So-net無料ブログ作成

4月16日、「文字」の特別講座を受講してくる 茅場町 [見る]

4月16日(日)、「文字」の特別講座を受講してくる 茅場町

先日のモヤさまの「重大発表」をみて、苦笑いの式守錦太夫です。
ご覧になった方も、ネットニュースでもお分かりの通り、
今度やる特番で、歴代のアシスタントが勢ぞろいするんだとのこと。
現在は報道局に転籍した大江麻理子、ニュースキャスターの狩野恵理が揃い踏みですが、
いまのアシスタントの子の立場がキツイだろうなと思っちゃいますね。
日曜夜の激戦区を勝ち抜くために、こういう企画になったんだろうと思うし、
大江さんのこの番組の貢献はすごかったから、見たいなあとは思うけど。

なんか今後、大江さんがWBSを降板してバラエティ復帰という道筋を、
暗示しているような特番になりそうな感じです。
とりあえずは、ハードディスクの確保をしないと、200分もの番組が収められない(涙)


きょうの記事の日は、この前の日曜日、もはや暑いくらいの陽気だった日のことです。
基本的に日曜日に私は、予定を入れないのですが、
今回はずいぶん前から予定が入っていました。

地元の飲み仲間さんにして、フォトグラファーで書道家の方が、
毎年実施している、文字に関するディープなワークショップ。
その初回を、今回、一般にも公開する講座が企画されました。
常々、酒を飲みながら、文字や活字、書体などを面白おかしく話していることを、
ある程度体系的に話してくれる、いわば「文字のカフェ」
応募したら、あっという間に定員に達してしまい、
最終的に50名近くの、人気講座になるとのこと。
楽しみに参加してきました。

本来、午前中にやるべき仕事を他の人にお願いして、
11時過ぎまで、この日にやることを仕事場でこなします。
そして、行楽日和でそこそこ混んでいる電車に乗って、
茅場町にある貸し会議室での講座に臨みます。

文字の学校組版道場の特別講座、
「文字の骨組みを織る2」は、
20170418文字講座1.jpg
中央区茅場町のTKPスター貸会議室で、
講師・大熊肇先生をお迎えしての、3時間の講座です。
20170418文字講座2.jpg

文字の変遷や、書体の違い、さまざまな文字の話題などを、
ときには面白おかしく、ときには真面目に語るもの。
基本的に参加者は、その手の専門家や職業にしている人が中心ですが、
興味のある人ならだれでもと、門戸が広がっていました。
実際、50名ほどの受講生は、さまざまな感じの人でしたが、
やっぱり職業柄、フォントを作っている会社の人とか編集者とか、
学者さんとか学生さんなどで、私のようなまったく異分野の人は少なかったかな。
でも、比較的若い人も多く、女性もそれなりにいて、
多様な人々で構成されていました。

内容は、講師の著作「文字の骨組み」を元にしたもの。
20170418文字講座3.jpg
これ、初版発売時に直接本人から購入しておりました。
字体の変遷を、豊富な例示で説明してくれます。
睡眠が足りない私は、寝ちゃいけないと思ってコーヒーを2本も買って臨みましたが、
眠くなるどころか、どんどん覚醒して、実に有意義な時間でした。

講師は、小学生のころに「木」の縦線をはねて、学校で×になったときに、
おかしいことだと思って、当用漢字字体表に興味を持ったとのこと。
答えは「はねてもはねなくても、どちらでもよい」を、学校の先生が誤解していたのです。
そこが彼の、文字への異常なほどの興味関心のスタート地点。
いまや、著作も多いお人になりました。
IMG_3910.JPG

詳細は割愛しますが、例えば「さいたま市の『さ』はつながるのか、つながらないのか」とか、
「『葛飾区』と『葛城市』の『葛』の文字の違い」。
「吉田さんの『吉』の上は、士なのか土なのか」や、
「『右』と『左』はなぜ書き順が違うのか」など。
こういうことを学術的に論じると、実に豊かに面白い時間が送れるのであります。
IMG_3914.JPG

ちなみに、この日一緒に参加したのは、スキー以来の弊ブログに登場の、
私の愛人「麻里子さま」とそのダンナ。
3人でテーブルで横並びになり、講義を受けているのがなんか面白かったです。
ちなみに麻里子さまは、この秋に漢字検定の1級を再受験するらしい。
ダンナはとても達筆なお人です。
私は悪筆だし、ぜんぜん書とは違う分野なんだけど、雑学好き。
でも、他の受講生の中では、やっぱり少しだけ異質な人たちでしたね(笑)

みっちり3時間の講義、質問時間もありまして、
全部終わったら17時ごろになりました。
懇親会とかあるのかなと思ったら、どうやら企画されなかったようで、
講師ともども、じゃあ地元に戻ってお疲れさん会をやろうということになり、
まっすぐ帰ってきました。
そのお疲れさん会の模様はまたあした。


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 6

コメント 2

caveruna

「葛」の字のお話、是非聞きたいですね~
実は、苗字に葛が付くのですが、
だいたい「くず」と呼ばれます。
葛飾区の葛です!と言っても、はこの中って、
どう書くの?と聞かれることが多いです。
by caveruna (2017-04-19 13:57) 

式守錦太夫

caverunaさま、リクエストにお応えして、
今週末の記事に「葛飾区」と「葛城市」の違いを含めた、
「葛」の文字で記事を一本書きます。
ここで紹介した書籍に、その項目があり、面白いことが書いてあるので。

by 式守錦太夫 (2017-04-20 07:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0