So-net無料ブログ作成
検索選択

10月26日、中華バルでの宴 越谷 [飲む]

10月26日(月)、中華バルでの宴 越谷

この1週間は、できたらゆったりと過ごしたいと思いつつ、やらなければいけないことが山積ゆえ、
日中は打ち合わせや書類作成など、デスクワークにいそしむ。
でも、つるべ落としの秋の夕暮を過ぎると、どうしても酒の誘惑に・・。
普段なら、リレーのように作業のバトンタッチができれば、サクッとオンオフの切り替えができるのですが、
こうやって自分主導の作業に没頭していると、切り替えが上手ではありません。

こんな時に嬉しいのは、飲み仲間さんの存在。
「きょう、どう?」って投げかけたら、「いいよ!中華バルに行こう!」とリアクト。
思いがけずの、中華ナイトになりました。

個人的に中華は好きなんだけど、やっぱりポーションが大きく、
何人かでシェアした方が圧倒的に楽しいのも中華。
まだできたばかりだという、美人の女将さん夫婦がやっている、越谷の「光龍房」さんに行ってきました。
胡蝶蘭が店頭をにぎわす、フレッシュなお店。
久しぶりの中華で嬉しいです。

まずは同行者のおススメ、くらげ。
IMG_6285.JPG
こんなに肉厚なクラゲは初めて。
まずはビールからのスタートですよ。

青菜の炒め物。
IMG_6287.JPG
どの中華に行っても、だいたい頼むもの。
シャキシャキの空芯菜が美味しい。
「四川風の麻婆豆腐ですがいかがでしょう」と、おススメしてくれた女将さん。
辛いのはちょこっと大変ですが、個人的に麻婆豆腐は大好きです。
IMG_6290.JPG
山椒がしっかり効いた、味わいたっぷりの一品。
これも一人だと持て余してしまいそうですが、2人だと美味しく頂けます。

ここで紹興酒に移行、チマチマとグラスで発注せずに、しっかりボトル。
IMG_6292.JPG
年数が若い方が美味しいこともあるから、紹興酒って面白い、温めてもらいます。
ザラメは、同行者ともども「いりません!」。
どうせ箸休めのスナックになってしまうか、綿菓子を作りたくなっちゃうから(笑)

骨付き肉、八角のアクセントが効く。
IMG_6296.JPG
パクチー、久々です。
これまた同行者ともども、パクチー好きゆえ、奪い合うように食べる始末。
蒸しパンをちょこっともらい、タレをぬぐう。
IMG_6297.JPG

この前、ぴったんこカンカンで「吉田羊の酒場放浪記」っていうのをやっていて、
(類さんではなく、女優の吉田羊が、安住紳一郎と酒を飲み歩く番組)
小龍包は供されてからすぐに食べないと、皮が固くなったらご利益がないと言っていたので、
小龍包が供される前にまずは、つけダレのカスタマイズ。
IMG_6301.JPG
最少ロットで、アツアツを食べる趣向。
IMG_6298.JPG
レンゲに乗せて・・。
IMG_6305.JPG
パクリ・・口中大やけど必至(笑)の、美味しい食べ方であります!

最後に一品、ナスでなにか作ってもらいたいな。
マーボーナス
IMG_6310.JPG
ナスって、子どものころは何が美味しいのかわからなかったけど、
大人になると、喜んで食べる素材の一つ。

珍しく食後に甘味を。
IMG_6314.JPG
ゴマ付き団子、この胡麻油の入ったこしあんが好きなんだな。
桂花陳酒のロックを食後酒に頂きました。
値段も手ごろで、ポーションが大きくないので、いろいろ楽しめるお店。
最後は、厨房のご主人も挨拶に出てきてくださりました。
ごちそうさまでした。

食後酒まで飲んだのに、なお転戦してバーに伺いました。
プチ無職の夜は、こうして過ごしていたのであります。



タグ:越谷
nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

迷い子と、スーパー銭湯と眉間のあざ [飲む]

迷い子と、スーパー銭湯と眉間のあざ

きのう書いた記事は、家族での夕食会でしたが、
そのあと、私は単独で、日曜の夜の地元バーに行きました。
バーのポートエレンさんであります。

そこで、底冷えの夜を、グラスを傾けながら楽しんでいましたら、
不意に明るい声のするお客さんが。
飲み仲間さんにして、この前のけやきビール祭りで一緒だったご夫婦さんです。
明るい奥さん(この人は旧姓が横田さんなので「ジャガーさん」と呼ばれています)。
そして、心優しいのになぜか原色のスーツを着ちゃったりする旦那さん
数年前に、こっそり結婚したのを勝手に祝おうと、
別の人たちの結婚式の二次会に「セット」にして、大酒宴を開いたのでありました。
そのミッションの首謀者は私だったんですけど・・。

この前のビール祭りは楽しかったねという話をしようと思ったら、
「とんでもない!あのあと大事件があったんだよ~」とのこと。
なになに・・。

会場内で、三々五々分かれて、私たちはおっとり刀で大宮に流れたんです。
(その後3軒ハシゴで、親子をナンパして飲みに行った痛恨の出来事・・
彼女たち夫婦は、2人で帰宅することに。
さいたま新都心駅の改札の手前で、ダンナにちょっとこの荷物を持っててという彼女。
そしたらトイレに行きたいからとダンナが先に改札に入ったんだって。
トイレが終われば、改札に戻ってきてくれると思った彼女、待てど暮らせど戻ってこないダンナ。

――実はダンナ、かなり酔っぱらっていて、
荷物を持っていることも奥さんと一緒だったことも忘れ、
電車に乗って家に帰っちゃったんだって。
2度の乗り換えもこなし、家に帰って布団にもぐりこんじゃった!

