです。
今週もハードワークな日々、夜勤に日勤、展示会に文字講座受講。
そして、献血ルームからどうしてもの依頼が入り、時間をぬって献血もあります。
さあ、がんばりますよ!



タグ:北千住
nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

3月30日その2、山谷の名店と迷い道くねくね 南千住 [飲む]

3月30日その2、山谷の名店と迷い道くねくね 南千住

年を取ると、本当に涙もろくなって行けません、式守錦太夫です。
昨日の記事では、昔からの知り合いである、つぐみさんのお誘いで、
夜桜船に乗ってきて、感極まるダメおやじを掲載しました。
下船して、時間は19時30分。
ちょうどいい時間であります。

同行者が、南千住の名店に行こうというので、浅草から都バスに乗りました。
私の文化圏では、バスに乗るというのがほとんどないので、
バスの乗り方ってよくわからず、左右の人をきょろきょろしながら乗る始末。
で、向かったのは以前「山谷ドヤ街」という名称だった、南千住界隈の丸千葉さん。
南千住というより、日本堤と言ったらいいでしょうか。
なかなかおいそれとは行きづらい街であります。
ワイルドですからね。

コの字カウンターと、入れ込み式のテーブル、グループでも座れる席もあって、
30人以上入れます、結構大バコ。
まずは赤星を頼みまして、壁にかかるお品書きから、ふきの煮たのと、そら豆。
IMG_3803.JPG
金目鯛の刺身、盛りがいいですね。
IMG_3805.JPG

やっちゃんと呼ばれる、愛想のいい男性は、とにかく話し好きで、
いろんな人に積極的に絡みに行って、ああでもないこうでもないと話している。
おばちゃんも丁寧な給仕、下町ならではですね。
ビールから、日本酒に移行です。

菜の花とぬたを発注
IMG_3807.JPG
ポーションがデカイ!
同行者がいるからいいけど、1人で頼んだら食べきれないよ。
奥では鍋を囲んでいるグループ、おそらく会社の納会みたいなものなのかな。
そこにもやっちゃんが入り込み、ワイワイとやっています。

同行者が、最近こういうのもいいなあと思うんだよねと注文したもの。
IMG_3810.JPG
色の3元素がすべて入っていると言っても過言ではない、ハムカツです。
この色合いの妙が、また食欲を増進させるのです。
あ、食欲だけじゃないですね、酒欲も(笑)

大徳利を数本あけて、せっかくだからチューハイを頼みましょう。
IMG_3812.JPG
すっきりさわやか、金宮印のグラスに入ったチューハイです。
22時を過ぎて、のれんを閉まっているんだけど、お客さんがみんな帰ろうとしない。
っていうか、お店の人たちがちっとも終わりという雰囲気になっていない。
なんかこのまま、朝まで飲めちゃうんじゃないかなと思いました。
丸千葉さんの鍋も評判いいんだよね、今度食べてみましょう。

お会計をお願いすると、やっちゃんが来て「どうだった?美味しかった?」。
こちらは酒場アイドルの「なゆ」さんがたびたび訪れているので、その話をすると、
さっきまでいたんだよ、本当に、あなた方とほぼ入れ違い。外で会わなかった?」とのこと。
どうやら本当に直前までいらしたようです。
ニアミスでしたね。
ごちそうさまでした。

なんかいい気分の私たち、そのままフラフラと帰りの道を探していると、
めでたく完全に迷ってしまいまして、40分ほどずっと歩いて行ったら、
なんと浅草ビューホテルの前にたどり着きまして、どこをどう歩いていたのか・・。
酔っ払いのすることは、困ったものですね。

でも、この日の夜桜船と丸千葉さんで、なかなかオツなコースだったんじゃないかな。
日々の多忙の中で、こういう潤いがあるから、また頑張れるというものであります。
帰宅後、振袖さんのつぐみさんからメールが届きました。
連日、夜の仕事で大変だけど、わざわざ来てくれたことを感謝してくれていました。
見られて良かったなあと思う、酔った夜でした。


タグ:南千住
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

3月29日、顔見知りを追っかけるような地元飲み 武里 [飲む]

3月29日(水)、顔見知りを追っかけるような地元飲み 武里

年度替わりといっても、実質はきょうからが新しい2017年度の始まりでしょうか。
こんにちは、式守錦太夫です。
新しい環境になって、乗り慣れない電車に乗る人たちが、けさは多かったのではないでしょうか。
もはや私などはそんな感慨も何もない世代になってしまいましたが、
新鮮だなと思ったりもします。
数日の間は、そういう慣れない若者を、ふところ深く静観してあげるのが、
オトナの矜持ではないのかなと思います。

きょうの記事はまだ昨年度の話。
平日でゆったりできる日が少なくなったので、
こういう貴重な夕方からのオフの日は、出撃することにします。

地元の武里、和食のいぶきさん。
早めの訪店でしたので、カウンターも座敷もお客さんが入っています。
カウンターの奥に顔見知りの方が、カップルでいらした。
女性も存じ上げている方なので、2人の仲を「ぶち壊し」に隣席に座ります。
(ウソウソ、カウンターは隣席しか空いていなかったの)

