So-net無料ブログ作成
検索選択

投影会終わりましたっ! うるう年について [見る]

投影会終わりましたっ! うるう年について

昨日のプラネタリウムの投影会の模様は、また日を改めて詳細にレヴューします。
というか、この文章は先週のうちに書いてあるものなので、どうなったかわからない(笑)
ダンディでセクシーな怪人という設定が、どの程度「崩壊」し「破たん」したのかも・・。

で、きょうは2月29日でして、うるう年なのであります。
弊社の大元は、2月決算なのですが、1日昨年よりも多いわけで、
漁夫の利というか、棚ぼたというか、その恩恵もあって今期は楽チンさん。
(その分、来年は大変になっちゃうのでありますが)

あさま山荘事件は、1972年2月にあったのですが、
山荘に強行突入するのが、当初2月27日に設定されていたのです。
立てこもってから数日たって、もはや人質の精神が限界だろうとのことで。
そしたら、東京の警察庁が26日の夜になって、
「27日は天候の悪化が予想されるので、大事を取って翌日にせよ」との方針が伝えられ、
決死隊を含めた現場の警備部隊はガッカリしたといいます。

で、27日はその予想もむなしく外れて、天候は良好。
28日突入ということで、準備をしていたら、また警察庁から、
「28日こそ天候が悪化するらしい、翌日に延期」との方針。
さすがに現場指揮官からの突き上げもあり、現地対策本部長が、
「現場のことは現場に任せてください」との意見具申。
その具申の中に
「再延期をしたら、突入は2月29日になります。
もし殉職者が出たら命日が4年に1回しか来ないじゃないですか」
言ったとか言わなかったとか。
あまりの剣幕に、警察庁が撤回したとのことです。

まあ、本当に殉職者が出ちゃったので、悪い冗談みたいな話ですが、
この話である「4年に1回」というのは、正確には間違い。
というのも、うるう年の計算方法は「4年に1回」ではないのです。
間違って覚えている人もいるので、ここに整理しておきますね。

「4年に一度」はうるう年だけど(1)、
「100年に一度」はうるう年ではなく(2)、
「400年に一度」がうるう年(3)。

つまり、今年2016年は(1)に該当なのでうるう年ですが、
2100年は(2)に該当するので、うるう年ではないのです。
でも、16年前の2000年は(3)に当てはまったので、うるう年でした。

これって、コンピュータのプログラミングで間違うと、誤作動の可能性があるんですよね。
もしかしたら、核ミサイルの誤発射とかも・・。
っていうと、あながち重要な問題だったりもしますので、覚えておいて損はないと思います。
まあ、いかせるお仕事の人以外にとっては、酒場のネタにしかなりませんが・・。

(以降の文章は、誤解を生じる部分を指摘されましたので、
管理者権限で削除しました 3月1日午前0時)



nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大宮のさくまさん短編集 [飲む]

きょう18時、プラネタリウムやりますよ~。
20160117、20160228-spc20yokoku.jpg
式守のしゃべりがうまくいくことを祈っていてください。

------------------------
大宮のさくまさん短編集

カメラのデータを見ると、大宮の和食屋さんの「さくま」さんネタが残っていました。
おそらく、プラネタリウムのリハーサル帰りとか、なにかを見た帰りとかに、
ふらっと寄って、記事化しないままになっていたものだと思うんです。
だから、きょうはさくまさんで食べたものの特集!
これは1回ではありません、2回の訪店の結果です。
じゃないと、フードファイターみたいだもん(笑)

まずは1回目のネタ。
サヨリと鯛をちょこっとずつ持ってくださいって頼んだんだと思う。
IMG_7509.JPG
サヨリを見ると、春だよねって思います。

サトイモ煮。
IMG_7511.JPG
甘辛く煮てあるのが好き。
サヤエンドウの彩りが鮮やかです。

で、この日のメインは寄せ鍋を一人前
写真を見れば、これで一人前とはどう見ても思えない量目。
IMG_7513.JPG
カニも一杯入っているし、鴨もある。
鴨はどうやら大将のサービスだったみたい。
なにから食べると思いますか?
私はネギと春菊、白菜の白い茎の部分から。
でもなにより、目の前にグツグツしている鍋を見て、その姿をアテに飲むのが好き。
炎を見て心落ち着くという人がいますが、
私だったらお鍋だなあ(笑)

〆はうどんを入れてもらいました。
IMG_7518.JPG
おじやもいいけど、おうどんもいいですね。
麺類は圧倒的に蕎麦派なので、うどんはこういう食べ方しかしません。
たまごを落としてもらっても、いいかなって思ったりもします。

で、お鍋を食べると喉が渇いて、またビールを飲みたくなるんだなあ。

【別の日のさくまさん】
(こうして書いておかないと、明らかに食べすぎだもん)

やっぱりお刺身から、たぶんこの日は週末で、翌日がお休みだから、
週明けに持ち越せないものを出してくださいって頼んだと思う。
IMG_7793.JPG
まぐろが、サシがないけど脂がしっかり乗っていた。
白身魚が好きなので、脂の乗ったまぐろはこれくらいでいい。

「にこごり、召し上がってください」って言われて、大将から供されました。
IMG_7798.JPG
なんでも、フグの予約が入ったそう。
久々にフグのフルコースを作ったとのことであります。
いわば「ご相伴にあずかる」ということ。
にこごり、これも好きです。
口に入れれば溶けてなくなる、儚(はかな)い食べ物だなって思う。
大将はフグ免許を東京で取ったので、全国どこでも通用する。
(東京は実技試験が課されますから)

この日のメインは、何回か前から気になっていたこれ。
IMG_7795.JPG
黒豚のしょうが焼き。
お酒のアテというより、白飯に合わせたいと思います。
しょうが焼きと言うと、最近はいろいろな流派があるようですが、
こちらのは正統派のしょうが焼きであります。
案外、日本酒とも合う。
でも、この日は最後に緑茶ハイを飲んだんだと思う。

アットホームなお店なので、いつもホッとしちゃう。
そんな「止まり木」みたいなお店なのであります。

ちなみにきょう、プラネタリウムが終わってからの打ち上げは、
いつも行く、劇場下の居酒屋さんではないらしい。
そして、せっかく第20回投影の記念なんだから、
劇場の館長さんも含めて、メンバーが全員そろうみたい。
式守、第2部の打ち上げの「制作統括」をやりましょう!


