So-net無料ブログ作成

ただいま24時になるのを待っている時間

ただいま24時になるのを待っている時間


あわわわわ・・。
こんばんは、いつも13時アップの式守が、この時間まで記事を書けずにおりました。
本日は年度末、例年なら年度末はたいしたことなく、年度でしばられている人を
よそに飲み歩いているのですが、今年はそうはいかなくなりました。
消費増税が行われるのですよね。

ということで、3月アタマからこの日に向けたミッションを敢行していまして、
ついにこの日を迎えたというわけ。
式守特有の「なんでも前倒し」を実践した結果、
本日の作業は17時30分までに全部やり遂げたのです。
これ、同業者は考えられないみたい。
みんな同時刻はあくせく作業をしていたからね。

でも24時の瞬間にやるべき作業はさすがに前倒しできないの。
じゃあ、一度抜け出して休息を取るなり、ブログを書くなりしようかなと思って
いたのですが、そう言えばきょうはプラネタリウムのリハーサルをやっているのね。
赤ちゃんプラネタリウムに特化したリハだし、
私の境遇を知っているメンバーからは
「式守さんは大変だから来なくても大丈夫!」と言って頂けたんだけど、
夜の時間が前倒し作業の結果、すっぽりあいてしまったので、
これは幸いと大宮に行ってリハーサルに参加してきました(笑)

「どうしたの!」とメンバー、
消費税アップはエイプリルフールじゃない!だの言っている人もいる。
いえいえこういう訳で、ひょっこり抜け出したんだよと言いまして、
しっかり2時間のリハーサルに参加してきました。
途中から生後七ヶ月の赤ちゃんの子守りまで(笑)
そして、21時に終ってからまた仕事場に戻ってきて、
最終的なチェックをして、いまこうして「24時待ち」をしているというわけ。
何も問題が起きなければ、26時ごろに仕事を終えられるかな?
ということで、笑っていいともがどうなったのか、
調査捕鯨がどうなったのかといった時事問題にすっかり疎くなっております(涙)

そんなこともありまして、きょうはただの報告に終始してしまう記事になりましたが、ご容赦下さいませ。

仕事場にある「生きた化石」、Windos98から送っていますので、
いろいろ不都合が生じるかもしれません(笑)
こんな機器でもまだ動くのよ、そしてあまりに使用者が少ないために、
ウィルスに感染すらしません(爆)

明日ももしかしたら、遅延情報が出ちゃうかも・・。

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ブログ遅延情報 [番外]

毎度毎度でスミマセン。
年度末進行に拍車がかかりまして、
本日の記事アップが大幅に遅れております。
本日中のアップを目指します。

また、皆さまへの訪問もおおいに滞っております。
これは数日のうちに解消できるようにします。

本日は消費増税ミッションもありまして特別態勢で、
おそらくはあす未明までの勤務になることが必至であります。
頑張ります!
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

3月25日、金にならないけど楽しいことばかり 大宮 [やると飲む]

3月25日(火)、金にならないけど楽しいことばかり 大宮

この日から月末・年度末に向けた作業が追い込み状態になった日。
そしてこの日まで、外出の予定が入っていた。
だから効率よく仕事をこなして、時間を計ったようにして外出。
大宮に向かいます。

この日のミッションは2つ。
一つはプラネタリウムのリハーサル
そしてもう一つは飲み仲間さんのピアノコンサートのMCの文章検討
相変わらず、1円にもならないことに注力しております。

大宮に定刻に到着、でもその前にひとつ、確認しておきたいことがありました。
この日の3日前の夜、大宮駅の西口の駅前で飲食店の火災が発生。
新聞の報道によれば、不審火の可能性があって、なおかつ2人死傷というもの。
そしてその火事が、お知り合いのお店の目と鼻の先の可能性がある。
だから、ちょこっと見に行ってこようと思っていたの。

駅のすぐそば、そのエリアに近づくと、3日たっているけど物の燃えた臭いが充満している。
消防好きではありますが、火事のあとの臭いはいつも、身が切られる思いであります。
幸いにしてお知り合いのお店は、もらい火も水損もなかったよう。
でも、その先の焼け落ちた店舗だった場所には、
黄色いローピングで立ち入り禁止になっていて、制服警官が立番している。
私服の警察官もいるし、だいたいにして人の亡くなった火災現場特有の臭いが。
これはこの場所に長居は無用だなと、きびすを返して戻ってきました。
どんなに野次馬根性があっても、不審火の可能性の現場と、人の亡くなった現場は
見ているのは不謹慎な気がするのであります。

さて、気を取り直して、プラネタリウムへ。
メンバーが三々五々と集まってきて、5月6日の第12回投影会と、
5月20日のベビー投影会に向けての打ち合わせなど。
配布用のチラシをこの日に確定してしまおうと、チラシ担当者がPCを持参し、
みんなの意見をもとに完成させてしまう。
ベビー投影会の台本の初稿が上がってきたので、内容検討。
今回の主担当が7カ月の子どもと一緒に来ていて、
どうやら当日もその子どもをおんぶで背負って、操作や解説をやるみたい。
でも、できるなら子どもと一緒に臨むのが一番だよね。
相変わらずメンバー一の人気者のお嬢、りりしいお顔であります。