さあ、困ったのが奥さん、ケータイも財布もなにも全部、カバンに入っているから、
電車に乗ることもできず、だれも知り合いもいない。
半泣きで鉄道警察隊の分駐所に行くも、警察官がたまたまいなかった。
横の電話を取り上げ「カバンが・・ないんです・・」と嗚咽。
すると警察官、なにかの事件かと思って、集まってきちゃったみたい。

カクカクシカジカ・・こういうことなんですというと、半笑いの警察官が、
「旦那さんも、かなり酔っていたのかな」とのこと。
家に電話しても出ないし、ケータイにかけても出ない。
その頃旦那は、夢心地で帰路の真っ最中だったんだから。
いい年して、号泣しながら拝み倒してやっと借りた1000円で
なんとか家に帰ってきたんだけど、
めでたくその日は、酔いが覚めるまで、大抗争が繰り広げられたようであります(笑)

ここんちは、仲がいいんだけど、事件が勃発すると
周囲に避難勧告が出されるほどの「武闘革命路線」だから、
さぞ盛り上がったことでしょう!

その話を夫婦が掛け合いのように話すので、バーテンダーさんも私も大笑い。
いまは仲良しになったようで、よかったのであります。

その夫婦は、この日、行きたかったスーパー銭湯に行ったらしいんだけど、
ダンナのおでこに、へんな赤い「あざ」みたいのができているのね。
なんかインドの女性の人みたいな、ちょうど眉間にあるの。
「もしかして、きょうも武闘革命があったの?」と聞くと、
ダンナが「へ?」という顔でこういうのね。
「だって、今日はスーパー銭湯に行ったから・・」

スーパー銭湯と眉間のあざの、因果関係がまったくわからない私たち。
すると、驚異の意見が展開されました。

「カランで体を洗うときって、お湯を出すプッシュボタンを何度も手で押すのが面倒だから、
おでこでお湯のボタンを押すよね――」
は?――そんなことしている人、見たことないよ!

なんでも、その額の連打で、銭湯帰りには眉間にあざができるっていうのがダンナの言い分。
こっちは、そんなこと夢にも思ったことがないから、みんな鼻水を出して笑っている。
でもやだよね、カラダや頭を洗っている人が、額でお湯のボタンをプッシュしているのって。
ブッチャーだったら流血だぜ(笑)

こういう、奇人変人コーナーみたいな人が、
酒場にはごく普通にいるから、酒場通いはやめられないのであります(笑)
この夫婦、きっと死ぬまで生きてると思います(爆)




nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10月25日、吹奏楽の演奏会と、家族で迎える夕食会 春日部 [見ると飲む]

きょうは朝から1日研修です。
たった数日でも、仕事を離れているので、リハビリをしないとついていけなさそう・・。
夕方に終わったら、どこかに行きたいぞ!
都内飲みか、もしかしたら北関東遠征か・・。
無目的にウロウロするかもしれません。
----------------------

10月25日(日)、吹奏楽の演奏会と、家族で迎える夕食会 春日部

十数年ぶりに、目覚まし時計をかけずに迎える朝。
日ごろの習慣は残念なもので、結果的に同じ時刻に目は覚めました(笑)
でも、あ、今日は起きなくていいんだと思って、そのままもう一度布団にもぐりこむ。
これが皆さんの過ごす休日なんだろうなって思いましたよ。
私もつかの間です、こういう生活ができるのは・・。

この日は仕事のやることをずっとこなしておりました。
一時的に無職とはいえ、このあと来週以降にやることは山積しています。
そういう作業をぽろぽろやっておりました。
世間は木枯らし1号とのこと。
冷たい風が吹きすさぶ中、夕方前から動きはじめます。

まずは、お知り合いの飲み仲間が出演するという、吹奏楽の演奏会。
といっても、地域の公民館祭りゆえ、お客さんはパイプ椅子に座り、
演者も同じ高さで演奏、そして会場が公民館の小さなホールであります。
到着が遅くなったので、吹奏楽の時間途中からの入場。
会場からは森進一の「襟裳岬」が流れる(笑)
どうやら昭和歌謡メドレーだったようであります。
お客さんの年齢層に合わせての選曲、なにげに私も昭和歌謡「どストライク」組!