タグ:大宮
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ドラマ・ワカコ酒Season2、「第7夜『相性抜群!アジアンフード』」 [ワカコ酒]

あす18時から、プラネタリウムの投影会をやります。
20160117、20160228-spc20yokoku.jpg
1時間まるごと、オリオン座のことを語ります。
私たちの記念すべき「第20回投影会」
途中で、これまでの5年間の投影を振り返るコーナーもあります。
なんだか「さよなら」公演みたいになっちゃう雰囲気ですが、そんなことありませんよ!
11人のメンバーが全員、何らかのかかわりをする投影なので、
バトンのように投影中に担当を引き継いでいきます。
そのバトンリレーの妙も楽しんでいただけたらいいなと思っています。
-----------------------

ドラマ・ワカコ酒Season2、「第7夜『相性抜群!アジアンフード』」

新久千映さんの作品「ワカコ酒4巻」のタイトルを紹介しながら、私のコメントを挟む企画。

20150623ワカコ酒4巻.jpg

ですが、既報通りBSジャパンで実写版「ワカコ酒Season2」が始まりました。
(毎週金曜日23時30分~、武田梨奈・主演)
コミックスネタから少しの間、離れて、ドラマ版ワカコ酒の紹介としましょう!

「ワカコ酒」とは、OLさんの村崎ワカコ(26)が醸し出す、酒場礼賛コミックスであります。
20130701ワカコ酒2.jpg


IMG_7804.JPG

ドラマ版第7夜は、2つの原作を元に構成されています。

前半の話は、コミックスでは第2巻第51夜「ゴーヤチャンプル」。
弊ブログでは、2014年7月4日の記事を参照。
後半の話は、コミックスでは第1巻第17夜「生春巻き」。
弊ブログでは、2013年9月20日の記事を参照。
(以下ネタバレになることを予告しておきます)

仕事場で同僚女子たちから「ワカコ、なんか疲れてるんじゃない」と指摘されるワカコ。
そういえば目の下にクマもできちゃっているしね。
IMG_7805.JPG
カラダのバランスが崩れているのかな。
なにか元気になれるようなもの、ないかな。
焼き肉とかじゃないしな。
これだ!
IMG_7806.JPG
沖縄料理~。

やっぱり沖縄料理って言ったら・・。
IMG_7809.JPG
あれと・・。
IMG_7810.JPG
あれだよね。
IMG_7811.JPG
ということで、こんな感じ。
IMG_7814.JPG

豚肉入りのもいいけど、やっぱりスパム入りの方を食べたくなる。
過剰なくらいの塩気、そして摂取したかったゴーヤの苦み。
じゃあ泡盛も下さい。
IMG_7818.JPG
なんだか賑やかなお店、やっぱり相性ってあるよね。
そんな時に彼氏からメール。
IMG_7819.JPG
ちょこっと、いまは違うんだなあ、これも相性・・

【シキモリ酒】
キライじゃないんですけどね、沖縄料理はやっぱりあったかい時期じゃないと・・。
あと、今回の番組の作りが、なんか納得いかなかった。
もちろん、意見には個人差があるんだけど・・。
シーズン2は、これまでのホンワカ感が薄れて、なんか大衆に迎合している(ポピュリズム)ようであります。

【ワカコ酒に戻ります】

そしてあくる日、お料理とお酒の相性を考えていたら、タイ料理屋さんに来ちゃったワカコ。
アジアン風のお衣裳です。
IMG_7820.JPG
まずはやっぱり、生春巻きを食べたいよね。
IMG_7821.JPG
さっぱりしていて薄味で、でも確かな存在感がある。
スイートでホットなソースとカオスな中身。
IMG_7823.JPG
これに、現地のビールを合わせればやっぱり、きょうの主題!
IMG_7824.JPG

次は・・トムヤムクン、すっぱ辛いスープにパクチーの常習性のある味。
IMG_7826.JPG
このパクチーには、デトックス効果もあるんだよ・・と、物知り顔でしゃべっている国際的なカップルさん。
IMG_7825.JPG
そこから、相性を拡大解釈して、みんなで一緒に歌いながらエンディングになる(笑)
IMG_7828.JPG
で、この前のメールで「いけず」しちゃった彼氏に、メールを打ったりして終わるのです。

まあこれもいろいろ意見があるんでしょうけど、
終わり方もいまイチなんだなあ。
っていうか、主題に無理やり持って行くのが目についた回でした。
原作を実写化すると、どうしてもこういう無理が生じるんだなあ。

(ワカコ酒が好きゆえ、辛らつな意見を言っています・・)

タグ:ワカコ酒
nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

2月18日その2、取材アフターの強烈にして魅力的なお店 亀戸 [飲む]

2月18日その2、取材アフターの強烈にして魅力的なお店 亀戸

塩見なゆさん「Syupo」と「式守ブログ」のコラヴォ飲みで、
亀戸の焼き肉酒場で取材をしてきた私たち。
その圧倒的な酒量を誇るなゆさんと、不肖・私の飲みはこんなもんでは終わりません。
当然「次、行くでしょ」ということで、2軒目であります。

Syupo掲載店が1500店を超え、
もはや食べログよりも信憑性がある、その管理人さんですから、彼女についていく方が得策。
最初は、秋葉原のお店を狙いましたが、電話をしても出ないので、もうしまっちゃったかな。
(この時点で21時40分過ぎ)
亀有にある、お蕎麦を出す酒場があるというけど、そこも22時までだったはず。
「じゃあ、さっき路地を見て、気になるところがあるから行きましょう」という。
さすが、大したもんです、私は気にならなかったから・・。