プラネタリウムホールがあいたので、中に入って通し稽古。
私はコンソール全般の担当なので、操作卓でリハに臨みます。
この日初めて、オールスタッフが揃ったので、全体的なリハ。
まだまだこれから作り上げていく感がたっぷりなので、いろいろ不備も多し。
そして、開演後と終演後のお客さまへのアナウンスについて、
これ以上演者を増やすと、後方支援スタッフがいなくなっちゃうとのことで、
不肖式守が担当することになりました。
「大変長らくお待たせをいたしました」という文言から、
プラネタリウムの紹介と注意事項などを、よどみなくしゃべるのが式守のミッション。
でも、操作もいっぱいいっぱいなのにできるのかしら。
最若手のメンバーから「式守さん、本当にできます?」と心配されるも、
「は~い、練習します」と、楽観的に答えたものの、本当に大丈夫かしら・・。
4月に練習を一生懸命やりま~す。

リハ終了後、皆さんに先日搾ったお酒のおすそ分け。
飛び跳ねて喜んでいるメンバー、美味しく飲んでくださるかしら。
さてそこから転進、いつもの「オールドパル・三銃士」さんへ。

到着するとすぐに、飲み仲間さんである美人ピアニストさんが。
彼女の3回目になるピアノデュオコンサートは、
私たちの投影会の前日、5月5日に、川口のリリア音楽ホールで行われる。
その時に、MCを担当されるという女子大生さんがしゃべる文言を、
私がアドバイスするんだって。
サン=サーンスの「動物の謝肉祭」は、いろいろな動物が登場してくる組曲。
だから、その紹介をどう組み立てるか、一緒に考えてほしいとのこと。
キライなことではないし、自分もその演奏会を聴きに行くつもりだし。
本当は自分がMCをやってもいいと思っているけど(爆)、
そうすると素敵な演奏会をぶち壊してしまいそうで・・
4月上旬のゲネプロまでに、なお文章検討をしたいと思っています。

そんなこんなで、ニヤニヤしたマスターはいつものように「バーにあるまじきフード」を準備。
弊ブログでフードの紹介をしているんですよと言うと、
「ほら、写真を撮りなよ」と、これまたニヤニヤしながら並べてくださる。
IMG_9100.JPG
手前右から自家製の松前漬け、セリのおひたし、魚介のマリネ
後列は肉じゃが、イカの辛味噌和え、豆苗のポン酢にカニカマ
うーん、きょうは多国籍ですね。
あさりのお椀も登場です。
IMG_9101.JPG
本当に手の込んだフードの数々、五臓に染み渡ります。
まあ、これがバーの光景だなんて、だれも信用して下さらないでしょうが(爆)

パクパクむしゃむしゃと頂きながら、演奏会の演出の提案などをしていると、
えらく話が盛り上がってしまい、ピアニストさんはめでたく終電を逃す事態(笑)
彼女は上り方面なのです。
シータク確定とのことで、腰をすえて飲み始めたのを見て、
これにつき合っているとこっちも大散財確定!なので、ひょこひょこ逃げてきました(爆)
でも美味しかったし楽しかった!

たしかに金にならないことばかりですが、日々経験できないことをこんなにやれるというのは、
不思議だなあと思うのであります。
そしてこれまで、人よりも多くいろんなことに顔を突っ込んだり、
音楽などに触れたりしたおかげで、こうして作り上げる方にも参加できる。
これってとても幸せなことなんだなあと思っています。

帰宅してから、プラネタリウムのツイッターにツイートしました。
「当たり前に操作卓に座るけど、当たり前なんかじゃないんだよね。
当たり前に思ったら、力いっぱいつねってくださいって歌ったのはマッキー、
幸せの意味を忘れないようにね♪

マッキーの『君は僕の宝物』って歌、大好きなんで・・。

nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ワカコ酒39話、「もつ煮込み」 [ワカコ酒]

ワカコ酒39話、「もつ煮込み」

新久千映さんの作品「ワカコ酒2巻」のタイトルを紹介しながら、私のコメントを挟む企画。
20131225ワカコ酒2.jpg

都内で桜の開花宣言が出たあとの週末、そして関東地方ではいいお天気ですね。
各所でお花見が行われていることでしょうね。
いいなあ・・。
今年の年度末は、それどころじゃないんだよね。
なんだかずっと仕事場にいる気がします。
お得意の「作業前倒しミッション」で、ちょっとでも余裕ができたら、
自分たちで作ったお酒を持って、花を愛でてこよう!
それに今年は花粉が、近年でもっともラクなんだもん。


「ワカコ酒」とは、OLさんの村崎ワカコ(26)が醸し出す、酒場礼賛コミックスであります。
20130701ワカコ酒2.jpg
第39話は「もつ煮込み」。

人はみな、この匂いにつられてやってくる。
大鍋にたっぷり煮込まれている「もつ煮込み」だ。
この料理は作り置いて時間が経っているほど、味が染みていい。
あのお鍋で何時間も・・何日も・・。
寝かせたカレーや、継ぎ足し使うタレのように、満を持して食べられる。

味がしみしみ、ゴボウもニンジンも、大根もこんにゃくも、そしてプリプリもつ。
ぬくぬくした歯ごたえ、噛むと余計味が出てくる。
延々煮込みっぱなし、むしろ煮詰まっているくらいの方がうれしいな。
ネギたっぷりのおつゆも濃くて、お酒がすすんじゃうじゃん!
ちょうど一人前、シェアすると冷めちゃうし、いろんな具をかわるがわる食べておつゆも飲んで、余は満足じゃ~。
そしてなんといっても安い!