ディズニーメドレーを挟み、楽器紹介は、丁寧にさまざまな楽器を披露していました。
みんな、無茶ぶりだったらしいのですが、その楽器ならではのワンフレーズというと、
楽器の特徴を存分に表す曲を演奏するんだなあって思いましたよ。

そしてこの日のメインは、エルガーの「威風堂々」。
管弦楽で聴いたことはありますが、吹奏楽だけというのは初めて。
イギリスでは超有名、BBCプロムスでの観客が、
膝でリズムを取り一緒に歌うのはお約束ですもの。

原曲よりも2つくらい調を低くしているのかな、あとリズムも少しだけ遅め。
だから、なんだかハレバレ感というよりも「曲をしっかり聴かせる」的な演奏でした。
でも、金管の圧は、狭い会場にあふれんばかりでしたね。

アンコールは蛍の光、そして数日間行われたという公民館祭りの大トリでもあったみたいです。
飲み仲間さんに挨拶をしようかなと思ったのですが、
こちらもこのあとの用事が立て込んでいまして、すぐに帰ってきてしまいました。

というのも、兄妹たちから「こういうタイミングじゃないと、
全家族がそろっての食事なんてできないから、万難を排して戻ってきてください」とのこと。
母・弟夫婦・妹1号・妹2号家族に私を含めて、総勢9人による夕食会です。
場所は、家から車で15分ほどのお店「朝日屋」さん
元々お蕎麦屋さんだったようですが、それをファミリー向けの食事処にしたみたいです。

寝起きの甥っ子2号は、少しご機嫌斜め。
IMG_6255.JPG
男どもはビールからスタート、このあと日本酒やチューハイなどに移行していく。
刺し盛り。
IMG_6259.JPG
甥っ子2号のお子さまセット。
IMG_6260.JPG

ポテサラです。
IMG_6262.JPG
マヨネーズが別添なのが嬉しい。
弟がイチオシだという、タコのから揚げ。
IMG_6263.JPG
確かに美味しい。
豆腐サラダ。
IMG_6266.JPG
ご丁寧に、ドレッシングを3本持ってきてくれる。

義理の弟が発注のエビフライカキフライセット
IMG_6268.JPG
兄ちゃん、カキ食べなよと、私が好きなのを見越してくれました。
うちの一家はありがたいことに、痛風系の面々が皆無なので、
こういうのをむしゃむしゃ食べちゃう家。

甥っ子1号発注は、寿司というシブいチョイス。
写真を撮るって言ったら、しゃしゃり出てきた(笑)
IMG_6272.JPG
いま甥っ子1号は、修学旅行に行っています。
妹1号の発注は、まぐろ尽くしセット。
IMG_6274.JPG
この人は魚介が苦手なので、まぐろしか食べられないという式守家の異端児(爆)

おふくろは、天ぷらだのそばだのをつけたセット。
IMG_6276.JPG
このセットの麺違いで、妹2号や義理の妹は同じものを発注。

弟はどこに行ってもあまりぶれません、カレーセット。
IMG_6280.JPG
懐かしい味がするカレー。

――で、気がついたら、自分のフードを痛恨の撮り忘れ(爆)
天ぷらとお刺身のついたセットで、おもに酒のつまみになるものばかり。
男どもが底なしに飲みはじめ、間が持たなくなった女性陣が、
甘味を注文している間に、緑茶ハイやウーロンハイを飲みましたが、
まあこれの焼酎が濃いこと濃いこと・・。
おそらく甲類焼酎を半分以上入れているんだろうな。

楽しい時間でして、最後に記念撮影をして帰ってきました。
「次にみんなが顔をそろえるのは、だれかの葬式だなというのが共通見解。
さあ、それがだれのになるのか、戦々恐々であります(笑)

タグ:芸術 春日部
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

10月24日その2、同窓会の後半戦・・長い時間の飲み(爆) 春日部 [飲む]

昨日はとんでもないぶつ切れ記事で失礼しました
きょうは同窓会の後半、そして写真もあります。
多少顔バレしちゃうのもありますが(汗)、問題があったら式守宛に「電報」で送ってください(笑)

きょう、作業がうまく終われば、日本橋浜町の明治座に行く予定。
小朝師匠と、雅楽師の東儀秀樹のコラヴォイヴェントがあるんだ。
行けたらいいな♪

---------------------
10月24日その2、同窓会の後半戦・・長い時間の飲み(爆) 春日部

怒涛のような一次会を終えて、幹事が2次会を設定したのが、駅の逆口(笑)
で、ほとんど帰らずに16名がついてきちゃった(爆)
モンテローザグループの魚民さん、この人数はなんだ!
IMG_6239.JPG
面白かったのは、FBとかラインで疎遠だった同級生が繋がろうとしているんだけど、
同世代の40代中盤は、スマホとかの扱いがみんな不慣れで、
スマホ片手に、ああでもないこうでもないと言っているの。
赤外線は・・QRコードは・・ともう大変。
私はそういうのをすでにあきらめているので「ブログを見ろ!」で終わり(爆)
わかりやすいもの、その方が。

飲みホにしなかったので、オーダーをまとめるのが大変だから、私が一括して発注していたら、
アルコールばかり40杯くらい頼んじゃって、
女子から「お願いだからソフトドリンクも頼んで」と懇願。
ワインはボトルで出てきちゃうし、もうハチャメチャです。
飲みホにした方がずっと安上がりでした。

