So-net無料ブログ作成
検索選択

6月20日、会議中にバインミー? 大宮 [やると飲む]

6月20日(土)、会議中にバインミー? 大宮

ほぼ5日間連続出撃の2日目。
ちなみに1日目は、横浜スタジアムの野球の日、だからその次の日。
仕事がそれなりに忙しかったのだけれど、なんとか早目に抜け出せました。

この日は大宮のプラネタリウムで、いろいろ予定が詰まっている日だったのです。
17時から会議。
そしてそれと並行して、18時からのプラネタリウム通常投影「星空散歩」は、
劇場主催なるも、そのあとに月と金星と木星の観望会が19時30分から予定されている。
劇場の屋上に、望遠鏡を並べて、お客さんに見てもらうの。
この時期は昼が長く、19時の投影終了でもまだ空が明るいから、
30分ほどお客さんに待っててもらわないといけない。
だから、うちのメンバーが「つなぎの投影」として、約15分のショート版をやることになっていた。
――しかし当日は厚い雲が立ち込めてきて、もうすぐ雨が降るかもみたいな天気。
18時30分の段階で天候の回復が見込めないとして、観望会は中止。
だから、お客さんに待っていてもらう必要が無くなったので、ショート投影も中止でした。

ということで、17時からの会議が19時30分までみっちり。
だって、私たちのグループの企画はこのあと目白押しですからね。

この日、劇場に来る前にご飯を食べることができなかったのね。
いつもだと、近くのコンビニで、パンなどを買ってむしゃむしゃ食べながら、会議に臨んでいます。
でもこの日、大宮駅の駅ナカデリ「エキュート」に、前から気になっていたお店があったのです。
プロント系の「We CAFFE」という、シャレオツなお酒も飲めるお店。
そこのランチメニューに、式守のマイブームであるベトナム料理の「バインミー」があるのです。
あくまでランチゆえ、17時までのもの。
いつも通るときは夕方~夜なので、購入することができない。

この日は17時前だったので、テイクアウトで購入してきました。
サラダとドリンクがつくコースがメインだったけど、ドリンクは別にいらないし、
サラダがあっても、会議中にむしゃむしゃ食べるわけにもいかないし。
じゃあ、単品でください。

「中に入る『なます』がなくなっちゃったので、なくても良ければご提供できます」とのこと。
そうそう、バインミーはなますが入るのがデフォルトなんです。
残念、でもいいっす。
数種類あるものの中で、あまり匂いが漏れそうもない(なんせ会議中の食事ゆえ)
「ベジタブル」を頼みました。

仰々しい入れ物に入って登場、そのまま会議に臨みます。
そしておもむろに箱から出す。
IMG_4350.JPG
トマトに、カリカリのお肉みたいなのに、アボカドも入っていて、やたらオイリー
以前食べたのは、こんなに油っぽくなかったけど・・。
なんだか香ばしい香りが・・。
でも、少量だけどパクチーも入っている。
一斉に私の食事をガン見され、「本気食いしてる!」とメンバー。
いたたまれず、よく味わうこともできず、コソコソ食べていました。
途中で脂が垂れちゃって、指がベトベト。
会議中はもう少しおとなしめなものを食べることにしましょう(笑)

観望会が無くなり、会議を3時間弱やって、残りの1時間くらいはホールに入ります。
もう時間がないので、リハーサルという訳に行かず、音響担当者の音響講習になりました。
そうだ、先日購入したこれ
IMG_4269.JPG
メンバーに初お披露目、みんな興味津々。
家で少しだけマスターした、さまざまな機能を説明すると、各自が「これはいいねえ」と絶賛。
代表が「グループの予算から支出しようか」と言われましたが、
それなりの価格ゆえ、それも申し訳ないから、
「とりあえず私物ということで、式守が飽きたらグループに寄贈する」ということにしました。
そうじゃないと、私のオモチャにならないですもの(笑)

この日はDJマシンも持って歩いていたので、持ち物が多い。
そして結構クタクタです。
和食のさくまさんへ。

まずは谷中生姜を発注。
IMG_4352.JPG
エシャロットも一緒についてきました。

カツオ。
IMG_4354.JPG
手羽大根。
IMG_4356.JPG
ビールも日本酒も美味しい!
大将の同級生の女子が給仕のお手伝い。
なぜか話の内容は、聖子ちゃんの話題(笑)

他のお客さんが揚げ物を注文していたので、油に火が入るなら相乗りしちゃいましょう。
IMG_4358.JPG
小アジのから揚げです。
ラストオーダーの時間まで、ゆったりできました。
ごちそうさまでした。

なんだか疲れた1日でした・・。



nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

愚痴からの視線の先は・・ [考える]

愚痴からの視線の先は・・

10日ほど前、「んーっ・・」て思うことあり。
そりゃたしかに、自分の行動が結果的に拙速だったんだけどさあ・・。
そこまで手のひらを返したような対応をされなくったっていいよね!ってことがあった。
言葉なり態度なりって、人を喜ばせたり悲しませたりするけど、
能面みたいな無表情で、立場の弱いこっちにあんなこと言うことないじゃん。

結果、弱い立場の自分たちがへこへこ謝った。
数日後、その上の立場の人からなお、じゅくじゅくと注意された。
見た目オトナだから、大人の対応でお詫びしたけど、
精神は子どもだから、そんな姿勢はすっごく疲れる。
今後も適度な関係を築いていかなきゃいけない人たちだから、
腫れ物をさわるように、いちいち尋ねていかなきゃならない。

もし、今後も同じようなことで、立場の弱い私たちがへこへこするんだったら、
バンっ!って言っちゃうかもしれない。
でもその時は、自分はその中に残れないな。

――と、モヤモヤモードでスミマセン。
あんまりグチるのは好きじゃないんだけど、ちょこっと「ぐやじい」ことがありまして・・。
でも、拾う神もいたんだ。
何人もの仲間がかばってくれた。
そんな仲間がいるから、どっこい大人でふんばっていられるのかと思います。