この日のおススメを、大将でもなくサトミンでもなく、その顔見知りの方から紹介。
嗜好が似ているので、ほぼ同じになっちゃいそうだから、微妙に変えてみたいと思う(笑)

まずは赤星、そしてワラビのおひたし、これは注文が同じ。
IMG_3744.JPG
お刺身はサヨリにしました。
IMG_3746.JPG
IMG_3747.JPG
時期ものですからね。

お酒は、お品書きを見るよりも保管庫を直接見に行くことに。
そんな中、がんもどきができたてだよと、これまた顔見知りからのおススメ。
頼まない手はないでしょ。
IMG_3749.JPG
しんじょのように、供されました。
実に品の良いお料理です。

天ぷらも食べたいな、やっぱり時期ものを頼みたいので、ちょっと走りの時期のメゴチ
IMG_3752.JPG
でも手前に、堂々の春の代表選手・ふきのとうが幅を利かせています。
IMG_3750.JPG
放射状に延びるコロモが、作り手の技術を表していますね。

途中でお知り合いカップルは退店。
追っかけて行くなんて野暮なことはしませんよ。
結局、いぶきさんでお酒を3合いただき、最後はパイナップルサワーでごちそうさまでした。

で、次に2階のバーのブラッディマリーさんに行ったら、やっぱりさっきの2人がいた(笑)
別にストーカーしているわけじゃないからね。
なんか、オニオングラタンスープを頼むらしいので、便乗しました。
ただし「チーズは少なめで」
IMG_3757.JPG
ね、デフォルトははみ出さんばかりのチーズが、真ん中にちょこっとですから。
その分、玉ねぎの甘さが前面に出るというものであります。

なんだかんだと、遅くまで酒を飲んでおりまして、結構酩酊したので帰宅。
早い時間から飲んでも、やっぱり最終的に遅くなっちゃうのが、
自己管理能力の欠如なのであります(涙)

タグ:武里
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

3月27日、久々に会った人と、週初めの北千住は風呂から [飲む]

3月27日(月)、久々に会った人と、週初めの北千住は風呂から

本日は週末にして月末にして年度末。
お元気でお過ごしですか?式守錦太夫です。
きょうもあしたも遅番の予定でして、これから当分は夜勤も始まりそうだから、
極端に出撃が減ります。
ネタに困る日々が始まってしまったら、連日ワカコ酒でも書こうかな(爆)
そういえばワカコ酒のSeason3は、来週金曜日からですよ~。

先日の日曜日、朝から夜までずっと仕事をしていて、
ネットの情報を見ていると、大相撲がとんでもないことになっている。
そうです、先日記事化した「稀勢の里逆転優勝」でありました。
仕事を終えて、録画した相撲中継を見ようと思ったら、なんと放送時間がギリギリで、
優勝決定戦が終わった直後に、録画が打ち切られていました(涙)
悔しいから、サンデースポーツを見ておさらいをした次第。
「見えない力に支えられた」とスピリチュアルなことを言っていたキセ。
あんな相撲を見せられたら、そりゃ泣くよ!

そういう最中、古い友人にして飲み仲間からメッセージが届きまして、
今週どこかで飲みませんか?とのこと。
公私ともにお忙しい方なのですが、少しだけ余裕ができたのですって。
私の都合を優先してもらうために、27日であるこの日、一緒に飲みに行ってきました。

「北千住で」と、エリアを指定されたので、どこに行きたいのかなといろいろ想定しながら、
待ち合わせの時間に間に合うように向かう最中、再度メッセージ。
仕事の兼ね合いで、待ち合わせに30分遅れるとのこと。

30分だったらどうにでも時間をつぶせるのですが、この日は寒かったのです。
(朝にみぞれが降った日ですから)
じゃあ、その30分で銭湯に入ってこようと、駅のそばの「梅の湯」さん。
20170329梅の湯.jpg
460円を払って、貸タオルを借りて、とにかく急いで湯船に。
頭なんか洗ったら、乾かしたりするので時間がかかるから、とにかく温まること優先。
おそらく湯船にいた時間は、10分くらいですね。
だれよりも早く、風呂を出ちゃいました(笑)

でも不思議なもので、短い時間で気分はリフレッシュするし、ホクホクと温かい。
アウターを脱いでもいいくらいですが、そんなことしたら間違えなく湯冷めするのがオチなので、
ほっほっとしながら、待ち合わせ場所に行きました。
すぐに友人も到着、30分で銭湯に行ってきたと言うと、驚くというよりもあきれている(笑)
和洋中なんでもある街なのでどこに行きたい?と聞くと、
私がいつも言っているお店がいいとのこと。
じゃあ、大はしさんだね、この日はすぐに入れました。