最後のレシート、なんだこのオーダー(涙)
IMG_6376.JPG

一応カラオケもあったので、お耳汚しとは思いましたが、一曲披露しました。
きょうは恒例のアレですよ!「赤いトラクター」
途中で曲を切られましたが(涙)

旨そうに、デセールを食べる男子。
IMG_6241.JPG
女子のためにオーダーしたのに・・。
ちなみにこの男子、高校時代は相撲取りみたいな体型だったのよ。

さすがに日をまたぐような時間ゆえ、ここでかなりの人数が脱落。
5人が残って、カラオケに行くぞ!
――と、また駅の逆口に戻る。
春日部の西口は、私のテリトリーゆえ、みんなを引っ張って歩く。
カラオケはなぜか行くところ行くところ「満室」とのこと。
じゃあ、この際飲みましょう!

と、3次会はピザのお店「CONA」さん。
でも、ラストオーダーに近かったからピザは頼まず。
唯一写真があったのはこれ。
IMG_6245.JPG
お通しでありました(笑)
このピスタチオを、われわれのアイドル女子が、酔って殻ごと食べちゃった!
隣に座っていたけど、あの「ガリ!」って音は、私もハッキリ聞き取れました。
鶏みたいに、殻をぼりぼり食するアイドルってどうなのよ?

ここでは主に、めでたく調停になったアイドルさんを、男どもが激励するという、
おおよそ3次会的な話題であります。
そしてここで、先生を含む2名が脱落。

なお動き、もう一軒飲むよ!
と、この時間になると(25時過ぎ)、チェーン店しかありません。
土間土間さんに最後の飲みの場を求めました。

お通し、妙に美味しかった、味噌もいいね!
IMG_6250.JPG
さっきピザを頼めなかったから、ピザと名のつくのをオーダーしたら、
なんだか全然違う姿態のものが出てきた。
IMG_6252.JPG
バカヤロー、チーズ不得手なのに、カプレーゼなんて頼んじゃって・・。
IMG_6253.JPG
カプレーゼって、海苔なんかついてたっけ(笑)

ということで、寒風吹きすさぶ(翌日は木枯らし1号)深夜に、
タクシープールに県議先生とアイドルを押し込み、元気に帰路につきました。
長い1日でしたね。

たまに会うと、元気をもらえる面々と、久しぶりに大笑いした夜、
次の日、声がかれていました(バカ)
今度は拡声器持参で行きます!

タグ:春日部
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

10月18日、クラス会に参加しましたが文章が途中でぶつ切りになります 春日部 [飲む]

きょうはこのあと、研修に参加してから、都内のイタリアンに行く予定。
きのうは久々に中華を満喫。
いつもとあまり変わらない、日々であります(笑)
------------------
10月18日(土)、クラス会に参加しましたが文章が途中でぶつ切りになります 春日部

前日クタクタになりながら、気力だけで仕事を終えて、泥のような眠りに落ちました。
そして、3週間の「無職」になった幕開けは、工事が始まるダンプの音で目を覚ましました。
朝からものすごい勢いで業者さんが撤収を行い、その後昼からは解体業者さんが、
まあ見事なまでのぶっ壊し方で、ほぼスケルトンになりました。

この時点で残存体力はほぼないのですが、
この日は夜に高校の同窓会が設定されていたのです
1か月前くらいに連絡をもらった時は、この日程だと絶対に参加できないと思い、
「たぶんムリだよ」と返事をしておいたのね。
そしたら「式守が来ないとだめだから、遅れてでも来い」と、訳の分からない幹事の見解。
そこまで請われているのはありがたいんですけど、それはそれでプレッシャーなんだよね。

少しだけ仮眠を取って、それでも1時間遅れで会場の居酒屋さんに向かいました。
どうやら私が一番遅かったようで(汗)、いろいろ料理を取っておいてくれました。
駆けつけなんとかで、乱立している瓶ビールを飲み干す!

高校時代の同級生は、みんな仲が良くて、何年かに一度は会っています。
一回り上の先生も、毎回楽しみに来てくれる。
もはや、40代の私たちと50代の先生の見た目の年齢差はあまりないもん(笑)
今回も20人を超える人数が集結しました。
幹事が押さえていた部屋は、たぶん15~6人くらいだったので、
もう狭くて、隣同士が密着するくらいの近さ。
あげく、私が到着したら「席替えタイ~ム」だって(爆)
学生だよ、その乗りって・・。

出世頭は、県議会議員先生になった人。
ほとんどが家庭もちで、この日の独身者は男ばかり3人という痛々しさ(含む式守)。
3回目の結婚を今年した男は、3ヶ月の男の子がいるんだと、スマホで写真を見せてくれたけど、
前妻との間の子どもの養育費が、月に10万円だと(爆)
そんな生々しい会話も弾む、素敵な同窓会は、3時間の飲みホゆえ、
ここは本領発揮と「瓶ビールをP箱で持ってきて」などとのたまう始末。
写真を撮ったけど、ほとんど顔バレしちゃうから、掲載できません(涙)