路地というより、人んちの軒先みたいな場所。
そこにこうこうと灯る赤提灯。
でも、外に置かれた日本酒の通函がそそります、「仲よし」さんです。
IMG_7771.JPG
所狭しと置かれた、無数のコミックス。
神保町の喫茶店を彷彿とさせるたたずまい。
積年の、人と思いが染み込んだ、照りのある梁、テーブル、イス。
厨房のすぐ横のテーブルに通されました。

給仕のおねえさん、下町のいい意味で気さくな感じ。
お品書きから、エッセンスだけを取り出して案内してくれる妙。
これはいいお店かも・・。

瓶ビールを頂きましょう、キリンのラガーとサッポロの黒ラベル、どっちにします?と聞かれ、
なゆさん即答で「両方ください」(笑)
素晴らしいのは、グラスもキリンとサッポロの両方が出てきた(爆)
キリンは伝統の3度注ぎ、サッポロはライオン直伝の1度注ぎ、それをなゆさんがやってくれます。
IMG_7775.JPG
この技術は、やっぱりたいしたものです。
IMG_7783.JPG
乾杯!

ちなみにこちらは、生ビールも2社を提供しているようで、
サーバー(正確にはディスペンサー)も2種類ありました。
キリンとサッポロだと、ジョイント部分が違うのですけどね。
(ディスペンサーの洗浄は、なゆさんお手のもの、ちなみに式守もできます=笑)
(スポンジも通せます)

餃子とシュウマイ推しのようで、シュウマイを最初に発注。
IMG_7785.JPG
本格的に蒸して供されるんですね、2種類のシュウマイがありました。
ちなみに、おねえさんにこちらのお店のおススメを伺ったら、
すごい盛りのポテサラとか、立派な鉄板で出てくる餃子とからしいのですが、
この日はいずれもソールドアウト。
じゃあ、厚揚げをくださいって言ったらこれだぜ。
IMG_7787.JPG
「わらじのよう」という表現がありますが、サカゼンサイズのわらじってあるのでしょうか(笑)

ビールを大びんで2本、1266cc飲んだあと、やっぱりここは下町です。
あれを飲みたいものです、いわば「ローカルドリンク」。
下町では、焼酎にヒミツの液体を垂らして、炭酸で割る「焼酎ハイボール」を、
敬意をこめて「ボール」と呼びます。
発音がちょこっと難しい、平らかに読むのですよ。
こちらのは、店の名前を冠してあって「仲よしハイボール」というものです。

お店ごとに進化を遂げているので、焼酎も割り材も、炭酸も、そして量目もすべて独自。
カクテルのマティーニは、自分の好みをバーテンダーさんに告げて供してもらう、
いわば「カスタマイズ」がカッコいいとされていますが、
ことボールについては、お店に敬意を表して、そのお店の味を楽しみたいものです。

さあ、仲よしハイボールが供されました。
IMG_7789.JPG
炭酸はカナダドライのボトルに入っていますが、お店にあるディスペンサーからの、
いわば「生タンサン」
えらく強炭酸になっているので、マドラーを突っ込んだら、あふれちゃいました(笑)
そして「ナカ」ですが、ジョッキに半分はあります、だいたいジョッキだぜ!
これは破壊力がハンパないですね。

ボールのいいところでもあり危険なところは、口当たりがいいということ。
こちらのは、梅エキスというよりも梅酒そのものの味もしましたし、
なにより、白い細粒「クエン酸」の味もします。
元気になりそうです、アルコール度数を考えなければ(爆)
ちなみに私たち、このボールのレシピをさぐるのが好き。
自称「ボール・ソムリエ」ですから。
ちなみに、これおかわりしたら、ナカがもっと増えて出てきました(笑)
タンサンが使い切らないよ~。

もう1アイテム、フードをせっかくだからと発注しました。
酒場のナポリタンは、喫茶店のそれと同様、人気の高いものです。
こちらのお店も安価で、それもレコメンドのコーナーにあったので頼んでみました。
23時過ぎ、思考回路が少し麻痺する時間だったのが、あとあと考えると痛恨だったのですが。

出てきて愕然!
IMG_7790.JPG
とんでもない量目があります!
お互い目を合わせて笑っちゃうくらい。
そうだ、ここのお店は盛りがハンパなかったんだ。
世間のナポリタンの大盛りがあったとしたら、こちらのは「蒲田」かもしれません。
(「ニューキャッスル」のネタだな、わかる人いるかな・・)
太めの麺、王道の野菜の数々、そしてトマトケチャップの味。
ナポリタンのエリートコースです、そして美味。
ただし、食べきれません。
さっき焼肉を食べたあとだもん・・。
残すっていう思想がない私たちですが、痛恨の「食べ残し」をしてしまいました。

お店のお姉さんのつかず離れずの接客もステキなら、寡黙に料理を作る大将もステキ。
そのいずれにもご挨拶をさせてもらいました。
ただし残念なことに、こちらのお店は2月末で、いまの建物の老朽化で一時閉店するそう。
また同じ場所で再開する予定とのことです。

そしてなゆさんと私、怒涛のハシゴ酒ですが、最後はフードファイターのようになりました。
でも、公私に渡るネタの数々、公にできないディスりの話題(笑)、
そして、そのすべてに有機的にかかわる「アルコール」と、酒場への畏敬の念。
あっという間の飲みでありました。
終電というのは残酷なデットタイムなものでありますが、
再開を約束して、この日の飲みは終了しました。

酒量としては決して少なくなかったのですが、
気持ちの良い酔い方、そして翌日はしゃんとして仕事に臨めました。
まさに「酒は百薬の長」なのであります。

※仲よしさんの、Syupoのレビューはこちらから
(式守がチラチラ、写り込んでいます=笑)