こういうときは、すっきりする名文を読みたいぞ!
と思っていたら、出会いました。

読売新聞のスポーツ欄。
「そぞろ歩き」というコラムがあります。
田中富士雄記者、この人は野球担当なんだけど、サクッとした読み物に定評があります。
読売らしく、ジャイアンツの選手のちょっといい話を書くんだけど、
このときのコラムは、千葉ロッテの選手のことでした。
私が千葉ロッテファンだからというのではありません。
でもこのことって、案外、野球を離れた一般生活でも同じことなのかも。
モヤモヤした相手に、読ませてやりたいぞ!(笑)

-----------------------
読売新聞2015年6月23日朝刊「守備職人 視線の先は」

プロ野球選手の「おごり」と「誇り」を隔てる境界線は、どこに存在するのだろう。
ふと、そんなことを考え始めたのは6月上旬、ロッテ・岡田幸文(30)の練習風景を眺めているときだった。

QVCマリンの2階席は、バックネット裏の最前列でもグラウンド全体を見渡せる高さにある。
ここに岡田が一般ファン向けの招待席を設けて、4年目。
吹きつける風が肌に心地よい。

2008年秋の育成ドラフト6位で入団し、09年3月に支配下登録された外野手。
11、12年にゴールデングラブ賞を獲得した超一流の守備は、確かに上から見ると面白い。
ある試合の一こま。
眼下の岡田は、打者がバットを振り下ろした途端に左へ走り出した。
打球音が聞こえる前にボールの落下点を予測し、スタートを切ったのだという。

「まず『パワーで引っ張る』『うまく当てる』など打者のタイプは頭に入れておきます。
バッテリーのサインは見えませんが、(投球が)直球か変化球か、内角か外角か、打者の始動のタイミングが合っているか、それは分かりますから」

プレーの合間に、次打者の素振りも観察する。
「知っている打者でも、日によって狙いが違う。
スイングの軌道を確認し、守備の判断材料にします」

豊富な練習量、持ち味の俊足、創意工夫で何度もチームを危機から救い、いつしかファンの間で「ザンオカ」との言葉が生まれた。
相手打者に向けて発する「残念。そこは岡田だ」の短縮語だと聞いた。

あなたも素晴らしい打撃だったが、残念ながら我々の自慢の岡田にとっては、そこも守備範囲――。

「知ってます。光栄です」と岡田は照れくさそうに笑って、しかし、真顔に戻って続けた。
「でも、まだまだです。
フェンスを越えない打球は全部、捕るチャンスがあるはず。
一生懸命に投げているピッチャーに応えられるよう、もっと練習して、工夫して、可能性を追求したいんです」

そうだ。
「おごり」と「誇り」の境界線は、視線の方向で考えるといい。
現状に満足して見下ろせば「おごり」に染まり、飢えたまま見上げれば「誇り」を保てる。
岡田は「フォーメーションや動きに注目してほしい」と願い、プライドを込めて招待席を「外野手マニアシート」と名付けた。
いつだって、成長するためのヒントを必死に探している。
スタンドのファンを仰ぎ見る、その場所で。

--------------------
モヤッとした気持ちをぎゅっと心の奥に隠して、
視線を上にして見上げよう。
自分はまだ、おごってなんかいないぞと、言い聞かせるために。



nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

6月19日、霧雨まじりのプロ野球観戦 横浜 [見ると飲む]

6月19日(金)、霧雨まじりのプロ野球観戦 横浜

遊びまくっている月間ですが、この日からがまさに佳境(笑)
この日から、6日間で5日出撃の初日であります。
初日のわりに内容濃い(爆)

15年来の飲み仲間が、なぜか今年から広島東洋カープのファンになってしまいました。
広島というより「黒田投手」が好きなんだって。
気持ちは分からなくもありません、私もカープ女子好きだもの(爆)
シーズン開幕前に、今シーズンの、近隣でウィークデーで試合がある日程を送りつけてきた。
ウィークデーしか仕事が休みづらいお人ですから。
そのうちの1日が、この日6月19日。
ということで、数週前に前売り券を買っておいて、いざ横浜に出撃であります。
見るのはプロ野球公式戦、横浜DeNAベイスターズと広島東洋カープの試合です。

ご承知の通り、梅雨のど真ん中。
前の日まで局地的に豪雨が降っていたものの、
この日は朝からずっとしとしと雨が降るパターン。
でもどうやら試合はやれそうなので、消防仕様の雨合羽を用意して、
横浜スタジアムへ向かいます。
(カッパは消防仕様なのでオレンジ、だから広島レッドに近似していて良かった)

試合前に球場近くのファミマさんでビールなどを購入。
店員さんがサッカーの日本代表ユニを着て、店内放送は横浜ベイスターズの応援歌。
そして、ラジカセで広島の応援歌をかけているという、なんだかカオスな感じ。
試合開始直前の国歌斉唱のころに、座席につきました。
すでに同行者は到着、っていうか同行者は横浜在住ですから。

始まったばかりの球場、お客さんはまだそんなに埋まっていません。
IMG_4312.JPG
IMG_4313.JPG
でもこのあと、どんどん埋まってきて、最終的にはほぼ満席。
とはいえ、大連敗中の横浜と、リーグ最下位の広島のしょぼい試合です。
交流戦明けということで、両チームともエース級のピッチャー。
横浜は井納投手、広島は前田健太投手。
黒田投手の先発ではありませんでした。

試合ですが、低迷チーム同士ということで、打線がなかなかつながらず。
だからピッチャーの出来がそのまま得点に反映するパターン。
横浜の井納投手は、ボール先行の苦しいピッチング。
対してマエケンは、キレキレのピッチングで、テンポが良いです。