昨年初産で出産したという女子は、1歳半の子どもの写真を見せながら親バカっぷりを発揮。
でも、いい育て方をしているみたいで、ウラヤマシイ。
自分は家庭もないし、子どももいないけど、子育てはしてみたいなって思うから、
そういう話を聞くのは楽しい時間です。
「親バカみたいだけど・・」って言うから、そんなことないって言った。
親だからバカになれるんだもん、他人はそこまでは言わないもん。
親バカ上等だ!って思うんですよね。

そんな中、今回の幹事にして、クラスのアイドル
そしてなぜか私の飲み仲間さんのこと。
この人、最近家庭環境の激変で、同窓会の前の日が、第1回目の調停の日(爆)
そのことをとっくに周囲の人に話しているんだと思って、
「で、どう思う?おれたちのアイドルの家庭内不和は」って言ったら、
みんながキョトンとしている。
あれ?まさかまだ言ってないの?
――と、とんだフライングをかましてしまいまして、
そこからはみんなが「なになに、どうしたの」と質問攻め。
こうなったらヒールになるしかないんで、
「ここんちが無事に離婚したら、式守と結婚するから」と言って、
みんなをより呆れさせることにしました(爆)


――ここでぶつ切りに終わってしまいますが、
続きを書く時間の余裕がないので、続きはまたあした。
写真もまたあした(笑)

nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

遅延情報 [番外]

すみません、時間が間に合わなかったのです(涙)
あと少しで、書き終わります。
ということで、とりあえず遅延情報。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

10月第4週のバタバタな日程 [やる]

10月第4週のバタバタな日程


10月17日のママパパプラネタリウムを終えたあと、
先日も書きました「ミッション」のための準備に注力しておりました。
なんだかはやる気持ちを押さえつつ、やらなければいけないことと「やれること」の狭間に揺れ、
刻々と迫る時間と、山のような資材を前に、途方に暮れていた時期であります。

18日、19日、20日は、追われる仕事をこなして夜遅くに自室に戻ってから、
今度はプライベートのやることをこなして、結果的に明け方までの作業。

21日は少しだけ先が見えたので、夜に北千住の大はしさんと、
武里のブラッディマリーさんに訪店しました。
どちらも、疲弊した心理を癒やしてくれるお店と供される物ものでしたが、
総じてアルコールは抑え目でありました。

22日は、なおミッション準備に追われます。
翌日がきつい1日になるのがわかっていたので、
レッドブルやオロナミンCを準備して、ちょこっとだけ早めに寝ました。

そして23日が、店舗のクローズの日。
いつもよりも早めに出勤して、クローズに向けた作業を開始しました。
午後に入ると浮き足だちまして、あっという間に15時のクローズ。
そして、この日中にすべての商品、資機材を、定められた倉庫にしまいます。
そのために、数日前にコンテナ倉庫2棟を準備、新設された物置の他に、
近隣の協力店舗の倉庫までお借りして、大いなる引っ越し作業。
時間がたっても、まったく片付かず、結果的に23時過ぎまでかかって、どうにか作業終了。
思えば、朝から健康飲料以外の固形物を口にせず、
目ばかりギラギラしていた感じでありました。

深夜に、一人お疲れさんの意味のビールを飲みましたが、
そのまま泥のように眠りに落ちました。

24日は、朝からものすごい工事音で目覚めました。
この日、出勤時間は7時30分でしたが、すでに6時台に多くの関係車両が集まっています。
それぞれの業者さんが、決められたミッションをこなすために集結。
午前中でありとあらゆる機材を撤収し、午後からは威勢のいい雰囲気の皆さんが集結し、
建物のぶっ壊しにかかります。
おおむね15時には、私の居場所が無くなりました。
(そりゃそうですよね、もはや職人さんたちの壮大なる解体現場に、
私のできることはありませんもの)

昼風呂に入り、朝から放っておいた胃袋にトーストを流し込み、
多くの知り合いが見に行っていた「さいたまクリテリウム」(自転車競技)の中継を見ながら、
あっという間に泥のような眠りに落ちました。
たった45分の休息のあと、前々から誘われていた、高校時代のクラス会に1時間遅れで参加。
そのままサクッと帰ればいいものの、行きつくところまでいかないといけない性分ゆえ、
最終的に4次会まで付き合い、27時まで飲み続けました。
クラス会の模様は、日をあらためてお送りします。

そして25日、この日のことも後日、詳細に記事化する予定ですが、
18年半の経験の中ではじめて、目覚まし時計をかけず、枕元に電話を置かず、
思いのまま、惰眠をむさぼることにしました。
とはいえ、工事音はハンパなく、耳栓をしての睡眠。
でも、気の毒な習性は、いつもと同じ時間に目覚めてしまう(涙)
いつもなら飛び起きるのですが、この日ばかりは布団で二度寝を楽しみました!