タグ:オフ会 亀戸
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

2月18日、「Syupo」と「式守ブログ」のコラヴォ飲み 亀戸 [飲む]

2月18日(木)、「Syupo」と「式守ブログ」のコラヴォ飲み 亀戸

弊ブログは2011年1月にひょっこり始めたのですが、
その年の終わりあたりから、ソネブロに強烈なデビューをされたHN「なゆさん」という方がおられました。
「なゆの東京散歩」と銘打ったブログは、その猛烈にして強烈なまでの飲みっぷりと、
洒脱な文章で、あっという間にトップブログに。
そして、その当時から弊ブログと相互コメントを通して、
なゆさんと式守錦太夫は、バーチャルの世界で繋がっていたのであります。

「なゆの東京散歩」は、もはやソネブロの領域を超えていき、
いまや東京酒場のバイブルとなったサイト「Syupo」を展開。
なゆさん改め「塩見なゆさん」として、いまだに、当時の圧倒的な飲みっぷりは健在であります。
そしてこれまでに、酒場などで私と遭遇すること数回。
そのたびに、浴びるように飲むのでありました。
直近は昨年4月、上野から御徒町に行ったんですよね。
(その模様はこちらの記事を参照)

この日2月18日、ひょんなことから、塩見なゆさんと亀戸で飲むことになりまして、
仕事を終えた19時過ぎに、亀戸駅で待ち合わせであります。
東武線の曳舟駅から、東武亀戸線という支線に乗り換えれば、亀戸は案外近い駅です。
時間的にも場所的にもちょうどいい。
改札口で「ご無沙汰してます」という声で、彼女が登場であります。
さあ、お目当てのお店に伺いましょう。

私、亀戸はかなり久々、駅前の雰囲気がどこか錦糸町に似ている。
亀戸餃子とか、亀戸ホルモンの前を通りながら、
やはりこの街もまた、酒飲みにやさしい街なんだなって思ったりします。
そういう店を通りながら、なゆさんと近況話に花が咲く。
近況といっても、どこぞの酒場の話ばかりですが・・(笑)

この日、亀戸のお店でご一緒することになった理由は、
ご自分のサイトで紹介したいお店が、亀戸の焼き肉酒場だというのです。
さすがに焼肉屋さんに単独で行くのは、いろいろ食べることができない。
よって、私が露払いとしてついていくことになったという訳。
うかがったお店は、亀戸の「きっちょう」さんというお店。
IMG_7732.JPG
詳細はうまく書けないのですが、彼女のサイトに掲載するのは「取材」になるので、
すでにお店の方には、取材として連絡が行っていて、店長さんがご対応してくださいました。
私、たいへん複雑な立ち位置で、取材するライターの「付き添い」みたいなので、
ふにゃふにゃしていましたが・・。

ちなみに、お店の奥ではテレビ局のカメラクルーが撮影中。
IMG_7755.JPG
この日、日本テレビ系の「ヒルナンデス」の取材が入っていて、
店長さんいわく「関ジャニの村上君と、日本テレビの水卜アナウンサーが先ほどまでいたんです」とのこと。
で、もうその2人は帰って、いまはフードの映像の撮影をしているようです。
会いたかった気持ちもあるけど、私たちも「取材」ですからね。

まずはビールを頂きましょう、こちらはサントリーのモルツです。
IMG_7733.JPG
きめ細やかな泡、プレモルではないモルツは、好きなビールです。
無煙ロースターの下に、焼き台がセットされて、店長さんにほぼおまかせで、
お店自慢のフードを供してもらいました。
普段もたまに仕入れるけど、この日は取材もあるからということで、
近江牛の最高品質のお肉、銀座あたりだと8000円くらいの部位をまずは頂きます。
IMG_7735.JPG
店長さんが焼いてくださる、この霜降りの脂が溶けていく感じ。
IMG_7739.JPG
レア目に焼けました、岩塩が最初に振られているので、なにもつけずに。
IMG_7740.JPG
肉の甘さを実感する機会って、そうはないけど、その貴重な機会であります。
むちゃ甘い!で、なにもつけたくない、上品なフォアグラみたいであります。

生ビールは瞬殺、次は・・角のハイボールにしましょう。
IMG_7744.JPG
ナムルの盛り合わせ、奥には巻き野菜の姿も。
IMG_7741.JPG

ハイボールも瞬殺、写真には残っていないけどレモンサワーとチューハイも飲んだあと、
黒ホッピーにしました。
IMG_7748.JPG
ホッピーを色付けにしか使わない私たち、
以前「ソト」1に対して「ナカ」を5杯飲んだけど、それでもソトが余ったことがあります(笑)
でもこの日はさすがに、そんな飲み方はできませんが、それでもソトは余りました。
IMG_7747.JPG
桜肉のユッケと黒ホッピー。
IMG_7751.JPG

希少部位のロースやカルビを盛り合わせにしてもらったり、タンを頂いたり。
IMG_7758.JPG
IMG_7764.JPG
式守も焼き肉は数年ぶり、やっぱり美味しいけど量を食べられないからね。
瓶ビールも飲みましょうと、プレモルです。
IMG_7761.JPG
最後にスープを頂きました。
IMG_7768.JPG
本来はもっと量が多いとのことで、ちょこっとだけにしてもらった体。
でもこれで十分です。

フレンドリーな店長さんをはじめとする従業員さんたち。
飲み屋さん激戦にして、ホルモン屋さんなどが多い亀戸という街について聞いてみると、
開店の日、近隣の有名ホルモン屋さんから、開店祝いのお花が届いたという。
ライバル店というより、一緒に街を盛り上げていってほしいとのこと。
こういう考えって好きだなあ、一店だけが流行ればいいんじゃなくて、
街に魅力を求めるっていう思想であります。
いいお話を聞くことができました。