座るや否や、ビールに肉豆腐に日本酒に、刺身も供されて、
同行者は「え?これお通し?」などと言っている。
ほぼ2週に1度は通っているお店の、流儀であります。

ビールや日本酒、あげくウィスキーまで。
カニコロッケやポテト唐揚げ、生野菜と玉子焼き。
こういうざっかけないものもので、飲んで食べておおいにしゃべってきました。
ちょこっと会うのが久しぶりだったので、お互いの近況バナシなど。
映画「ラ・ラ・ランド」を見たとのことで、その内容を元に恋愛事情なども。
楽しくもある時間でした。

まだ飲みたいねえということで、じゃあ英鮨さんに行きましょう。
カウンターかなと思ったら、テーブル席になりました。
ここは写真OKだから、画像ありますよ。

まずは白身魚の3種盛り。
IMG_3740.JPG
私はお茶ハイ、同行者は温かいお茶ハイ。
まあよく飲むお人であります、昔からうわばみのような人ですが。
カツオ刺しも頼みましたが、写真は漏れています。

20分ほどかかる茶碗蒸しを頼もうとしたら、最後の1個なんだって。
じゃあそれは、同行者に譲りましょう。

最後に握ってもらいましょう、食べたいのを頼もうということになったらこんなになっちゃいました。
IMG_3741.JPG
小肌ガリ巻き、葉ワサビ巻きとウニは私。
アナゴと大トロが同行者。
これだけ食べたら、お腹いっぱいになっちゃった。
とか何とか言っているうちに、いい時間になってきましたよ。
終電間近ですね、ごちそうさまでした。

かなりいろいろなお酒をちゃんぽんに飲んでいたので、お互い多少酩酊。
でも、帰りの電車では寝ちゃうことなく、なんだか最終的にはずっと口説いていたような気が(バカ)
口説いても成就しない、ザンネンな私なのであります。


タグ:北千住
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

仕事場の近くのドライブインで定食をアテに [飲む]

仕事場の近くのドライブインで定食をアテに

きょうはとても風流な企画に参加する予定の、式守錦太夫です。
5年ほど前から親しくさせてもらっている方が、昨年春から浅草で芸妓さんのようなお仕事を始めました。
知り合った頃はまだ中学生で、最近まで高校生だったので、おじさんドキドキです(笑)
その彼女が、浅草の水上バスの「夜桜船」にて、舞を披露するとのことで、
そのお誘いを頂き、じゃあ見物に行こうというのが本日のおもむき。
くしくも、どうやら都心の桜も見ごろを迎えそうで、まさに花と舞いのコントラストを楽しめそうです。
そして、彼女と私を取り持ってくれたご縁が、ハンドルネームにして私が好きだった、
第10代の式守錦太夫さん。
20110923式守錦太夫(10代).jpg
その模様はきっと、来週にでも、詳細なレポートをつけてご報告いたします。
私、泣いちゃうかもしれない(バカ)

最近、弊ブログの記事の分量が少なくなっているのですが、
遅番の仕事を終えてから、やっとの思いで翌日の記事を書いているというタイトロープな状況であります。
ですから、各位のご訪問などもなかなかできない日々であります。
そういうことを理由にしていること自体、とても嫌なのですが、
もう少し生活が好転するまでは、同様の状況になると思います。
記事を書かずに寝れば、もう少し眠れるんだけどなと思うときもありますが、
せっかく日々続けてきたものを止めちゃったら、何もかもそういう気持ちになっちゃいそうなので、
記事の分量を減らしてでも、日々更新を目指しますね。

多少の遅延があっても、ソネブロの皆さまの記事は、拝読はしております。
ナイスとかコメントとか、入れられておりませんが、ご了承くださいませ。



先週の土曜日は、仕事を終えたら23時前になってしまいました。
もうこの時間だと、どこにも出撃できないなあと思いつつ、
やっぱり気分が外に出たいと思うようになっていたので、本当に近場のドライブイン的なお店に行きました。
いこい食堂さん、かなり久々であります。

まずはビール、こちらはキリンのクラシックラガーの大びん。
合わせるは、煮込みであります。
IMG_3734.JPG
テレビでは、安住アナウンサーとビートたけしの「ブロードキャスター」をやっている。
私は相撲の専門誌を読みながら、チマチマ食しています。

日本酒を飲みたいなと思ったのですが、翌日も早いので、シソバイスサワー。
IMG_3735.JPG
このケミカルな色と味が、さすがドライブインでありますね。

この日は飲みというよりも、食事をメインに据えたかったので、定食にしました。
数あるメニューの中から、イカフライ定食。
IMG_3737.JPG
キャベツのお味噌汁、2片しかないたくあん、白飯は量目が多めです。
で、イカフライですが、どちらかというと「げそフライ」(笑)
それもこんなに盛ってあります。
半分は酒のアテとして、あとの半分はご飯のおかずとして。
でも、油の切れが悪くて、ちょこっと最後はもてあまし気味でした。
というか、白飯の量が多い、お腹いっぱいであります。

完全に最後のお客さんになっちゃったので、急いで食べてお会計。
ものの40分ほどでしたが、こうして楽しめる時間も貴重ですね。
ごちそうさまでした。

冷たい雨が降ってきた夜、このあと、真冬のような寒さになっていった週末でした。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理