So-net無料ブログ作成
検索選択

「みうらじゅん」と「母」と「洗濯ばさみ」 [間接的に考える]

「みうらじゅん」と「母」と「洗濯ばさみ」

落語の「三題噺」で最も有名なものと言えば、芝浜でしょう。
三遊亭圓朝の代表作、芝の浜、財布、酔っ払いを元に、
歳末の寄席を今や完全に席巻してやまない名作になりました。

それに比べてしまったら、あまりの格の違いに慄然としてしまうのですが、
まあ式守版の三題噺だと思ってください。
ただし事実は小説より奇なり、この話はめでたく本当の出来事であります。

良く言えば、物を長い間丁寧に使い続けることに長けているのが、式守の性格であります。
悪く言えば、捨てられない症候群なんですけどね(笑)
20年落ちのマニュアルカーに乗り、スキー板も四半世紀前のものを使い、
不便を愚直に楽しんでいる結果、人間も古くなってしまいました。
これは突然変異でできたものではなく、やはり人格の形成において「環境」と「教育」は重要ですね。

私の母(71)は、私の上を行くほどの、捨てられない性格。
私がやっとの思いで捨てたものを、拾ってまた使うお人です。
彼女曰く「使えるものを捨てる理由がわからない」とのこと。
経年劣化に対する思想が、極端な性善説に満ちているので、
「まだ何かに使えるんじゃないか」ということは、
もはや仏教でいうところの「ご慈悲」の領域であり、
ヨガにおけるサマディ(三昧)の境地であります。

先日、NHKの「笑う洋楽展」のオープニングのトークでの出来事。
MCのみうらじゅん先生の、他愛のない話ではじまるのですが、
20170727みうらじゅん.jpg
そのトークが「洗濯ハンガーについている洗濯バサミは、対になっているものだけど、
これが経年劣化で折れちゃうと、何の役にも立たない」っていう話でした。
20170727洗濯ハンガー.jpg
――まあこういうオープニングで、横にいる安齋肇(ソラミミスト)が
「ひひひ」と笑うだけのものなのですけどね。
彼が主張するところとしては、対になっている洗濯バサミの片方が割れてしまったら、
その存在価値は著しく低下するけど、それをただちに補修しようと思うわけでもなく、
壊れたままで放置しておき、次回また使うときに「あ、ここは壊れているんだ」という堂々巡りをしてしまうということ。

おそらくどこの家にもある洗濯ハンガーですので、
この経年劣化については、皆さん経験があることでしょう。
そして、この「なんともしがたいなあ」ということは、ふむふむという感じだと思います。

そして我が家でも同様にして、この洗濯ハンガーの劣化が著しく、
もはや全体の5分の3くらいの洗濯バサミが折れてしまっている状態。
通常ならばここまで使うと、さっさと処分して新たなものを買ってくると思うのであります。

みうらじゅんもこのように言っていたことだし、うちのもひどい状態だし、
じゃあ新しいのを買ってこようかなと母親に具申したところ、
「昨日なおしたよ」とさらりと一言。
あろうことか、その壊れていた洗濯バサミに、
新しい洗濯バサミをわざわざ紐で補強して追加して修繕しておりました。
え、まだ使うの?と聞くと、序盤に書いた「使えるものを捨てる意味が解らない」とのこと。
この言葉は偉大です。
モーゼの十戒だったら、海に道ができます(笑)

ということで、ただでさえボロボロでパイプ自体も折れている箇所が散見されるのに、
めでたく修繕しちゃったおかげで、なお洗濯ハンガーの機能が復帰したので、
買い替えはまたの機会になりました。

仏教に目覚めたみうらじゅん先生の上を行ってしまった私の母は、
もはや仏教的に「徳が高」くなってしまったかのよう。
でもこれを特別なことだと思わず「普段の行い」として、さらりとやってしまうあたりが、
懐が深いというか、爪に火を灯しているというか、紙一重なのであります。

ということで、我が家の洗濯ハンガーは他人に見せられるシロモノではもはやなくなってしまいまして、
人目を気にしてベランダの奥でひっそりときょうも、風に揺られております。
物を大事にすることはいいことだという教えを忠実に守っている母は、
おそらくは人の教えに逆らわずに生きられるお人でありますが、
経済の活性化を第一にする昨今の経済情勢の中では「売国奴」なのかもしれません。

案外、サブカルチャーと質素倹約は、根底では同じ穴のムジナなのでしょうか(笑)
2人を対談させてみたいなあって思います、きっと話はつまらないだろうけど。




nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 1

とんちゃん

お母様すばらしい!
思えば、ずいぶん昔には靴下に空いた穴を(自分で)縫って、使ったいた記憶があります。
それと全く無関係ですが・・
みうらじゅん先生の隣の女性が気になるのです。
そのお方は、先日、式守さんが行かれた展示会にいらっしゃった、かの女性では・・と思い、ドキドキしました。(笑)
by とんちゃん (2017-08-01 12:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0