そして、取材と称してのなゆさんとの飲み。
ありとあらゆる、酒場と酒のお話は、実に楽しかったのです。
でも、彼女はサイトの運営管理人、私は一応ブロガー。
お互いのワールドを形成していて、お互いの読者さまからのイメージっていうものもある。
(私のイメージは「まんま」ですが・・)
ですので、ここではそのすべてを割愛します。
バーチャルな世界は、曖昧模糊の方が面白いってこともありますからね♪

2時間ちょっと、食べて飲んでを繰り返してきました。
ちょうど、ヒルナンデスの撮影も終わったようで、撤収しています。
店長さんに見送られて、お店を出ました、ごちそうさまでした。

で、これで終わるはずもなく、いわば取材アフターのお店に転戦です(笑)
その模様はまたあした、怒涛の飲みが続きます。

タグ:オフ会
nice!(7)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

2月16日、今シーズン2回目のスキーに行ってきました [やると飲む]

きょう24日、私は仕事を少しだけ抜け出して、
浦和にある「さいたま市政記者クラブ」で、午後、プラネタリウムの記者発表を行ってきます。
別に、号泣会見や不倫を明らかにするのではありません(笑)
以前、別の市民グループにいた時はさんざんやったことを、
プラネタのグループでもやってみようかなと思った次第。
新聞やニュースで取り上げられればいいなって思いますけど、そんな簡単にはことは進まないんだよね。
まあ、やってみるだけやってみます、ということできょうは慌ただしく動いています。
--------------------------

2月16日(火)、今シーズン2回目のスキーに行ってきました

その前の週もスキーに行ったわけで、行ったところも同じハンターマウンテン塩原。
そして日帰りスキーとなると、記事化したらまったく同じような展開になってしまうわけで・・。
ということで、ほとんど先週と同じ内容になってしまいますが、ご容赦くださいませ。

相変わらず、朝8時まで仕事をこなして、この日問題なくスキーに行けると思ってから動き出しました。
天気は上々、真っ青な空を見ながらの片道150キロのドライブであります。
IMG_7655.JPG
遠く、山並みも見えて気持ちいい。
高速道路をひた走る、19年落ちのデミオカー、黄色回転灯も健在です(笑)
IMG_7662.JPG

600円を出して、ブーツのレンタルし、雪のない山道をつづら折りに抜け、スキー場に到着。
先週よりも20分ほど早くつきました。
駐車場で着替えて、例によって消防服のフル装備。
KIMG2703改.jpg
11時過ぎに4時間のリフト券を購入すると、券に打ち込まれた終了時刻は15時30分。
じっくり滑ることができそうであります。

準備運動をして、さっそうとゴンドラに乗って頂上まで行くと、こんな雄大な風景
IMG_7664.JPG
さあ、シュプールを描きましょう!

――ところが、この日の2日前のバレンタインデーの日、覚えておられますか?
暖かくなりまして、雪がかなり溶けたらしいのです。
その翌日、今度は強烈に冷え込みました。
ということは・・、雪が完全に凍っちゃっている。
そうです、どの斜面も完全にアイスバーン状態。
これは、私のようなへっぽこスキーヤーは、足とももに負担がのしかかります。
滑りながら、どんどん乳酸が蓄積されていくのがわかる(笑)

でも、天気はすこぶる良いのです、その魅力には変え難い!
IMG_7669.JPG
IMG_7663.JPG
IMG_7680.JPG
雪山をすべるときは、心の中が無になります。
日々、いろんなことを考えて生活している我が身にとって、
仏教のように無の境地に浸れることって、なかなかない。
だから、楽しいのかなって思ったりもします。

14時前、昼食にしましょう。
先週はカレーを食べたので、今週はこんな感じ。
IMG_7681.JPG
トロトロオムライスに、唐揚げのカップサイズをつけて、1300円。
ビールを飲みながら、ぼーっとゲレンデを見て過ごす時間もまた楽しい。
ランチ時を外しているので、レストランもご飯を食べるというよりも、休憩している人の方が多い。
テーブルに突っ伏して寝ている人もいるし、じっとスマホをいじっている人も多い。
若い人が多いんですね、あまりアルコールを飲んでいる人もいない中で、
自称・消防士のいでたちでビールを飲んでおりました。

さあ、あと1時間、滑りましょう。
ゴンドラに乗ったら、シーズン券を持っているおじさんに声を掛けられました。
ゴンドラの外に立てかけられている板をじっと見たおじさんが、
「すごい板、使っているね、こんな細いのは今じゃノルディックの選手だよ」
20年前の板、当然いま主流の、前後が太くてくびれている短めの板ではないですから。
でも、愛着があるよねと言ってくれました。
「いまの板を使ったら、あっという間に上達するよ」と言いながら、
でもグッズに金がかかり過ぎるから、若い子はスキーをやらないよね、だって。
競技としてのスキーに、若手が育たないことを嘆いていたところを見ると、
おそらくは、指導員さんだったのかも知れません。

単独でスキーに行くっていうのは、ほぼだれとも話をしないので、
こういう会話ができるのもまた楽しかったりします。

日が傾きはじめると、ひなたの所しか滑らない、っていうか目が悪いから見えない(笑)
でも、夕陽のスキー場は好きです。
IMG_7684.JPG
IMG_7685.JPG
シーイングがいいから、遠くまで見通せます。
IMG_7689.JPG
IMG_7688.JPG
最後の30分は、本当にゆったり滑りました。
中1週間で2回のスキー、楽しかった~。
そして、この2回のスキーで、一度しか転ばなかったんです、おかげでそんなにカラダが痛くなることもなし。
15時30分、この日のスキーは終了!