デスクワークのあと、お知り合いの吹奏楽のプチ演奏会を聴いてから地元へ。
兄妹とその家族たち総勢9名での外食に誘われました。
冠婚葬祭意外に、全部のメンバーが集結することがないので、
久しぶりの食事で、いささか飲みすぎたものの、楽しいひと時でした。
その後、バーに飲みに行き、日をまたいだころに帰宅して、この記事を書いているというわけ。
――ちょっとワイルドな数日でありました。

今週だけが少しだけ余裕があると思うのですが、
飛び石のように、仕事上の研修などを入れてしまったので、
宿泊を伴うようなオフになりません。
おそらくは連日、日中は仕事のことやプラネタリウムの次回投影の準備。
そして夜は、趣味の芸術鑑賞か酒場を冷やかすという、
ほぼほぼいつもの生活が踏襲されると思われます。
相変わらず時間の使い方が「ヘタっピ」であります。

ということで、福岡ソフトバンクの2連勝の日本シリーズも面白いですが、
個人的には連日飲み歩けたらいいなと思っています。
オフをまるごとオフにできない「貧乏性」ゆえ、極めて近場にいると思われますので、
飲み仲間さんたちは、見かけたら遊んでくださいね(笑)

きのうの十三夜、素敵な月を見ることができました。
木枯らし一号が吹き荒れていましたが、大気が澄んでいましたので、
空を見るのには最適ですよね。
そして――、十三夜の月明かりに負けないような、ハッキリとした流れ星を見ることができました!
時間的には20時30分くらい、カシオペア座の付近に、横に流れる流星。
なんだか嬉しい瞬間でした。
いいことがあるかなって思っている自分が、少し単純ですが・・。

あすからの記事は、この間の詳細を書き連ねたいと思います。

タグ:仕事
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ワカコ酒94夜、「肉じゃが」 [ワカコ酒]

ワカコ酒94夜、「肉じゃが」


新久千映さんの作品「ワカコ酒4巻」のタイトルを紹介しながら、私のコメントを挟む企画。

20150623ワカコ酒4巻.jpg

きょうは十三夜ですね。
夜に月を見ることができたら、「後の名月」と言われる、名月を見ることができるでしょう。
私、もしかしたら今日は、10数年ぶりの全休日になっているかもしれません。
おそらくは、これまでの疲弊を癒やすために、惰眠をむさぼっているかも・・。
でも、それは原稿執筆時の「希望的観測」
細々したことがあったりして、そうは問屋が卸さないかもしれません。
どうなることやら。


「ワカコ酒」とは、OLさんの村崎ワカコ(26)が醸し出す、酒場礼賛コミックスであります。
20130701ワカコ酒2.jpg

第94夜は「肉じゃが」。

海岸沿いを散策するワカコ、基本的に東京で働くワカコだから、
もしかしたら、オフにどこかきたのかもしれない。
いい具合にお腹が空いた、小腹を満たすということは、なにかを食べながらお酒を飲むということ。
いい感じに洋食の看板を出した、昔からある食堂があった。
メニューを見ると、とんかつじゃなくて「カツレツ」とあるあたり、洋食堂なのね。
肉じゃがってあったから、冷たいお酒で頂きます(洋食堂なのにこのチョイス・・)。

大きめのココットによそってこられた肉じゃが、あまりのジャガイモの大きさにちょっと驚く。
火が通っているのかしらと訝しがってしまうほど、でもほぐほぐしている。
箸から手に伝わるほっくり感触、中まで染みてる出汁の色。
このホクホク感、メークイン全盛の時代に、あえて男爵だ
たいてい肉が入っているお料理は、肉がメインになるんだけど、
ジャガイモを主役に押し上げるこの存在感。
これまた糸こんにゃくが、甘辛で合うこと!
にくじゃがは、ビーフシチューをまねて身近な調味料で作ったハイカラなものだったんだよね。
だから、ここ洋食屋さんで、供されているのかな。
――それでもやっぱり日本の味・・。
日本のお酒と結ばれる、親しみの味!

厨房はおじいちゃん、お運びさんがおばあちゃん。
近所の人が家族単位で、卓を囲む温かみ。
代々守ってきた味なのかな?
私も今度、男爵で作ってみよう!
・・きっとそう簡単に追いつけないけどね。

【シキモリ酒】

世の男性が、奥さまになってもらう方に、作ってもらいたい代表格のアイテム、
どんなにスタイリッシュな人間でも、家庭に回帰したくなる「肉じゃが」です。
ちなみに私、肉じゃがに対するそこまでの固執はありません。
女性に、そこまで作ってもらいたいとは思いません。

ある人が、肉じゃがっていうのは親の味を思い出すので、
基本的にマザコンの男の、母親に対するあこがれみたいなものだと言っていました。
私は、あまり母に、肉じゃがを作ってもらった記憶がないから、
そこまでドライなのかな?
セブンプレミアムでも、いいかなと思っちゃったりもします(笑)

なにがそこまで、肉じゃがに距離を取っているのかな。
もしかしたら、直感的にジャガイモを食べるとお腹がふくれると思っているのかもしれません。
満腹感はハンパないですものね。
煮物は好きなんだけど、筑前煮とかの方が好きかな。

ワカコは昔からある洋食屋さんに来ました。
作中のお店はきっと、著者が実際に訪れたんだと思う。
たたずまいは、地元に溶け込んでいる和の食堂なんだけど、
洋食を標榜しているから、ずっと何十年もやっているんだろうな。
地元で、ハレの日には家族で行くお店っていうと、
やっぱり洋食だったのですよね。