隣のおじさん「たまご入れて」とトッピング注文、あ、90円で煮タマゴ追加できるんだ。
でも煮込みって、お店の味が出ちゃうから、こんなに美味しい煮込みを出してくれるお店なら、
他のメニューも美味しいんだろうな、通わなくちゃ・・。


出ました~マストアイテム!
もつの煮込みですよ~。
酒飲みで、煮込み嫌いな人にはとんとお目にかかりません。
切っても切り離せない関係、ペーさんとパー子さんのようにセットであります(笑)
たまに、モツがキライというお方がいらっしゃいますが、
おそらくは食わず嫌いなんだろうと思う。
だって明らかに美味しいですもの。

ですがこのネタ、とっても書きづらいのであります。
というのも、4か月前に「モツの煮込みに関する考察」という記事を上梓してしまったため。
ほぼ網羅してしまったと言っても過言ではありません。

新しいことを考察すべきなんですけど、書き尽くした感もあり、重複もどうかしらと思うので、
いさぎよく「転載!」といたします。
読み返してみると、なかなか上手に書けているね!と自画自賛(爆)
でもこの記事注意ですよ、だって食べたくなっちゃいますから。
コメントも多く頂いたんですよね、みんなを悶々とさせました~。


---------------------

モツの煮込みに関する考察

これほどまでに、解釈の幅の広いフードはないでしょうというものの代表格が、
モツの煮込みであります。
下町の有名居酒屋さんと言えば、この煮込みをまず食す、
いわば通過儀礼的なフードであります。
誰が言ったか「三大煮込み」と言えば、
北千住の大はしさん、月島の岸田屋さん、森下の山利喜さんということに
なっているようです。(諸説あるようですので、ご了承ください)

先ほど「解釈の幅が広い」と書いたのには理由があります。
煮込みには、定義もヘッタクレもなく「煮込み」と示してしまえば、
それがそのお店の煮込みとして君臨できるのです。
(このあたり、某ホテルの虚偽記載問題なんか、屁でもありません)
例えば供され方、具材の違い、味の違い――。
その一切合財が「なになにが入っていることが――」みたいな条件がないのです。
お野菜が、こんにゃくが、豆腐が、刻みネギが、そしてモツが入っていようがなかろうが、
醤油ベース、味噌ベース、はたまたトマトベースなど、
なんでもありの世界。

ですから、私たち呑兵衛は、「どこどこの煮込みが好き!」という表現をしないとなりません。
アイドルが、好きな食べ物「お寿司!」と書いたからといって、
寿司のなんのネタが好きなんだよ!と突っ込むお人は少ないでしょうが、
もし「煮込み」なんて書いてあろうものなら、もっと突っ込んだ嗜好を知りたいと思います。
「私は~、生まれ育った江東区の~、山利喜さんの煮込みを、
ガーリックトーストと一緒に食べるのがいいと思いま~す」
などとしたアイドルさんがいらっしゃるのなら、心底尊敬します(爆)

どうして下町の居酒屋さんで、煮込みが流行るのでしょうか。
それにはいくつかの利点があるように思います。
1、大量に作れること
 大鍋で作ってしまえば、あとは給するだけですからね
2、そんなに好き嫌いがないアイテムだということ
 それだけ回転が良くなるというものであります
――そして決定的に素晴らしいこと
3、古いんだか新しいんだかがよくわからない(爆)
  そうですよね、継ぎ足しちゃうしずっと煮込んでいるんだから

あとは煮込みが生んだ、スピンオフのお品書きもありますよね。
町屋の有名店小林さんは、つけ麺で有名。
山利喜さんの煮込みは、赤ワインやブーケガルニまで入っているという噂ゆえ、
フレンチのトリッパの煮込みのよう。
おかげでワインの品揃えも尋常ではなくなってしまっている・・。
そして上野の大統領さんや北千住の大はしさんの「豆腐だけ」もいいっす。

「豆腐だけ」って、煮込みと言えるんか?などとおっしゃる方もいるでしょうが、
十分の煮込みスピンオフでありますよ!
大統領さんはしっかりとメニューに載りましたが、
いまだに大はしさんは、裏メニューという位置づけです。
ちなみに大はしさんは、煮込み!というと牛のかしらだけ。
肉豆腐!というと、かしらと豆腐が半々に。
そして「豆腐だけ」というと、豆腐が2丁供されます。
この豆腐が、煮込みの甘じょっぱい煮汁に浸されて、フルフルなんだな。
七味をパラリとかけて、パクッと頂くと、おそらくは至福を通り越して「悦楽」かもしれません。

ちなみに、大はしさんの煮込みを使ったなお「ひねり技」。
オムレツ!と頼むと、オーダーが入ってから厨房で焼いてくれる小ぶりのオムレツに、
煮込みの汁をちょこっとかけて供される。
つまり、デミグラスソースがわりになっています。
あと、いまはもう手間が大変なのでやらなくなってしまいましたが、
煮込みに生卵を落として、半熟で拾ってもらうという芸当も以前はありましたが、
当時も閉店間際ですいている時限定というシバリがありましたから。

でも皆さん、煮込みに入っていてほしいマストアイテムってなんでしょう。
まずは「肉」、これはなければね。
(豆腐だけに肉はねえじゃん!という声も聞こえてきますが、煮汁に肉が溶けています)
その肉も、モツの部位のお店もあれば、秋葉原の赤津加さんのようにトリモツのお店もある。
大統領さんは馬肉ですよね。
――あとは絶対条件のアイテムってないですよね。
豆腐、刻みネギ、こんにゃく、ゴボウ、ニンジン、ちくわ、厚揚げ――?
あってもなくってもいいなあ。
だいたいごちゃごちゃ入っていると、筑前煮みたいな感じになってしまいそう。
(のっぺ汁という意見もあります)