着替えて、さあ帰りましょうという感じで撮った、メインロッジの風景。
IMG_7690.JPG
見事に雪がないんですから、人工降雪機の恩恵を授かりました。
ちなみに、そのロッジの中を通過するときに、数名のグループの男性が、
「消防士さんみたいな人がいるよ」と声も高らかに言って、
周りの人が「やめなよ、そういうことを言うのは」って諭していました(爆

帰りも先週同様、途中のSAで20分の仮眠を取ったので、帰宅は19時。
そしたら、仕事場の前にパトカーが道路をふさぐようにいて、通行の車を左右にさばいている。
最初は検問かなと思ったのですが、どうも様子が違うので、そのまま車を置いて見に行くと、
そこから300メートルくらい先のお宅で火災があったらしく、
道路を横切る消防水利からの延長送水のホース。
暗い中に、こうこうと照明で照らされるお宅は、ほぼ全焼という感じでありました。
一瞬、車の中に、消防服セットがあるんだよなと思いましたが、
そんな恰好で火事場見物をしては不謹慎ですので、それは思いとどまりました(笑)
(だいたい、出場中の消防隊が「見慣れない消防服だ」ということになっちゃいます)

残っている仕事をこなして、スキーグッズを片付けて、整理運動をして・・。
スキーに行った日のルーティンをこなして、この日は終了。
また行きたいけど、3月にもう一度行けるかなっていう感じです。


タグ:スキー
nice!(13)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

2月14日、盛りの多い飲み屋さん 春日部 [飲む]

2月14日(日)、盛りの多い飲み屋さん 春日部

世間はバレンタインデーの日、そして20度を超えて暖かかった日でした。
いい思いをした人も、そうでない人も、悲喜こもごもの日ではなかったのでしょうか。
ちなみに近しい人の中での若手のホープである甥っ子1号(小6)は、
ことしはめでたく、学校もなかったのでチョコゲットはゼロというありさま。
家族からもらったことはもらったんだけど「それはカウントしない」(本人談)とのこと。
自称・彼女からももらえなかったんだって(笑)

仕事を終えて、NHKBSでの、アイスホッケー日本代表の試合をじっくり見ちゃいました。
2018ピョンチャン五輪の、第2次予選ということで、
総当たりのリーグ戦の最終、とにかくこの試合に、どんな形であれ勝つのが予選突破。
そんなプレッシャーの中で、2-1で無事に勝利をあげました!
途中からは、見ているこっちも座っていられない。
立ち上がって、悲鳴を上げ続けていましたよ。
いい試合でした、でもこの感動を分かち合える人が少ないんだよな・・。
アイスホッケーだし、まだ二次予選だし、中継がBSだし・・。

ちょこっと遅めになってしまったけど、地元で飲むことにしました。
久々の訪店、磯八さんにしましょう。
IMG_7645.JPG
カウンターは満席、小上がりもそこそこ埋まっていて、私も小上がりに忍び込みました。
まずはビール、こちらはキリンラガーの大びんです。
お通しがこんなに。
IMG_7647.JPG
飴色に煮込まれた大根、さつま揚げ、こんにゃくに、鮭。

こちらのイチオシのカワハギは、やっぱりこの日も売り切れ。
いつ来ても、タッチの差でないんだなあ。
「マグロはあるよ」と、聞いてもいないことを言う大将。
「マグロがなかったら、困っちゃうよ」と、給仕をするおねえさんが言っています。

じゃあヒラメをください。
しばしして、登場。
IMG_7648.JPG
すごい盛り、これで安いんだから驚いちゃう。
大将のサービスでしょうか、まぐろも一切れ、乗せられてきました。
大トロと中トロの間のよう、常温で置いておくと脂が溶けだしちゃう。
お酒をぬる燗で頼みました。

珍しく、フグのから揚げを頼みました。
おそらく冷凍ものだろうと思い、あまり期待していなかったのですが、
またこんなに盛られてきた(笑)
IMG_7650.JPG
つけあわせが、乱切りキャベツというのがご愛嬌。
でも、ほくほくしていて、美味でした。
いくらでも食べられちゃう。

蛍光灯がよく似合うお店です。
IMG_7652.JPG
大将と、お客さんたちの会話が、ほぼほぼ漫才のよう。
楽しいお店です、奥にいた主婦会みたいな女性5人連れも、
大将とワイワイやっていました。

最後に白子をください。
IMG_7654.JPG
小ぶりの白子で、少し味は軽かったけど、さらにたっぷり盛られてきました。
残りのお酒だけでは食べきれないよ。
お酒3合で終えようと思っていたけど、あと1合追加しちゃいました。
最後はラストオーダーになり、終了です。

ここはできたら、何人かで来たいお店。
盛りが大きいので、そうでもしないと食べきれないのであります。
お鍋も美味しそうなんだけど、これまたとんでもない量目なので、
今シーズンに食べられたらいいなと思っています。


タグ:春日部
nice!(15)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

2月28日は、プラネタリウムの投影会をやります! [やる]

2月28日は、プラネタリウムの投影会をやります!

20日の土曜日、私の関わる「さいたまプラネタリウムクリエイト」の、
プラネタリウムの会議とリハーサルをやってきました。
思えば、今度の投影会で定期投影は20回目。
私たちのグループはまもなく結成5年、ほぼ四季ごとに新作を投影し続けています。
その他、ママパパプラネタリウムとか、演劇に特化したムーンライトシリーズとかの、
そういう特別投影も含めれば、30回以上はやっているんだな。

最近はしっかりと時間を取って番組を検討して行こうということで、
制作統括がユニットを組んで、複数の番組制作を並行して行っています。
昨年、私の制作統括で行った企画は、冬のお芝居風投影と、秋の「プラ寝たリウム」。
プラ寝たリウムは、脚本執筆と選曲も担当しました。