私が幼少のころは、ファミリーレストランができた頃でした。
家族でのたまに行く外食は、近所にあった「すかいらーく」でしたね。
(いまだに同じ場所に、ガストがあります)
そのすかいらーくに、タバコの自販機を置かせてもらっていたのが、うちの父の仕事でした。
だから、いわばお得意さまへの、訪店でありました。
当時は、ファミレスもいまのように安いメニューではなくて、
普通に1000円を越しちゃうような価格設定。
30年も前に、1000円超の夕食は、かなりの贅沢食事でした。
弟も妹も上気していて、店内を闊歩したり、やりたい放題。
そういう姿を見ながら、一緒にご飯を食べていた父母が、
目を細めていたのが、いまも思い浮かびます。
ファミレスが、本来のファミレスの姿だったころの時代ですね。

肉じゃがは、ビーフシチューの和風版だというのは、
なにかの本で読んだような記憶があります。
和と洋は、お互いのいいところを模倣しあって、より美味しいものを目指したのですから、
そういうリンクはあるんでしょうね。
とんかつとカツレツ、しょうが焼きとチキンソテー、焼きそばとナポリタン。
思えば、このアイテムって、昔からある「食堂」の必須アイテムです。
食堂っていう響きは、日本人のDNAをくすぐるような気がします。

最近ご訪問できていませんが、ソネブロのとんちゃんさんが書く「とんちゃん日記」には、
各地での食堂巡りも、楽しいコンテンツになっています。
主にランチでの訪店ゆえ、純粋に食事を楽しんでいらっしゃいますが、
またチョイスするお店が、キッチュなところが多くて、楽しい。
でも、もはや「絶滅危惧種」になってしまっている、古来の食堂。
いい部分も悪い部分もひっくるめて、大事にしたいなあって思います。

ワカコが訪れた食堂も、おじいちゃんとおばあちゃんが経営している。
元気だし長生きだし。
そういう、自分よりも明らかに先輩が働く光景を見ると、心がいっぱいになります。
この人たちがお店そのものであって、お店とともに成長して、お店とともに消える。
だからでしょう、そういう特別な調味料があるから、
特段のものではないアイテムが、ビックリするほどの感銘を受けるのです。
いつまでも続けてほしいけど、もう少しゆったりしてほしいなあって思う。
その、なにかたどり着きにくいお店への思いが、
食堂には満たされています。

「土着」って、あまりいい意味でつかわれる言葉じゃないけど、
こと食堂は「土着」であってほしいなあ。
タグ:ワカコ酒
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

10月17日その2、一人打ち上げ 春日部 [飲む]

きょうは朝から、いろいろ片づけをしております。
いいお天気なんだろうな。
夜に、地元で飲み会が企画されているんだけど、
片付けが終わらなければ、行けません。
おそらく途中からは「お酒、お酒・・」とつぶやいていることでしょう。

そんなきょうは二十四節気の「霜降(そうこう)」
朝晩がめっきり涼しくなりましたものね。

-------------------
10月17日その2、一人打ち上げ 春日部


きのう、大マジメに書いた次の日がこんな体で申し訳ないんだけど、
ネタとしての順番がこうなので、ごめんなさいね。

おとといの記事に書いた、ママパパプラネタリウムが終わってからの話。
とにかく、打ち上げをせずに会議をやったから、なんだかクタクタでありました。
思えば数日間、睡眠が4時間弱という日を続けていたので、
早く帰れば眠れるんだけど、気分がアルコールを欲していました。

地元に戻って、大衆酒場のあさひさんに潜り込みます。
こちらもこの日は忙しかったらしく、至るところのグラスや食器が片付いていない。
あいているカウンターに腰を下ろしました。
まずはビール、こちらの瓶ビールは赤星。
すぐに出てくるショーケースの中から、なめこおろしを出してもらいました。
IMG_6224.JPG
右は、春雨の中華スープ、おろしは写真を撮るのを待ちきれずに、とりあえず一口食べちゃった。

そういえば、お腹もすいていたんだよね。
プラネタリウムの差し入れは、お菓子ばかりだから。
と、煮込みとから揚げ、こちらの定番です。
IMG_6228.JPG
ビールのあとは、日本酒に移行。
1合徳利しかないのを知っているから、手間を省くために、
いきなり2本持ってきてもらう。
IMG_6229.JPG
こうやって、他のお客さんが頼まない、ちょこっと違うオーダーをすることで、
お店の人が覚えていくっていうものもあります。

ここのセロリの浅漬けは美味しいんだよね。
IMG_6230.JPG
他のお客さんが頼んでいたのを見て、自分も食べた~いとオーダー。
日本酒をもっと飲みたいと思っているのですが、なんだかぶっ壊れちゃいそうなので、
緑茶ハイにしました。
そして、たくあん。
IMG_6232.JPG
これも、けっこう味わいが濃くて好きなアイテム。
ここまでにしておきましょう、ごちそうさまでした。

ふらつく足で、バーのポートエレンさん。
そこで数杯飲んだのですが、やっぱり疲労の色が濃かったらしく、
「いつもと目つきが違う」と、バーテンダーさんに指摘される。
そりゃそうだよね、横になったら間髪入れずに眠れるくらいだもの。
といいつつ、遅くまで飲んでいました。

プラネタリウムという趣味の世界を堪能した夜、
そして翌日からは仕事に注力する切り替えの日でありました。


タグ:春日部
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ご報告、秋の大きなミッションが始まりました! [番外]

ご報告、秋の大きなミッションが始まりました!