あと、お食事としての地位も確立していますよね。
以前行った大井競馬場では「モツの煮込み丼」が名物で、
あまりの美味しさに、2杯平らげた記憶がよみがえりました。
銀シャリとも合うんですね。
(北関東の雄・チェーン店の山田うどんさんでは
「パンチセット(モツ煮込み定食)」が圧倒的な支持を受けています
=とてもローカルなネタでありますが・・)
味の濃さが、コメに映えるのだと思います。

そのかわり、煮込みのたれを日本酒とコラヴォするのはいただけません。
赤羽の名店、丸健水産さんは、おでんとカップ酒が売りですが、
(マルカップという通称です、なぜなら赤羽の地酒・丸真正宗のカップ酒だから)
お酒が少なくなると、中におでんのスープを足してもらう風習があります。
でもそれは澄んだおでんのスープだから、濃い味の煮込みのタレを入れたら、
とても飲めたシロモノではなくなってしまうでしょうね。

モツの煮込みの1日の消費量って、ものすごいことになりそうですよね。
だれか統計をとってもいいのではないかしら。
あと、東日本(特に首都圏)偏重の可能性もありますよね。
西のほうで、ここまで煮込みに酔狂なことは聞いたことないから。
浅草のWINSあたりに行くと、主食は煮込み!ってお人がどれほどいらっしゃることか・・。

・・と、こういう妄想で記事を書くのは、ネタが枯渇しているから。
ですが最大の問題として、煮込みが食べたくなっちゃうの・・。
このジレンマというか、マイナスのスパイラルはどうしたものでしょう・・。
ああ、煮込みが食べたいぞ!


タグ:ワカコ酒
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

3月24日、カジュアルなフレンチを堪能 越谷~武里 [飲む]

3月24日(月)、カジュアルなフレンチを堪能 越谷~武里

いろいろ迷った挙句、フレンチを食べることにした!という日。
候補はいろいろあれど、まあ世間的に週の初めだったから。

同行者は連日の激務で、なにがなんでもこの日は定時上がりをすると息巻いている。
で、式守、珍しく仕事終わりに少しだけトラブってしまい、
ほんの十分くらいの遅れが尾を引いて、
結果的に待ち合わせを30分近く遅刻するという痛恨の事態
ごめんね~と言いながら伺った先は、今年1月にも伺ったお店、
カジュアルなフレンチのお店「ÇA VA」さん。
前回、とっても感じよく美味しく頂いたので、私の強力なリクエストであります。

まずはお約束、泡を頼みましょ。
いつも「泡・泡」って言っているので、
オーダーするときに「スパークリングワイン」という言葉が出てこなくて、つい「泡」って言っちゃう。
オードブルがわりに、アンティチョークのマリネ
IMG_9070.JPG
チーズが乗っているのはご愛嬌、同行者がこそいでくれた。
シャキシャキと、血液が浄化されていくよう。

白アスパラのグリビッシュソース。
IMG_9072.JPG
これまたシャキシャキしていて美味しい。
写真には写っていないだろうけど、白いお皿には岩塩が振ってあるの。

もうこの際、泡を1本頼んじゃいましょうね。
ポメリーのワインクーラー、モエシャンのグラスですが(笑)、
飲んでいるのは、辛めのロゼのスパークリングワインです。
IMG_9074.JPG

この日のメインの位置づけ、ホタテのフリカッセとイカスミのライス。
IMG_9076.JPG
ホタテ甘くて大好き!おソースがかなり濃厚なクリームですが、泡に映えますよ。

ここで泡が無くなったので、私は赤ワイン、同行者は白ワイン。
順番がヘンですが、ワインならこういうシャルキュトリ的なのが食べたいでしょ。
IMG_9081.JPG
熟成の生ハムとソシソンセック、要はドライソーセージのこと。
ハムも美味しいけど、ソシソンセックはスパイシーで素晴らしかった。
ヤバいなあ、ワインがガブガブ飲めちゃうじゃん。

アルザス料理にはつきもの、薄皮ピザ「タルトフランベ」
IMG_9082.JPG
この日はプレミアムアンチョビとトマト。
チーズ不得手の式守、ピザは好きなのよ!
スライスした玉ねぎがふんだんに入るのが特徴。

デセールはプロフィットロール。
IMG_9087.JPG
赤ワインとデセールという禁断の組み合わせ。
カラメルソースかなと思ったら、メイプルシロップだった。
同行者が、こうやって写真を撮るんだと言って撮影してくれる。
IMG_9085.JPG
たしかに、こっちの方が美味しそうだね。

私が最後まで後生大事に取っておいた生ハム。
IMG_9093.JPG
国立代々木体育館みたい(笑)、丹下健三さんデザインでしたよね。

カジュアル感覚で、フレンチを頂ける幸せ。
シャレオツな雰囲気だけど、全然背伸びしなくていいから楽チンさんであります。
ごちそうさまでした。
同行者のお知り合い、美容師さんが奥さんと小さい子どもさんを連れて来ている。
奥のテーブルで、家族が仲睦まじく食事をしているのも、微笑ましいですよね。
子どもさんも静かにしているから全然気にならない。
そう、こういう市井のお店だからこそなんですよね。

そのまま武里のブラッディマリーさんで、軽く飲み直し。
こういうプチ贅沢がある年度末もいいですよね。
翌日から仕事にも精が出るというものです。



タグ:越谷 武里
nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

3月22日その2、突然に同級会 春日部 [飲む]