今度の投影会は2月28日(日)。
冬の代表的な星座・オリオン座に徹底的に特化して、
まるまる1時間、オリオン座のことを説明する「まるごとオリオン」であります。
メンバーを3つのグループに分け、それぞれが持ち時間を、独自の視点で語るもの。
いわば、短編集的なものになるのと同時に、全メンバーが何らかのかかわりを持つので、
総力戦的なものになります。
何度も書いていることですが、少数精鋭のグループゆえ、
投影会に向けての行為は人間関係が濃密になるので、お互いのことはよくわかってきます。
どの分野に長けていて、どういう性格の持ち主で、どういう関わりができるのか。
その中で、どういうスタッフ編成にして、
だれがどの役割を担当したら今回のミッションはうまくいくのかどうか、導き出していくのです。

3つのグループができて、それぞれが物語風、古代のロマンを振り返る風、
そしておちゃらけた風という、独自のアプローチが編成されました。
まったく示し合わせたわけではないのですが、見事に3様のものになりました。
あ、私、おちゃらけた風のグループです、皆さんがご想像通りですが・・(笑)

そして、それを統括するのが現・代表、彼女がオープニングとエンディングを担当します。
いわば、私たちグループが総力をあげて制作した、
2016年冬の投影会「まるごとオリオン」、お時間がありましたらぜひお越しくださいませ。

ちなみに当日配布させていただくパンフレットには、メンバーの似顔絵が掲載されています。
デザイナーさんに発注したものですが、まあこれがよくぞまあ、特徴をつかんでいる。
式守、極似です(笑)
これは、投影後に弊ブログでも紹介させていただきますね。

一応、最終告知とさせていただきます。
---------------------------------
さいたまプラネタリウムクリエイト 第20回投影会
「まるごとオリオン」

第20回をむかえる投影会は、1時間まるごと「オリオン座」
冬の夜空を代表するオリオン座についてどんな話が飛び出すのか!
メンバーが3つのグループに分かれ、あらゆる角度からお話しします。
オリオンの”ヒミツ”を知ることができるかも!?
内容はまだ未知数、進化中… お楽しみに!

2016年2月28日(日) 18:00~19:00

さいたま市宇宙劇場プラネタリウム(JR大宮駅西口徒歩3分、JACK大宮3階)
入場無料、ただし、入場整理券が必要となります。
整理券配布は、当日16:40から3F受付カウンターにて配布いたします。

20160117、20160228-spc20yokoku.jpg
--------------------------
式守、今回は苦手の「解説」を行います。
それも初っ端のグループ、そしてキャラ設定がされていて「怪人」の一人語り。
脚本担当者からは「ジェントルマンでセクスィーな怪人を目指してください」とのこと。
そんなこと、絶対に無理だと思っていますが、
当日は自己陶酔させて、一生懸命頑張ります!
ワンカップでもかっくらってやれば、怪人になれるかもしれませんが、
アルコールに逃げてはいけません!

今回は記念投影会なので、終わってからの打ち上げもいつもとは違う場所だといいます。
みんな、終わってからのアルコールのために(笑)

詳細はさいたまプラネタリウムクリエイトのHPをご覧ください。

nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

もはや正気を逸脱した2月第3週 [やると飲む]

もはや正気を逸脱した2月第3週

まともな社会人にあるまじき――という冠を2週にわたって書きましたが、
さすがに3週目となると、ふざけるなと言う声が上がってきそうな、第3週の模様です。
もちろん、詳細はあす以降、がっかりなまでに詳細な記事でお送りしますが、
きょうはエッセンスだけだと思ってくださいませ。

世間が浮かれていた(と思われる)バレンタインデーの2月14日
定刻に仕事を終えて、アイスホッケーの試合をテレビで見ていました。
2018年ピョンチャン冬季五輪に出場するための、アイスホッケーの第2次予選は、
北海道・月寒体育館で、総当たりのリーグ戦を行い、
各グループの「1位」だけが、最終予選に出場する仕組み。
日本は、ウクライナとともに全勝でこの日を迎え、勝ったチームが最終予選出場という、
いわばわかりやすい展開に。

日本は、2-1で勝利し、めでたく勝ち抜きました。
この試合、終盤までスコアレスだったのが、最終3ピリオド(P)に動きました。
しびれるような試合展開、この試合を見守った全国のホッケーファンが、
おそらくはテレビの生中継を見て、ありったけの歓喜の声をテレビに向かって吠えたと思われます。
私も、最後はテレビを前に立ち上がっての声援。
久々に、いいアイスホッケーの試合を見ちゃいました。

嬉しくて、そのあとに地元の「磯八」さんへ、凱旋の飲み。
こんなたくさんのふぐのから揚げを前に、溜飲を傾けていたのであります。
IMG_7649.JPG

翌15日は、おとなしめに過ごす。
そんな日があるということは、そのあとに何かを予定しているとしか思えません。
ということの16日、先週に引き続き、ハンタマにスキーに行ってきちゃいました。
天気は良かったんだけど、その前に温かくなった影響で、雪面がまさにアイスバーン。
ガリガリ君の状況と言ったところでしたが、楽しんできました。
IMG_7674.JPG
例によって、あの消防服仕様のウェアで行ったところ、
「ねえ、消防士さんみたいな人がいるよ」と、センターハウスで言われる始末。
消防士さんみたいじゃなくて、まさに消防士です!

ちなみに、スキーから帰ってきたら、地元の仕事場の近くで、全焼する程度の火災発生
よほど、その消防服を着て見に行っちゃおうと思う衝動に駆られましたが、
それをすると、消防ファンとしてあるまじき「迷惑行為」だと思い、しませんでした。
けが人がいない火災だったのでよかったのですが、やっぱり身近に起こる火災は、おっかないものです。