弊ブログは、仕事のことをあまり持ちこまずに、趣味や芸術、芸能に溺れ、
最終的にへべれけになる過程を記したものであります。
その姿勢で、開設以来5年弱、運営してきました。

なぜ仕事のことを書かないのかというと、
個人の特定になってしまうこともありましたが、
やっぱり面白くないということに尽きます。
私は仕事人間ではないと思っていますが、世間では激務の部類に入るようです。
ですから、いくらでも仕事ネタで記事を書けますが、それはしないでおりました。

もし仕事を「走ること」に例えるなら、私の仕事は短距離でも中距離でもありません。
マラソンでもない、じゃあなに?っていうと「持久走」です。
終わりがなく、ずっとだらだたと走っているようなもの。
もちろん、その走る区間には、チェックポイントも高低差もありますが、
基本は、ゴールがないランナーです。

仕事のことを書かないのを是としてきました。
その思想は今後も続けたいと思います。
ですが、これからの1カ月、信じられないくらいの環境の変化があります。
というか、すでにこの変化は1カ月程度前からありました。
もしかしたら今後、弊ブログの「毎日13時アップ」が、不意に飛ぶ可能性があります。
ですので、1ヶ月限定で、少しだけ仕事のことを露わにさせてください。

本日15時をもって、18年半、ただの一度も休むことのなかった、
私が経営していたお店を閉めます。
これは、まさに「ただの一度も」でした。
私も勤務時間の長短はあれど、丸1日休んだことが、過去18年半、ありません。

お店をクローズするのは、改装を主目的としています。
3週間の改装休業のあと、11月13日に同じお店を再開します。
23名いる従業員は、一人も欠けることなく、新しいお店に入ります。

1カ月程度前に、正式にクローズの日程が出てから、非日常の作業をずっと繰り返してきました。
商品の整理、私物や備品の片づけ、工事に関わる打ち合わせなどなど。
まさに、寝る時間がないというのはこういうことだなと思いました。
でも、仕事が忙しいから、趣味はやらないというのは、私の信条に反します。
よって、より眠れない日々が続きました。
10月17日のママパパプラネが終わったので、少し趣味は減ります。
いまは仕事に注力する時期だと思っています。

きょうの15時、一時的に営業をストップし、今日中に備品を運び出したら、
あすの朝から、大規模な工事が始まります。
3週間の休業中に、私がゆったりできる日が、果たして何時間あるのかしら・・。
それは今後の進行次第というところでしょうか。
多分、最初の数日だけ、ゆったりできるのかな・・。

ところが、お店再開後に「熟睡プラ寝たリウム」があるので、
そのための準備をその間に行わないといけないのです(涙)
ちょっと今回は、さすがにこの日程を組んだ自分を恨みます(笑)

でも、思うのです。
こういう時だからこそ、力を発揮できなかったら、これまで何してた!ってことになると。
そしておそらく、時間の余裕があろうがなかろうが、きっと結果は同じだと。
だったら、ちょっと頑張ってみようかなと思うのであります。

私のこの秋のミッションは、3つの日程を目指したものであります。
その1つ目がきょう10月23日、お店を一時休業するためのミッション。
2つ目が11月13日、お店を再開するためのミッション。
そして3つ目、11月21日の熟睡プラ寝たリウム。
そのころは、もう、年の瀬になっちゃうんだよね・・。

11月下旬、そのいずれのミッションもコンプリートしたころ、
今度は「年末年始だ~」と言いながら、なお慌ただしい日を送っていると思います。
でも、一回り大きくなった、式守になれると思っています。
読者のみなさんにおかれましては、
訪問頻度の減少、コメントや記事の遅延などがあると思いますが、
どうか温かく見守って下さればと思います。

繰り返しになりますが、これまで明らかにしていなかった、私の仕事の内容が、
少しだけわかるようになります。
でもそれは、ブログ運営上、やむを得ないと思ったからであります。
ミッション終了まで、ちょこちょこ仕事が見えてしまうことをお許し下さい。
そして、もし可能でありましたら、この期間が終了したら、
元のモヤモヤした職種に戻せたらと思います。

おこがましい考えかもしれませんが
「知ってて知らないふりができる」のが、大人の矜持だと思います。
弊ブログの読者さまは、きっとそれができると確信します。
期間中、仕事内容がわかったとしても、
その後にまた知らないふりで、また交流をさせてもらえたら、なんてステキかなって思います。
なにとぞ、よろしくお願いします。

まあ、近しい方で私の職種をご存じの方にとっては、なにも変わらないんですけどね(笑)
nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感