懸命にキャッチアップを試みているものの、
自分の記事を書く時間すら取りづらい日々につき、
皆さまへの訪問がおおいに滞っております。
今週中には元に戻せると思いますので、ご了承くださいませ。

--------------------

3月22日その2、突然に同級会 春日部

日本酒造りの最終工程をやりに笠間まで行ってきてからの話。
ほんの少しだけ仕事をこなすも、圧倒的に時間が無く、大急ぎで仕事場から地元へ戻る。
そう、この日は飲みの予定を入れていたのです。

高校の同級生の女子に、1週間前くらいに別件の用事があって連絡を取っていたら、
連休は実家に戻る予定だから、久々に飲みに行こうよと話がまとまった。
でも彼女はご主人がいて、7歳と3歳の子育て中。
私と2人で飲んじゃうと「あやまち」が起きちゃうから、だれか誘ってね。
(こういうあたりが、スケベ野郎だと思うんですけど、なにか・・)
すると、先生やら男女を誘ってくれて5人くらいになったけど、
どこかいいお店あるかな?っていう連絡が入ったのが2日前。
もうそういうのは面倒だから、じゃあ全部決めちゃうからね!と、
半ば強引なまでに、私のセレクションで、地元飲みを敢行してきました。

もう一人の女子が当日、急な発熱だとかでドタキャン、おおいに凹みましたが(爆)
結果、いつもつるんで飲んでいる面々になりまして、駅前で集まって向かった先は、
私のほぼフランチャイズ、和食屋さんの「むら田」さんであります。
そう、こういう時はこちらで予約をしておけば安心ですから。
女将さんも大将も、わざわざ迎えてくださる、こんばんは、お世話になります。
こちらの若は「ねえ、きょうはなんなの?」って聞いてくる。
そうか、いつもの飲み仲間と一緒だと思っていたらしく、
この日のメンバーを見て訝しがっているよう。
「高校の同級生だよ、な、先生もいるだろ」と言うと、
「式守さんのほうが先生らしいぜ」と余計なことを(爆)
この一言で、帰れって言うまで飲み続けてやる~。

まずは生ビールで乾杯!
旬なものということで、最初はチーズのカリカリ揚げ(旬でもなんでもないじゃん!)
IMG_9015.JPG
だいたい、式守喰えないし・・。
女子は生野菜を食べたいんだって。
IMG_9018.JPG
へー、このお店にこんなメニューあったんだ。

3点盛りを豪華に作ってくださいまし!と若に発注した帰結。
IMG_9019.JPG
サヨリやカツオ、赤身と中トロ、タコ・イカ・鮭・ハマチ――。
3点でもなんでもないじゃん!でも素敵ですよ。
当然ぬる燗に移行しております。

このあともものすごくフードをオーダーして、全部写真に収めているのですが、
ぜんぶ掲載しちゃうと、きょうの記事がものすごく容量が重いものになっちゃうので割愛しつつ。

タコのから揚げ
松前漬け
IMG_9025.JPG
アジの南蛮漬け
揚げだし
塩ラッキョウ
IMG_9030.JPG
ナンコツのから揚げ
うどの酢味噌和え
――このメニューの中で、私が頼んだものって、だいたいわかっちゃうのね。

お好み焼き屋さんでもあるんだから、最後にお好み焼きを焼いてきてもらいましょう。
IMG_9046.JPG
これで6人前、ステキですね~。
なんだかお酒をたっぷり飲んだなあ。
22時になってしまい(こちらは21時ラストオーダー)、帰りましょう。
チェーン店よりも、こういうお店の方がゆったりできるし、なによりフードが美味しいから。

さあ、このメンバーなら歌だろ・・と近くのカラオケボックス
まあ2時間だよね、と言いながら、またまたアルコールをたっぷり発注。
IMG_9054.JPG
ところが、席に座ったと同時に急激な睡魔に襲われまして、
1曲も歌わずに、ずっと寝てました。
あ、忌野清志朗のデイ・ドリーム・ビリーバーを歌ったけど、その途中でまた寝ちゃった。
結局、2時間のはずがいつの間にか延長されて3時間、ずっと寝てました。
さすがに朝からの動きで、疲れがピークだったのでしょうね。
普段ならこんなことないのにね。
いつの間にか、私のカメラで私の寝ている写真が撮影されていた。
ストライキ決行中の熊みたいだった(爆)

先生は奥さんが迎えに来てくれるとかで中座したみたい。
あと一人、カラオケが終わってからさすがに帰宅。
残されたのが、私と女子、あとは遅れてきた某議員先生(県議になっちゃったの)。
この3人で、どうする?もう一軒行く?それとも「あやまち」?(それはウソ)
というのも、私は3時間寝ちゃったので、心身ともに元気になっちゃったの。
じゃあ、チェーン店の居酒屋さんに行きましょう。

薄暗い店内で、なぜかマルゲリータを頼んでいた。
IMG_9069.JPG
そこでは主に、女子によるダンナの悪口
バカ!我々のアイドルだった女子をかっさらっていったダンナ、そんな体たらくかい!
「じゃあさあ、週に5日はダンナの元に行って、週2日は式守と夫婦にならない?」と、
相変わらず破たんした感性のもとで提案し、めでたく却下という痛恨のオチ。
バカバカしくて、議員先生は舟をこいでいる。
でもね、彼女の結婚する前後に一緒に飲んでて、
結婚式の2次会のプロデューサーをやった私としては、
結婚して10年くらいたつと、こういう風になるんだなあって思った。
時間というのはかくも残酷なものなのであります。

おい、そろそろ帰るぞ――と時間を見ると4時10分
バカじゃないの!
というわけでお開き、帰りましょ。

後日、女子は帰宅したら、実家のお母さんにこっぴどく怒られたようです。
でもダンナには、報告しないんだって。
で、式守はというと、帰って少し寝たらとっても元気になってしまって、
翌日は実に仕事がはかどったのであります。

また飲むよ!