セ・リーグの試合ってかなり久々なのね。
最近だと交流戦でヤクルトの試合を見たくらい。
パ・リーグLOVEだから、投手が打席に入るのがかなり不思議な感覚。
DHがないんだ!って気が付くのが遅い・・。
昨年も一昨年も、千葉ロッテか、福岡ソフトバンクか、あるいは都市対抗(爆)ばかりなので、
ぜんぶ指名打者だもの。
だから、マエケンが打席に入っているのが嬉しくて、写真撮っちゃいました。
IMG_4328.JPG
右投げ、横浜の井納投手。
IMG_4324.JPG
打席に前田健太投手。
IMG_4327.JPG
なにげにこのアングル、好きです、三者三様という感じで。

IMG_4318.JPG
最近は審判がカッコ良くなりましたよね。
昔は高校の制服みたいだったし、アウトサイドプロテクタだったので、
小学校の画板みたいなのを持って歩いていたし。
(私が小学校のころは、あの画板で野球の審判をやって、
だいたい折れちゃうってパターンだった)
いまのプロテクタは、シャツの下に付けるから、ムキムキのいいカラダに見える。
(そのかわり他人と共用できないんだって、汗臭くてダメだとか・・)

で、フードですが、まずは同行者の手作り枝豆
IMG_4331.JPG
「枝豆だけは買う気がしないよね」というのが同行者の見解。
甘くてみずみずしいから嬉しい。
そして、CPが高い580円の中華盛り、これは既製品。
IMG_4336.JPG
実は横浜フードの定番、崎陽軒シューマイも持ってきているんだけど、
中華が美味しかったので、無理にあけませんでした。
同行者はこのほかに、カボチャ煮とか持ってきていたんだけど、それもあけず仕舞い。
用意は周到なのであります。
いくら雨交じりでも、やっぱり外の球場で見る野球とビールは美味しいね!
IMG_4334.JPG

この日は気温20度と、梅雨寒の日。
私も長袖を引っ張り出してきましたが、体感温度はそれ以上に寒い。
でも、私のプロ仕様の雨合羽、上下を着こむと完全防備になるので、
まったく寒くありませんでした。
20120418カッパ5.JPG
霧雨かシトシト雨かという感じでは、カッパさまさまです。

試合はめでたく広島の3-1で勝利。
IMG_4339.JPG
完投勝利のマエケン投手がお立ち台。
なにが嬉しいって、この時刻が21時前なの。
つまり、打線がつながらないから、試合の展開が早くて、3時間かからなかった。
レフトスタンドから3塁側内野まで、びっしり埋まった関東在住のカープファン。
IMG_4341.JPG
節操がないんじゃないんですよ、野球が好きなの!
(本当に好きなのは千葉ロッテ!)

早く終わったから、関内駅のそばで少しだけ飲みましょう。
安く飲める同行者のおススメ、たまやさん。
IMG_4345.JPG
私はなおビール、同行者は冷えちゃったと言って、焼酎のお湯割り。
お店の人のおススメ、まぐろの頬肉。
IMG_4346.JPG
串焼き5種盛りも頼みました。
IMG_4349.JPG
2人で2杯づつ飲んだところで、私の終電の時間が近づく。
そりゃそうですよね、横浜の先の関内で飲んでいりゃ、22時30分がリミットですもの。
ということで、ほんとにサクッと飲みでこの日は終了です。

でもね、久々に見るセ・リーグの、それも広島と横浜。
知っている選手もほとんどいない。
でも、野球好きとしては、やっぱり楽しいのです。
アメリカの牧歌的な歌「私を野球場に連れてって」じゃないですけど、
だれか~、連れてって!


タグ:野球 横浜
nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

6月17日、お通夜・二人羽織・飲み2軒 春日部 [やると飲む]

6月17日(水)、お通夜・二人羽織・飲み2軒 春日部

この日は近所の人のお通夜があって、地元へ。
同じ町会にあるお寺さん(うちの菩提寺ではありません)。
そこの住職さんが亡くなった。
お寺さんゆえ、檀家さんも大挙して来られるし、保育園の園長先生もやっている。
その保育園関係の人もみんな来るから、それはそれはスゴイ規模
おそらく、7~800人は弔問に来たと思う。
喪服の集団がそこここに。
だって、焼香の列が6列でも、自分の番が来るまでに30分くらい並んだもの。

甥っ子2号と妹2号も弔問にきていたよう、甥っ子はその保育園に通っているから。
おとなしく待っていられなかったみたいで、妹2号がブチギレていそうだったから、
甥っ子の家に遊びに行ってきました。

ピタゴラスイッチのDVDを見ているうちに、なぜか二人羽織大会になる。
甥っ子1号にご飯を食べさせる私
IMG_4274.JPG
甥っ子2号は訳も分からず、ただじゃれ合っているのがうらやましかったみたいで寄ってきた。

今度は甥っ子1号が、甥っ子2号に食べさせている絵。
IMG_4283.JPG
二人羽織じゃなく、1号はカバンをかぶっている(爆)

甥っ子2号に「悪い顔して!」とのリクエストに、応じた表情。
IMG_4294.JPG
だめだこりゃ・・。

甥っ子宅をあとにして、和食のむら田さんへ。
まずはビール、そしてお手製のものを。
IMG_4295.JPG
稚鮎の甘露煮と、ポテトサラダ。
アユ!
IMG_4297.JPG
こういうので飲むお酒は美味しい。

スズキのお造り
IMG_4299.JPG
米ナスの田楽。
IMG_4301.JPG
――なかなかオツなフードですよね!
でもいかんせん、うかがった時間が遅くて、このフードとお酒3本を頼んだところでラストオーダー。
一生懸命食べて飲んで、終了みたいな・・。
今度は早く来ましょう。

それなりに飲んでいるんだけど、慌ただしかったので、もう少し街を徘徊。
そういえば、地元で開店して3ヶ月なのに、みんなの評判がすこぶる良いお店があったんだ。
とにかくアットホームで安い!そして早くから営業している!(15時開店)
ということで、ほろ酔いなのにひょっこり行ってきました、「あさひ」さんです。