2月17日は、定刻に仕事を終えて、久々の単独北千住。
大はしさんから、武里のブラッディマリーさんへのハシゴでありました。

そして18日、弊ブログの古い読者さんはご存知。
ソネットブログの出世頭、酒場サイト「Syupo」の管理人・塩見なゆさん
(当時はソネブロ「なゆの東京散歩」)と、
久々の酒場放浪記を実施してきました。
詳細は、また後日、残念なまでの詳細さで記事化しますが、
亀戸の焼き肉店から、路地に潜む隠れ家的な飲み屋さんへの流浪。
日本テレビ「ヒルナンデス」の取材班と同時進行の、私たちの浴びるような飲みを展開してきました。
IMG_7783.JPG
皆さん、なにがなんだかわからないと思いますが、とにかく飲み倒してきたの巻。
とにかく、サシ飲みなのにこのグラスの量(笑)
数年ぶりです、式守錦太夫「へべれけ千夜一夜」と、塩見なゆ「東京散歩」のコラヴォ飲みであります。
懐かしいでしょ!
お互いの読者さまには、爆笑というかバカバカしさこの上ない、
「飲みの相乗効果」が垣間見える企画。
すでに、塩見なゆさん「Syupo」では、一部記事化されていますので、乞うご期待であります。

19日は仕事を2セットで26時まで勤務。
20日はプラネタリウムの会議とリハーサル。
そしてきょう21日は、吹奏楽の演奏会をはさんで、仕事2セットの日にしました。

多忙なんだか、日々をバカにしているのか、よくわからない、式守のふざけた日々の模様は、
あす以降の記事でキャッチアップしてくださいませ。
っていうか、塩見なゆさんと式守の、どうしてこんな飲み方になっちゃうんだろうって、
皆さんが天を仰ぐ、バカバカしい飲みっぷりが今週の極意です。
あ、2週続けてスキーに行った、おバカさんもいます(涙)

そして、来週は、式守のプラネタリウムの投影会本番。
式守、昔取った杵柄で、メディア広報を行うことになり、
マスコミ相手に、久々の広報を実施する予定です。
週明けからは、記者会見の日程調整を行うことにしています。
今週も忙しそうな日々を送りそうです。

nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

2月11日、おでんを嗜むプレバレンタインデー 大宮 [飲む]

来たる2月21日、飲み仲間さんが出演する吹奏楽団の定期演奏会が行われます。
なんと、入場無料という財布への優しさ(笑)
開演は13時30分からとのことですが、13時ごろから楽器ごとのユニットによる、
アンサンブルが始まるそうです。
式守、おそらくは仕事を抜け出して聴きに行くと思います。
ご興味がある方は、ぜひとも足をお運びください。
20160219杉の子定演.jpg
-----------------------

2月11日(木)、おでんを嗜むプレバレンタインデー 大宮

世間は建国記念の日の祝日。
木曜日に祝日が挟まると、働く人は楽チンみたいですね。
金曜日1日だけ仕事をすれば、またお休みになるわけだし。
といいつつ、あまり私の仕事環境では、変化なし。

この日、仕事を終えてから、少し文章を書こうかなと思いPCに向かうと、飲み仲間さんからメール。
2月中旬に飲もうと約束していて、こちらの空いている日を送っておいたら、
「このあとだったら都合いいよ」とのこと。
私はこういう「急に飲む」っていうのが好きなので、とんとん拍子に決まりまして、
大宮で飲むことにしました。
そうそう、3日早いバレンタインデーという意味合いもあってね(笑)

いつものように成城石井で待ち合わせ。
ルミネを少しのぞいてみるけど、私たちの嗅覚はどうしてもお酒の匂いに導かれます。
この日はお互いまったくのノープラン、西口の飲み屋さん街に来ました。
この前、入ろうとしたけど満席で入れなかった、ビールとピザのお店の前へ。
シャレオツな雰囲気、外のグランドメニューを見るも、
道路の反対側の「おでん」の文字に気が魅かれる私たち。
同行者の「日本酒が・・飲みたいよねえ」という声で、あっという間に決定し、
シャレオツな飲みが一変、いつもの変わらぬ「和」の風情になりました。
ということで、銀座の名店「お多幸」さんの支店です、大宮のお多幸さんへ。

カウンターに陣取りました、まずはビールを珍しくジョッキでもらいましょう。
(今考えると、どうして瓶ビールにしなかったんだろう、
ヱビスの中ビンっていうのに少し距離を保とうとしたのかしら・・
=中ビンだと1本じゃ絶対にすまないから)

お通しの写真は失念、白木のカウンターでなかなかいい雰囲気。
せっかくおでん屋さんに来たんだから、おでんを頼まないとね。
ということで、こんな注文になりました。
IMG_7640.JPG
まずは、豆腐と・・と、同行者も私も最初に豆腐っていうチョイスなのがご愛嬌(笑)
お豆腐、好きなんですよね。
正直、これだけでもいいと思う。

次に大根、でもあまり大根に対する固執がない。
そりゃあってもいいけど、無くてもいいの。
あと、私の好みでちくわぶ
江戸っ子は、ちくわぶなんて「麩」のできそこないは食えるかっていう声もあるでしょうけど、
私はこの麩のできそこないが好きなんだなあ。
落語の「時そば」で、ちくわぶなんて病人が喰うみてえなもんは食えるかって啖呵を切ると、
そばの中に薄くスライスしたちくわぶが入っていて
「いいんでえ、オレは病人だから」って、なよっとするシーンが好きです(笑)

ちなみに、結局おでんはこれしか頼まなかった、おでん屋さんなのにね。

次、ナマモノは・・北寄貝をください。
すると、こんなステキな盛で供されました。
IMG_7642.JPG
まったく、春の息吹が聞こえてくるようじゃないですか。
「これは絶対に日本酒だよね」と同行者。
安定のお酒・菊正宗のぬる燗を頼みましょう。
ここから大徳利のヘビロテが始まり、チマチマ食しながらの飲酒。
さすがに、もう一品くらい注文しようと、選んだのがこれ。
IMG_7644.JPG
じゃがバターの塩辛乗せ。
あらびきコショーのスパイシーさと、カイワレの彩りがセンスある。
でも、あとでカウントしたら大徳利を5本飲んでいた(笑)

とまあ、こんな山賊みたいな飲みでありました。
ステキなバレンタインでした。(いろんな意味で)

タグ:大宮
nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理