タグ:春日部
nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

3月22日、日本酒を持ち帰ってきました! 笠間 [やる]

記事アップが遅くなりました。
出撃も多く、仕事も立て込んできており、
いきおい、記事を書く時間にしわ寄せが来るという寸法。
ネタはたっぷりありますので・・(笑)
----------------

3月22日(土)、日本酒を持ち帰ってきました! 笠間

本当にこの日は忙しく動いていました。
朝からお仕事、世間的には3連休の合間の日ですが、こういう時になると忙しくなる職種。
一応、私の責任時間が9時過ぎまでだったのですが、
仕事が終わらずに仕事場を出たのが10時過ぎ。
結局この1時間が、最後の最後まで尾を引く結果になってしまいました。
車に乗って、片道70キロ先の笠間の磯蔵酒造さんまで向かいます。

そう、この日は日本酒造りの最終工程
瓶詰めと抜栓、ラベル貼りと梱包作業と発送という、ロジスティック的な作業があるのです。
いつもなら、蔵の中で日本酒を「作る」という作業を、蔵人さんたちと一緒に行うわけですが、
この日は蔵人さんは1名、あとは私たちだけという陣容。
そこで、細かい作業を行うのであります。
作業開始は9時、私は遅刻で11時ころに着けばいいなと思っていたのですが、
いきなり出発が1時間押し、あげく3連休ということで道路は各所で渋滞。
あげく事故も多発、世間はサンデードライバーであふれかえっておりまして、
普段よりも45分近く時間がかかり、現着が12時15分!

きっと、この時間だと午前の作業は終わっていて、
お昼を近くのお蕎麦屋さんに食べに行っているだろうなと思い向かうと、予想通り。
ちょうどメンバーが車で乗り付けてきた(笑)
ということで、いきなり昼食であります。

私の性癖を皆さんよくご存じ、メンバーがそれぞれ注文し、最後が私の発注。
というのも、だれかと同じフードは絶対にチョイスしないから。
この日は「そばがき」にしようと思っていたら、別の人が注文しちゃった!
こうなると次善の策に逃げるしかありません。

とりあえずみんなでつまもうと頼んだ、山ウドとフキノトウの天ぷら
IMG_9007.JPG
こういうのを食べちゃうと、飲みたくなっちゃうじゃん!
フキノトウのほろ苦さが、美味であります。

これは私の発注を横取り(といっても本人に責任はない)した、そばがき
IMG_9008.JPG
すごくいっぱい入っていて、いいなあと思っていたんだけどね。

で、私の注文は、蕎麦屋さんでどうしてこれかね・・(笑)
イカ天丼であります。
IMG_9009.JPG
もうこちらのお蕎麦屋さんで、頼んだことのないメニューが限られてきていたので、
こういう変化球しか残されていないの。
以前、イカフライ定食を頼んだら、イカフライが5枚も乗ってきて、
それはそれで食べごたえたっぷりなんだけど、やり過ぎ感もあったので、
そのスピンオフということで、イカ天丼。
甘じょっぱいタレをまとったイカフライを、ご飯とかっ込むのは、格別です。
これで午前中に作業をしたのであれば、満足なのですが、
なにせ午前中はただ車を運転していただけのようなもの。
とにかくお腹いっぱいになってしまいました。

さあ、午後はしっかり働きましょう。
ラベル貼りの途中から。
20120317ラベル貼り.jpg
裏ラベルは昨年まで、のり付けからなにから手作業だったのですが、
蔵主さんが「あまりにも気の毒だ」というご配慮で、今年からシールになりました。
とはいえ全部で1100本くらい、ペタペタ張るのは重労働です。
梱包用の箱作り、発送用の段ボール箱づくりも並行して進める。
20120317箱詰め.jpg
各自の分をキープし、それぞれが段ボールに詰めていく作業。
落として割ってはいけないし、1本単位で間違えがあってもいけないから、
ダブルチェックであります。

そして各自が注文した本数をゲットしたところで、そこからは個人作業に移行。
自分で作成した表ラベルを張り付けたら、発送したり自分の車に積み込んだり。
私も、直前に作った表ラベルを張る。
また今年はちょこっと狙いがあって、4合瓶から300ミリリットルに小分けして、
プラネタリウムのメンバーにもおすそ分けをしようかなと。
4合瓶であげてもいいんだけど、とんでもない出費になっちゃうので(爆)

私の完成品であります。
IMG_9013.JPG
300ミリサイズの表ラベルは、数年前に作って好評だった「運転免許証」バージョン
「おいしいと思えばいつまででも有効」という、あくまでパロディ(笑)
4合瓶サイズのラベルは、ここ数年「公文書シリーズ」と称して、
逮捕状や外国人登録証、駐車違反通告書などにしましたが、さすがにネタ切れ(爆)
よって今年は、JRのスキーキャンペーンのこれをパクる。
20131211みんな雪のせいだ.jpg
なにせ、酒造りが2回も降雪で中止になったのは、「ぜんぶ雪のせいだ!」ということで、
川口春奈ちゃんのかわりに、式守のどアップがメイン
「SKI SKI」のかわりに「SAKE SAKE」として、ロゴからフォントから構図から、
できるだけ模倣してみました。
模倣すればするほど、モデルの差が歴然としてしまう痛恨のオチ(涙)
メンバーが私のラベルを見て、苦笑していくという事態であります。