コの字型のカウンターに、テーブルや小あがりもあって、
おそらく30人以上は入れる。
店内は明るく、男性2名と若い女性1名の店員さん。
(あとで聞いたら、お父さんと娘さんなんだって)
お通しはなし、生ビールとまぐろ煮をもらいました。
IMG_4303.JPG
さっきのお店で結構つまんじゃっているので、サクッと冷やしトマト
IMG_4306.JPG

から揚げは、別に頼みたくなかったんだけど、
ここを絶賛している人が、みんなこの唐揚げは美味しいというのでチョイス。
IMG_4307.JPG
ピントが合っていないのがご愛嬌。
でも、たしかにオーダーが入ってから揚げているので、出来立ては美味しいね。

日本酒のぬる燗。
IMG_4309.JPG
もっきり、一口飲んだら結構いいね。
安い割に、しっかり飲める味でしょう」と、お店の人が声をかけてくれました。
評判がいいんで、2軒目に寄ってみましたという話から、いろいろな話をしてくれる。
たしかにみんな気さくで、お客さんともいい感じの雰囲気を出している。
とても開店3ヶ月とは思えないなあ。
最後に緑茶ハイを頼んだところで、ラストオーダー。
こちらは23時クローズです。

ビールと日本酒と緑茶ハイ、まぐろ煮と冷やしトマトとから揚げで、
驚愕の会計1300円!
こりゃ安いよ!まさにセンベロ(千円でベロベロ)であります。
地元で圧倒的な安さゆえ、年金支給日はおじいちゃんたちがうようよしているんだって。
その気持ちわかるなあ。
でも、いいお店を開拓しました。

23時までだったら、都内で飲んで帰ってきても、もう一軒行けそう(笑)

タグ:春日部
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ワカコ酒78夜、「イカの肝焼き」 [ワカコ酒]

ワカコ酒78夜、「イカの肝焼き」

新久千映さんの作品「ワカコ酒4巻」のタイトルを紹介しながら、私のコメントを挟む企画。

20150623ワカコ酒4巻.jpg

先週までで、ワカコ酒第3巻の内容が終了しましたので、
今週からは「第4巻」(2015年1月発売)からとなります。
ちなみに、ワカコ酒の最新刊(第5巻)は、今年7月発売の予定。
そして東京MXテレビなどでこの7月から、アニメ版のワカコ酒が始まるとの情報。
実写版なら見てもいいんだけど、アニメを見る癖がないんですよね、式守の場合。
おかげで、ジブリ系の映画も見たことないんですから。
夢とロマンと切なさが同居するジブリを見たことないから、
こんな偏った生き方になっちゃうのであります(涙)

「ワカコ酒」とは、OLさんの村崎ワカコ(26)が醸し出す、酒場礼賛コミックスであります。
20130701ワカコ酒2.jpg

第78夜は「イカの肝焼き」。

「なににしようかしら・・」
あらかじめ食べたいもの、飲みたいものが決まっている日があるけど、
この日はどちらも決めてこなかったDay。
(メニュー見て決めるデー)
と、そこに「イカの肝焼き」なる文字を発見!
肝系メニューは否応なしに酒飲み心をくすぐってくる。
じゃあ合うようにと、超辛口の冷酒!
辛口だけど飲みやすい、そして生臭いものが食べたくなる味(笑)

肝焼きはホイルに包まれて供される、そしてスライスしたきゅうりが別添。
このキュウリに、あたたかい肝を乗せて食するという訳ね。
ホイルいっぱいの肝、これ全部食べていいっすね!
ちびちびやっているけど、さっきから気になっていた、ワタにまみれてちょこっと入っているイカの身。
どんなハーモニーを奏でてくれるのかしらん?
――美味しくて、震える~!
あらかじめ決めてくるメニューもいいけど、自分で新たに決める一品もまた楽しみ!

【シキモリ酒】

ホイル焼きとも言いますが、イカのワタをホイルに包み、火にかけて供されるあれです。
ワカコはその肝焼きの美味しさに震えてしまいました(笑)
得意じゃない人にとっては、ただの異臭の素でもありますが、
好きな人にとってはかぐわしい香り、つまり「芳香」でもあります。
くさやとか、パクチーのごときでもありますね。

ホイルで包んで、その中が見えない。
それを崩して姿態が見えるのと同時に香りに包まれる。
人間の視覚と嗅覚をうまく利用したこの手の料理、いろいろありますよね。
最近はファーストフード店でもお目見えする、スープのパイ包み焼き
スープポットにスープを入れて、ふたがわりにパイで包んでオーブンへ。
熱々に供されると、おもむろにナイフをパイに入刀。
芳しい香り、そしてそのパイもむしゃむしゃ食べちゃうみたいな。

フレンチの世界でも、包み紙に白身のお魚などを入れて蒸し焼きにする。
その料理法をパピヨットと言いますので、
フランス語がイマイチわからなくても、最後は小皿を舐めちゃう=爆)
パピヨットの表現があればそういうお料理なんだとわかる寸法です。
包み紙を開く時の香りたるや、その香りだけで白ワインがいただけますね!

で、いかのワタ焼きですよ。
あの生臭さ(褒め言葉)はきっと、合わせるお酒が難しいです。
日本酒、あるいは焼酎のお湯割り。
ワインなんてもってのほか、ビールも正直合わないと思う。
あと、ソフトドリンクも合いませんので、お酒を嗜まない方にはおススメしません!
塩辛もそうですけど、あのワタを割りばしの先につけて、
ちびちび舐めながらお銚子を重ねるなんて、ダメおやじの際たる行為ですよね。
(私、「純度100%」のダメおやじなので、堂々とやります、
そして最後は小鉢ごと舐めちゃう=笑)