そして、なお各自の作業が進む中、実は私、
このあと夜に飲みの予定を入れてしまっているので、
皆さんよりも先に帰宅するというアッパレさ。
遅刻して早退、あげくメンバーの中で最若手、
失礼千万な中で「じゃあね~」と言って帰路につきました。
まあ帰りもまた渋滞と事故のオンパレード。
2時間かけて戻って、日本酒を冷蔵ケースに全部詰めて、
大急ぎで飲みに向かいますよ。

その飲みが、19時から28時10分まで続くとは、この時点では夢にも思いませんでした。
そのどうしようもない飲みの模様は、またあした。
あすは定刻、13時アップできる予定であります。

タグ:日本酒 笠間
nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

再度、ブログ遅延情報 [番外]

日本酒造り、同級会、ステキなフレンチ、プラネタリウムのリハーサル、そのあとの飲みなど、
書くべき内容は多数あれど、書く余裕がないままに、本日の記事は遅延をしております。
そして年度末進行などと言い訳をしながらも、本日中には記事アップを目指しますので、
読者の皆さまには、恐れ入りますが、しばらくの間お待ちくださいませ。

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

3月20日、日本酒造り愛好会役員会で「水飲み鳥」 [やると飲む]

きょうは3月25日、お給料日という人も多いでしょう(私もです)。
あと1週間で消費増税、ここから駆け込みでまとめ買いが始まるのかな。
世間がいろいろな意味で浮足立つ、稀有な年度末であります。
私の仕事も今日から最後の追い込みが始まりますが、
夜に大宮でプラネタリウムのリハーサル。
時間を上手に使わないと、バタバタして終わってしまうかもしれないので、
がんばりますよ!
----------------------
3月20日(木)、日本酒造り愛好会役員会で「水飲み鳥」

平日が4日しかなかったこの週、実は気になるステージが2つあったのですが、
いずれも打ち合わせなどで見に行けず。
一つは人形浄瑠璃、もう一つは亀淵友香とVOJAのゴスペルの演奏会
どちらも近くのホールでやるのだからと狙っていましたが、無理でした。
そんなゴスペルをやっていたその日が、この日(爆)
仕事をギリまでやってから、日本酒造り愛好会の役員会で集まります。

この日の2日後、つまり22日に行われる日本酒造り実習の最終日と、
その翌週に行われる「総会」への準備という位置づけ。
役員会は、もう毎度のことになりましたが、仕事場の最寄り駅のそばの、
お肉屋さん併設の「いぐさ食堂」さんです。
定刻に向かうと、もうメンバーがそろっている。
女将さんももう顔なじみ、こんばんは~。

お酒のグループらしく、打ち合わせだからとノンアルコールにならない「いさぎよさ」(笑)
ビールと温奴で乾杯です。
ちなみにビールは自己申告制、「大瓶もらいますよ~」と言って、
業務用の冷蔵庫から抜き出し、自分で開栓して飲むという塩梅。

今年度の日本酒造り実習は、降雪で2回流れてしまい、
実質1回しかみんなで集まれなかった。
搾りの日は平日の午前中で、たまたまその日に仕事の来客があったので、
私は参加できず仕舞い。
だから、今年は「自分たちでつくりました!」って言いにくいかな。
とはいえ、最終日の瓶詰めから梱包までのロジスティック部門は、
毎年、みんなでああだこうだやりながら、大騒ぎなのです。
今年も発注総数が4合瓶で1000本を越えまして、
それを手作業でラベルを張ったり段ボール詰めをしたり。
その作業がなかなかのハードな作業なので、こうして事前に役員が集まって、
段取りを打ち合わせるの。

そして翌週の総会、なんでも会計から「単年度赤字」との速報。
会費の値上げを回避するため、徹底的な歳出の削減を検討。
規約にある慶弔費の廃止や減額を、総会議案に緊急上程する羽目に。
「でもさあ、結婚と出産はめでたいことだから、
そこは聖域にしてお祝い額は変えないでおこうよ」と会長の意見。
実はメンバーの中で、結婚と出産の可能性のある者は私を含めて2人しかいないのです。
なにせ独身が男女各1、合計2人ですから・・。
「じゃあ、2人がめでたく結婚したらどうなるのかな」などと、相変わらずバカなことを言いだし、
みんながあきれ返っています。
まあ、ワイワイやっていますよ・・。

ビールから日本酒に移行、そしてもつ焼きも出てきました。
IMG_9000.JPG
いろいろな部位、焦げ目がご愛嬌(笑)

ポテトサラダも発注、こちらのはお砂糖が入っているから、子ども好みの甘めのもの。
IMG_9002.JPG
ハムが懐かしさ満点です。

お肉屋さんゆえ、店頭の余っているお惣菜を適当に切って出してもらう。
IMG_9003.JPG
アジフライやハムカツ、メンチカツ、コロッケなどよりも、
手前の表面張力であふれんばかりのお酒がアッパレですよね。
みんな「水飲み鳥」のように、お口から迎えにいかないと。

過去13年間の日本酒造りのデータを全部まとめた表を、
役員の1人が作ってきた。
これを見ながら、ああ、あの時こんな苦労があったとか、事件だよねとか、
美味しかったよねなど、お酒がすすむ。
そうか、もうこのメンバーで13年も一緒の冬を送ってきたのだなあ。
楽しい時間であります。