でも、ホイル焼きのホイルを舐めるのはできないな。
ホイルを噛むと、あの奥歯にヘンな痛みというか神経が走りますもの。
だから、たぶんやらないと思う。
あと、冷めてくると美味しさが半減しますので、なるべく早く食べたいもの。
そして、冷めたからと言って、レンジでチンしようとしているアナタ!
それはやってはいけません!
結構知らない人がいるようですが、ホイル系はレンジでチンすると火花が飛び
最悪炎上してしまうのですよ。
その昔、火にかけるタイプのポップコーンのホイル鍋的なのを売っていましたよね。
それをレンジにかけて、とんでもないことになった知り合いがいます(笑)
(最近は逆のパターンのもありますね)

食するもの、あるいは飲むものを決めてお店に向かうという行為。
以前は結構そのパターンが多かったです。
というか、あらかじめきっちり決めて、いざお店に向かうことばかり。
でも、臨時休業だったり、混んでて入れなかったりというイレギュラーなことも多かった。
当時は、当初のプランが崩壊すると次善の策がなくて、ぐずぐずになっていました。

最近は老獪さを増してきたというのか、ちゃらんぽらんになったというか、
Bプラン、Cプランを想定したり、そもそも移り気が早くて、まったく別のジャンルに逃げてしまったりします。
だってこの前も、洋食で羊を食べるはずが、和食の桜鍋だもの(全然違う・・)。

でも、依存性の強うフードってたまに会います。
例えばとんかつ!とか、パクチー!とか・・。
この代替商品が少ないものについては、その日のうちに食べないとモヤモヤしちゃう。
私の性格もどちらかというと、かなり偏っているので、代替品がすぐに見つからない。
だから、式守と飲もうと言ってくださる人がいらっしゃるのではないかしら。
たしかに、こんな性格のダメ人間は、そうそういませんよね(涙)

でもワカコ、案外、肝焼きは塩分が多いので、あとで喉が渇くんだよね。
お一人さまだったら、ポーション小さめにしてもらうのもありかと思う。
私、塩辛はそうやってお願いしますもの。
じゃないと、寝ている時に何度も水を飲みに起きちゃうから・・。


タグ:ワカコ酒
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

6月16日その2 浅草ハシゴ酒 浅草 [飲む]

6月16日(火)その2 浅草ハシゴ酒 浅草

梅雨の合間の浅草道中記、その後編であります。
昨日の前編では、水口食堂さんで軽く「乗っける」つもりが、予想外の満腹!
あだちやさんでお祭りグッズを購入と浅草街歩きでした。
さあ、日が長い時期でもやっと暗くなってきました。

夏になると、長いものが食べたくなります。
特に川魚、うなぎやどじょうの類。
でも、本格的に暑くなるとお店も混み出しますし、
なにせウナギは、丑の日前後は絶望的な混み方(プラス驚きの高価)。
ゆえに、梅雨時期に食べちゃいましょうね!

浅草ビューホテルから、かっぱ橋方向に歩くと、居を構えるどじょうの老舗「飯田屋」さん
IMG_4247.JPG
こちらでサクッと頂くことにします。
入れ込み式のお座敷、いい感じの混み方。
いつもの長くいる仲居さんの姿も、でも私についてくれたのは、
入社したての若い仲居さんでした。

まずはビール、あとはまる鍋(どじょう鍋)をお願いします。
※閲覧注意!どじょうの姿が得意でない人はスルーしてください!
IMG_4249.JPG
こちらのビールは各社揃っているのですが、サッポロはヱビスになっちゃうので、
それだったらキリンのラガーにします。
ネギはケチらず、全部乗せ!
IMG_4251.JPG
どじょうはネギを喰うとも言いますから。

迷いましたが、やっぱり頼んじゃった・・うざく
IMG_4253.JPG
白焼きもココロ魅かれたんですけど、なにせ高価なものですからね。
ぬる燗も一本、お願いしました。

ぐつぐつ煮えているどじょうを食しながら、お酒を嗜んでいると、
にわか造りでも「江戸っ子」のマネをしているかのようで、いい心持ちです。
その昔は三代続いて江戸に住まないと「江戸っ子」を名乗れないと言いましたが、
もはやそんな時代ではありません。
この日はもう3時間くらい浅草にいるから、
時短促進で「3時間いれば江戸っ子」という風に規則を改正しましょう(笑)

最後に残ったたれで、白飯とどじょう汁を食べるのが私の流儀なんだけど、
水口食堂さんの白飯が予想以上にパンチが効いていて(涙)、断念!
でも、相変わらずチャキチャキした風情が、心地よかったです!

次はサクッとバーに行きましょう。
数年ぶりになってしまいましたが、浅草サンボアさん。
IMG_4255.JPG
元は大阪の有名バー「サンボア」さんの、東京2番店です。
(都内には銀座にあります)
イスもありますが、手前の立ち飲みスタイルで小粋に1杯だけ。

サンボアさんと言えば、やっぱりハイボールですね。
IMG_4258.JPG
IMG_4259.JPG
(写真の許可を頂きました)
酒場で三冷式というと、ホッピーのそれを思い浮かべる人は多いですね。
焼酎、ソーダ、グラス、いずれも冷やしてあるスタイル。
サンボアさんのハイボールは、まさにその「三冷式」。
サントリーの角、ウィルキンソンのソーダ、特製のグラス、いずれもキンキンに冷えている。
ソーダは一本全部使います、そして最後にレモンピールを香りづけ。
エッジの効いた、美味なるハイボールを頂けるのです。

バーテンダーさん、京都訛りのあるイケメン男性。
遠くもなく近すぎもなく、適度な距離で私をもてなしてくれます。
サクッと1杯、美味しく頂きました。
長居は野暮、ごちそうさまでした。

さて、この日のメインに行くお店です、バーの「オグライズバー」さん
たぶん1年ぶりくらいの訪店、でもことあるごとにお葉書を頂戴しています。
浅草でしっとり飲めるお店です。
ビルの7階、国際通りを走る車のステキな夜景が見えるのですが、
カウンターからはその夜景が見えない。
だから、訪店と退店の一瞬しか見通せません。

店主の小倉さんはお元気そう、久々の訪店でも覚えていてくださいました。
まずは濃い目のジンリッキーから。
いつも数種類のスナックを、お通しで盛ってくださいます。
IMG_4261.JPG
(こちらもしっかり許可を頂いています、バーで写真を撮るのはあまりいいことではないので)
「今日は浅草でなにか御用でしたか?」とご下問。
この日の流れを説明しますが、小倉さんもチャキチャキの江戸っ子ですので、
よくわかってくださいます。

水割りをお願いしました。
銘柄にあまり固執するタイプではありませんので、
美味しくてそこそこの価格でということで、おススメして下さったもの。
IMG_4262.JPG
シーバスリーガルの18年と25年、ピントがバックバーにあっちゃっているのはご愛嬌(笑)
じゃあ両方飲みます!という、ガマンができない子ども状態・・。
でも、こちらの水割りは上品でまろやかです。
浅草にもこんな素敵なお店があるのですよ。

豊富な話題で私をいつも楽しませてくれるこちらには、もう15年以上も伺っています。
浅草に行ったら、最後にぜひ寄りたいお店です。
終電の時間になりましたので、帰りましょう。
ごちそうさまでした。

ということで、当初の目的である、祭り用品の買い出しとともに、
4軒ハシゴと街歩きで、満足したのでしょうか。
終電では見事に睡眠に落ちまして、でも皆さんが想像するような乗り越しなどせずに、
無事に帰宅できました。
気持ちの充足は、最後まできれいな酔い方ができるのであります。
タグ:浅草
nice!(6)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

6月16日、浅草出撃ですでに満腹という事態 浅草 [飲む]

6月16日(火)、浅草出撃ですでに満腹という事態 浅草

朝からバリバリ仕事をやったら、昼過ぎには仕事を終えることができました。
ゆったりモードの仕事の日は、徹底的に遊んじゃうことにしましょう。
ということで、出撃先は浅草!

あとで出てきますが、浅草で今月中に買いたいものがあったのです。
で、せっかくだから浅草ぶらぶら道中もしたいなあと思っていました。
杉浦日向子が、著作で
「休日に浅草に行くのではない、浅草に行く日が休日になるのである」と書きました。
まさにその通り、世間は平日でも、浅草に行くとお休み気分になるのです。

自分の中で、この日のスケジュールを確立しました。
そしてめでたく、最終的に完遂!
その模様をお送りします。

浅草についてから、まずは新仲見世を歩いて定点観測。
いつも寄ったりするお店が変わっていないかな?
そんな感じで、まずは六区の方角へ。

何年ぶりかしら、定食屋さんの水口食堂さんに来ました。
IMG_4227.JPG
食堂ですが、いい感じでみんなお酒を楽しんでいます。
以前こちらに寄った時に、漫才師の方が食事をされていたのを思い出しました。
そうです、こちらは演芸ホールや東洋館から近いので、
ここで「乗っけて」から来る演者さんが多いのです。
(「乗っける」とは、寄席の符丁で食事をしに行くこと)

この日、ロクにお昼ご飯を食べていなかったので、定食にします。
でもその前にビール!赤星です。
IMG_4228.JPG
ビールのアテは、魚のあら煮、あとこのあと食べる定食のお漬け物も先に登場。
周りは年配の人たちばかり、浅草観光の最後に寄っているみたいな感じ。

出てきました、アジの焼き魚定食
IMG_4231.JPG
水口さんの名物、大ぶりのあさりのお椀も一緒です。
アジは開きですよ、いい感じで焼けています。
IMG_4232.JPG
でも、こんなにご飯が多かったっけ?
このあとの流れに大きく影響の出そうな分量です(笑)

もっとゆっくり飲んでいたいなあと思いますが、きょうは先が忙しい。
ごちそうさまでした。

残すっていうことを知らないので、白飯でお腹いっぱい。
一生懸命歩いて、お腹を空かせましょう。

六区の奥から、花やしきを抜けて「ひさご通り」に目的のお店はあります。
祭り用品の専門店、あだちやさんです。
IMG_4234.JPG
先日、来月のお祭りに向け、グッズを確認していました。
IMG_9808改.jpg
(写真は昨年の様子、しかしドイヒーな姿です・・)
「股引」と呼ばれる下半身着用のモモヒキみたいなものが、経年劣化でちょっとカッコ悪い。
足袋は数年前に新調、半てんはもう30年くらい着ていますから、変えない!
(いまさら、パリッとした半てんは着られません)
帯も新調しようかと思いましたが、よれよれ半てんに帯だけ新しいのもヘンだから・・。

あだちやさんは25年くらい前、先代のおじいちゃんが2階に寝泊まりしていたころからの出入り。
そのおじいちゃんにお願いして、公園通り町会に口利きをしてもらって、
三社祭を担ぎに、私の友人と来た時、そのおじいちゃんの部屋に泊めさせてもらい、
朝6時からの宮出しに、参加した記憶があります。
もうそのおじいちゃんも亡くなり、お店も新築したのですけど・・。

いなせなお店の人に、サイズを確認して、半ズボンタイプの股引きを購入。
IMG_4264.JPG
IMG_4266.JPG
祭礼品の小物も見ると欲しくなっちゃうものばかりだから、
できるだけ見ないで帰ってきました(笑)
店内では、母親と娘さんのお客さんが、祭り用品を親子でそろえている。
きっと、娘さんが祭りデビューするので、母親があつらえているんだろうな。
素敵な光景だなあって思いました。

近隣では雨が降ったけど、浅草は降らなかったみたい。
少し涼しげな夕暮れ時の浅草寺。
IMG_4236.JPG
浅草寺の本堂と、五重塔の幽玄な競演。
IMG_4238.JPG
忘れちゃいけない、三社さまとは浅草神社の例大祭ですからね。
IMG_4242.JPG
でも、どちらかというとこっちの方が気になる・・(爆)
浅草消防署二天門出張所(笑)
IMG_4244.JPG
ポンプ車2台のうちの一台は、消火に特化した「特別消火中隊」のエンブレムがあしらわれている。
IMG_4245.JPG
浅草寺周辺の火災を一手に引き受ける気概が感じられます。