女将さんが「いつものラーメン食べる?」とアテンション。
お願いします、半ラーメンで~す。
IMG_9006.JPG
これまた、昔懐かしい東京ラーメンですよ。
海苔とナルト、チャーシューにメンマ、刻みネギで醤油味、細麺・・。
このどうってことのないラーメンで〆るのが、
10年以上、ここで役員会をやってきたルーティンなのであります。
ごちそうさまでした。

最初に会ったときは、自分も20代だったんだよな。
みんな等しく歳を取りましたが、年齢も職業もバラバラで、
なおかつ自分が圧倒的に若いのに、
いつも言いたいことを言える、素敵なメンバーなのであります。


タグ:日本酒
nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

3月18日、リハーサルとチーズ三昧 大宮 [やると飲む]

きょう3月24日は、おそらくどこかで飲んでます。
というのも、ブログ執筆の時点で、日にちしか決めていないの。
候補はいくつかあるのですが、どこにしようかな?
フレンチか、クラフトビールか、あるいは老舗居酒屋か。
そして今月もあと1週間、来週は「消費増税ミッション」です~

----------------------

3月18日(火)、リハーサルとチーズ三昧 大宮

お彼岸の入りの日、朝から来客があったり、仕事がバタバタしたり。
でも前日のオフ会で飲んだから、朝から元気であります。
そう、飲んだ次の日は元気なんですよ。

仕事を少し早めに切り上げて、大宮へ。
プラネタリウムのリハーサルがあるのです。
3月と4月は投影会の予定がないのですが、
5月に2本ありまして、もうその準備に入っているの。
大型連休の最終日5月6日が、第12回投影会。
そして5月20日の午前に、乳幼児プラネタリウムを企画している。
こうなると、早めにやっておかないとエライことになってしまいそう。

今回の制作統括の女性が、前の週に季節外れのインフルB型に罹患
40度の熱が5日間続いたそうで、死んじゃいそうな悲痛なメールが届き、
急きょ、その補助になって、この日を含めたリハーサルを設定したの。
ヘルプのメールの文章が途中で変換すらできなくなり、最後は句読点までなくなっていく。
そんなぶっ飛んだメールをもらっちゃえば、助けてあげないと。

平日の夜なのに、そこそこ集まってくれた。
インフルを駆逐した制作統括も、マスク姿で登場。
花粉症とか、ねんざとか、みんな何かしらわずらっている(爆)
台本の読み合わせやスケジュールの確認やら。
乳幼児プラネタリウムでは、式守が「体操のおにいさん」をやるらしい。
「おにいさん」じゃないような気が(爆)

プラネタリウムに入って久々に操作。
そうです、今回5月投影会は、昨年8月に続いて2度目の「コンソール操作」を担当します。
昨年はまったくわからないレヴェルからのスタートだったので、エライことでしたが、
2度目ですので、ある程度はわかります。
台本を初見でも、操作は滞りなくできそう。
でも、日の出と日の入りは、やっぱりもう少し練習しないとダメだな。
っていうか、やっぱり少し忘れている・・。
ビミョウな操作は、やっぱり反復練習が大事なんですよね。

リハーサルは4月上旬までにあと3回、設定されましたので、
多忙な時期なれど、大宮通いがまた始まります。

終わってから、いつもの「オールドパル・三銃士」さん
マスターがいろいろ用意をしてくれている時に、飲み仲間が登場。
寝台特急あけぼので、酸ヶ湯温泉に3泊してきたというお人のお土産の日本酒も。
IMG_8994.JPG
ちなみに、スープはエビちゃんであります。

マスターが、また不思議なフードを用意。
IMG_8995.JPG
田楽だ~とパクリと食べると、これがスンバらしく辛い、唐辛子たっぷり
だからここはバーなんだって、どうしてこうなっちゃうかな。

エキュートで売ってたという、さっきの「鉄子」のおみやげは、柿の種3点セット
IMG_8997.JPG
山椒と溜り醤油味、和風だしカレー味、濃厚チーズ味。
チーズは不得手なれど、一口食べてみないと気がすまない式守。
ニヤニヤしながら見ている鉄子、うーん、胸が一杯であります。

そこに、5月にリサイタルをやるというピアニストさんも登場。
リサイタルのMCについて、私に相談があるというので、
白タキシードで出てくれというのかと思ったら「MC原稿のチェック」だって。
なんだ、MCをやりながら、ピアノの調律をはじめたらウケたのになあ(爆)
お土産ですって、持ってきたのがこれ。
IMG_8998.JPG
みんな周知のとおり、不得手なので私には出されないものの、
負けず嫌いの私は、さっきの鉄子から少しだけもらって食べる。
うーん、胸が一杯であります(涙)

日本酒やら泡やらをワイワイと飲みながら、マスターはカウンターの反対側のお客さんを応対。
単身で来ているおそらくお初のお客さん、少し酩酊気味のよう。
酒のウンチクを人に聞かせながら飲む、まだ30代くらいの男性。
マスター、こういうお客さん得意じゃないんだよなと思って、チラチラ気にしていたら、
やっぱり、ああ、こうなっちゃった!っていう感じで、マスターに言いくるめられている(笑)
お酒をアタマで飲むタイプって、マスター一番嫌いなんだよね。
こっちはそれを見ながら、「おお、やってるよ!」と対岸の火事。
ほうほうの体で、お会計をされてお帰りになっちゃった。
バーは社交場、酩酊してはいけないのですよ~。

とまあ、いろんなことがあった1日は、無事に(?)終って帰路に。
なかなかタフになった気がした日でありました。




nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理