このあと、浅草の街並みを歩いてみました。
なんでこんな街歩きをしているのか
だって、予想以上に水口食堂さんのご飯でお腹が膨れているんですもの(笑)
歩いてカロリー消費!であります。

さあ、浅草道中後半の様子はまたあした。



タグ:浅草 お祭り
nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

6月14日、お祭りの準備、プラネタのリハ、最後に仔羊! 春日部~大宮 [やると飲む]

6月14日(日)、お祭りの準備、プラネタのリハ、最後に仔羊! 春日部~大宮

1日を通して、局地的に天候が大きく崩れるという日でした。
この日からでしょうか、ほぼ毎日、どこかしらで突風とか局地豪雨とかになっています。

午前中に地元春日部のお祭りの準備があったのね。
私は仕事もあったので、少し遅れながらも参加し、来月のお祭りのために汗をかこうと思っていました。
そしたら10時前に弟から電話、弟は今年、地区の組長なので朝から手伝いに行っている。
「こっち(春日部)は土砂降りで、準備できないから午後にスライドになった」とのこと。
準備に持っていくものがあったのに、午後だと私の仕事の都合がどうにもつかない・・。
しょうがないから、土砂降りでみんなが一時帰宅している間に、
地元の詰所に、持っていくものを持参しました。

ということで、今年の準備は私は参加できず。
多くの町会の皆さんには申し訳ないと思いますが、その分当日がんばります!

午後は仕事に戻り、夕方から大宮へ。
プラネタリウムの7月投影会のリハーサルが設定されていました。
メンバーが三々五々、集まってきまして、ホールに入ってリハーサル。
私は今回、星空全般を映す「コンソール操作」を担当します。

でもこの日は別のミッションも抱えていました。
もっとも新しく入ったメンバーが、8月に短時間の投影を実施するのに当たり、
コンソール操作の練習がほとんどできないことから、この日隠れてコソコソと、投影講習をやりましょうと画策。
だから、全体のリハーサルに参加しつつ、操作卓には私が座らないで、
その人がかわりに座って、教えることにしました。
私も2年前にいろいろな人から教わって覚えていった経過があるので、
底辺を広げるためにも、どんどん教えて行ってあげたい。

操作卓の、このボタンやこの目盛りをこう動かすと、こんな風になるんだよと教えると、
目をパチクリさせながら、メモを取ったり怖々動かしたりと、一生懸命の新メンバーの女子。
人に教えることで、自分もまた覚えることもありますからね。

ちなみにこの回のリハは、最年長男性がやる音響がトラブル続きだったので、
今度のリハ時に特訓をすることになりました。
ばっちり決まれば、映画音楽などのゴージャスなものが全編にわたり流れる予定なんですけどね。

帰り際、メンバーの一人で元校長先生の女性から、
「式守さんは教えるのがとっても上手だから、教師に向いていたのかもね」と言われました。
自分もその昔、一度は目指した職業ですから、いまそうやって元プロにそう言われると、
なんだか面映ゆい反面、光栄だなあって思ったりもします。
でも、私が教員だったら、さぞハチャメチャ先生になったことでしょうね。

地元に戻って、ダイニングバーのクーパーズさん
ちょこっと贅沢して、仔羊のローストを頂きました。
IMG_4225.JPG
IMG_4226.JPG
珍しく写真がキレイに撮れました。
マスタードソースが食欲をそそります。
っていうか、いま見てもよだれが出ちゃうよ~。

ごちそうさまでした。




nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

きょうは夏至(げし)ですね [間接的に考える]

きょうは夏至(げし)ですね

夏が至ると書いて、きょうは二十四節気の夏至です。
毎年書いている気がしますが、夏至は太陽が沈むのが一番遅い日ではありません。
厳密には太陽の黄経が90度になるとき。
正確には、きょうの午前1時38分に、黄経90度になりました。
日の入りが遅いのではなく、日中が一番長い日。
例えば東京の暦で言うと、日の出は午前4時26分、日の入りは午後7時1分。
日没は1年で一番遅いですが、、日の出は昨日までの方が1分早かったのです。

昼が長く夜が短い日、そんなきょう、ブログを通じて初めてお会いできる人と、
酒席を設けさせてもらうことになりました。
ソネットブロガーさんではないのですが、まったくお会いしたことのない人。
ですから本当の意味での「オフ会」となります。
どんなステキな時間になるのか、その模様はまた後日。

天文現象に関して言うと、夜が短いですがそのかわり、
夜の早い時間に面白いものが見えています。
西の空、まだ暗くならなくてもきっと見えるもの。
「宵の明星」でおなじみの金星がきっと、いまの時期の一番星。
で、そのすぐそばに寄り添うように、「夜半の明星」と言われる木星も見えます。
金星と木星が本当に近い場所で競演しているのが、この時期の特徴。
そこにこの時期は月も見えちゃうから、西の空は目立つ星たちが凝縮しています!

そのお月さまですが、7月は満月が2回。
7月2日と7月31日です。
ロマンチックなことが好きな人は、
その1か月に2回見える満月の2回目を「ブルームーン」というのはご存じでしょう。
本当に青く見えるかどうかはともかく、次にブルームーンが見えるのは3年後だと言います。
7月はお月さまに注目しても良いですね。

そして、実はその7月、世界中で戦々恐々としていることがあるのです。
それが日本時間で、7月1日の午前9時ごろ
そうです、3年ぶりに実施される「うるう秒」の挿入です。
日本では、7月1日の午前8時59分59秒のあとに、1秒を挿入して、
ありえない「8時59分60秒」の1秒後に9時00分00秒になること。
地球の自転が原子時計とずれてくるために生じる現象です。

ただし、うるう年の計算公式のようにあらかじめ決まっていないものなのです。
(うるう年は、4で割り切れる年はあって、100で割り切れる年はなくて、
400で割り切れる年はあるというもの)
だから、コンピュータなどが誤作動を起こすのではないかと言われています。
また今回の7月1日は平日なので、
その誤作動が致命的な問題を引き起こす可能性が否定できないため、
戦々恐々としているというのです。

とはいえ、基本的に楽しんじゃった方がいいよね!という人もいるのも事実。
3年前のうるう秒挿入時は、日本で時間をつかさどっている、
東京・小金井の情報通信研究機構に、大勢の人が集まって、
うるう秒を実感したみたい(笑)
20150618うるう秒1.jpg
20150618うるう秒2.jpg
20150618うるう秒3.jpg
(写真は他のブログから転載)

そんな天文現象が盛りだくさんの日々がありますから、夏の空は見逃せないですよね!


タグ:二十四節気
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

買い物が嫌いなことについて [間接的に考える]

きょう6月21日は、飲み仲間さんが出演するピアノの演奏会を聴きに、
さいたま芸術劇場まで行ってきます。
今回は300人くらいしか入らない小さなホールなので、
ほぼ満席になっちゃうと思いますが、楽しんできます。
終わったら、同行者と赤羽に飲みに行く予定。
赤羽って言ったら、やっぱりあの人気店に行きたいよね!
ちゃっかり予約しちゃってあるのが、笑えます。
その模様はきっと来週に。
---------------------

買い物が嫌いなことについて

この前、人と飲んでいた時に、買い物でつく「ポイント」のことになったのね。
その人はポイントを上手に使いこなしていて、
しっかりためて、うまく次の買い物にいかしている。
最近はスマホにポイントカードを埋め込んであるのもあるらしく、
こうして使えば便利なんだと教えてくれた。

――んー、いまいち、ピンとこない式守・・。
面倒とか言うのではなく、なにか便利さを感じない。
そりゃ、普通に買い物をしてなんらかの還元があれば、それはいいことなんだと思うけど・・。

そしてハタと気がついたのであります。
もともと私は、ほとんど買い物をしないじゃん!
っていうか、お買い物が好きか嫌いかと言うと、たぶんキライ(笑)

私の消費支出における、飲食費に占めるウェイトは、べらぼうに高いのは事実。
エンゲル係数という指標がありましたが、私の場合は食費というより「飲食費」です。
(ふだんの食費は不思議なことに限りなくゼロ、そのかわり外飲みで使うのがほぼすべて)
衣類も必要にかられた時しか買わないし、家電の類はまず購入しない。
最近は決まったものしか書籍も買わなくなっちゃった。
そして、ネットでなにか買うのも好きじゃない。
――これは文明人の生活様式なのかしらと思ってしまうレベルであります。

だから、そもそもポイントがたまるような買い物をしていないのね。
ポイントカードで持っているのは、セブン&iのnanacoくらい。
Tポイントカードもないし、suicaは純粋に自動改札用であります。
クレジットカードも最低限の引き落としにしか使わないから、
1年かかってたまったポイント数が、なにかに交換できる最低限度にも達しない(爆)
おかげで信用が上がらないから、キャッシング枠がちっとも増えない。
(キャッシングは使ったことありませんが・・)
もうこうなると、文明に対して反逆の思想を持って生活しているようであります。

もともとポイントカードというのは、消費者の「囲い込み」が主たる思想。
どこで買っても同じようなものを購入するなら、うちで買ってくれればポイントをつけますよ!
――という、普段使いをする販売店を固定化させる狙いがあると思っています。
だから初回ポイントサービスとか言って、入会すればボーナスをくれるところもある。
でもその考えは、個人的にはあまり好きじゃない。
なんか、「個人情報を売っている」ような気がしてならないから。
別に、私の個人情報はたいしたことないんだけど、
それを売って幾ばくかの金品にするというのは、一時期あった「売血」のようで、
なんか「さもしい」と思っちゃうのであります。
(意見には個人差があります)

もともと、買い物をする必要性がない生活で、
また買い物をしてストレス発散にならない性格ですので、
必然的に買い物をしなくなっていく。
だからポイントがたまらない。
――このスパイラルの結果、
なんか資本主義の否定をしているかのようなライフスタイルの確立をしてしまったのです。

これが生きやすいか、はたまた生きづらいかは人それぞれの感覚。
私は今のところ、これでまったくストレスを感じないのですね。
だから、ポイントカードは今後も増えないと思いますよ。
でも、なにかしら買い物をするときに、人のポイントカードを借りて、
そこにポイントをつけてもらうのは好き!
(約款上、この手法は違法ですけど・・)
ですので、式守にポイントカードを渡してくれれば、
お買い物をしなければいけないときに、ポイントをつけてあげます(笑)
コンタクトレンズのケアキットを購入するときは、このやり方で、
妹2号のチューリップカードに、すごい勢いでポイントがついていくそう。
(埼玉県の人しかわからない、セキ薬品のポイントカードですよ!)

で、そんなこんなで「買い物キライ!」を公言していますが、つい先日、
久々に、ちょこっと値の張るモノを買ってしまいました!
IMG_4269.JPG
なにをどうしたのでしょう、DJプレー用のDJマシンであります(爆)

別に、40の手習いでクラブシーンにデビューとかじゃないんです。
いま活動しているプラネタリウムの音響設備が本当にチープで、
なにか音楽的なことをやるのにかなりの制約があるの。
だから、CDプレーヤーとしての位置づけでDJマシンがあれば、
頭出しも楽だし、効果的な演奏もできる。

ただし、これを使いこなすには、そこそこの熟練が必要なので、
自習ということで、部屋でひょこひょこ遊んでいます!
ダンサブルなCDで、スクラッチをして悦に入っているオヤジって、
はた目にどうしようもありません。

ちなみにこのマシン、近くのハードオフで8000円で買ってきたの。
8000円の買い物が、おそらく数年前にパソコンを買ったとき以来の高額購入。
――えらく質素な生き方であります(涙)


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感