So-net無料ブログ作成
検索選択

3月30日その2、山谷の名店と迷い道くねくね 南千住 [飲む]

3月30日その2、山谷の名店と迷い道くねくね 南千住

年を取ると、本当に涙もろくなって行けません、式守錦太夫です。
昨日の記事では、昔からの知り合いである、つぐみさんのお誘いで、
夜桜船に乗ってきて、感極まるダメおやじを掲載しました。
下船して、時間は19時30分。
ちょうどいい時間であります。

同行者が、南千住の名店に行こうというので、浅草から都バスに乗りました。
私の文化圏では、バスに乗るというのがほとんどないので、
バスの乗り方ってよくわからず、左右の人をきょろきょろしながら乗る始末。
で、向かったのは以前「山谷ドヤ街」という名称だった、南千住界隈の丸千葉さん。
南千住というより、日本堤と言ったらいいでしょうか。
なかなかおいそれとは行きづらい街であります。
ワイルドですからね。

コの字カウンターと、入れ込み式のテーブル、グループでも座れる席もあって、
30人以上入れます、結構大バコ。
まずは赤星を頼みまして、壁にかかるお品書きから、ふきの煮たのと、そら豆。
IMG_3803.JPG
金目鯛の刺身、盛りがいいですね。
IMG_3805.JPG

やっちゃんと呼ばれる、愛想のいい男性は、とにかく話し好きで、
いろんな人に積極的に絡みに行って、ああでもないこうでもないと話している。
おばちゃんも丁寧な給仕、下町ならではですね。
ビールから、日本酒に移行です。

菜の花とぬたを発注
IMG_3807.JPG
ポーションがデカイ!
同行者がいるからいいけど、1人で頼んだら食べきれないよ。
奥では鍋を囲んでいるグループ、おそらく会社の納会みたいなものなのかな。
そこにもやっちゃんが入り込み、ワイワイとやっています。

同行者が、最近こういうのもいいなあと思うんだよねと注文したもの。
IMG_3810.JPG
色の3元素がすべて入っていると言っても過言ではない、ハムカツです。
この色合いの妙が、また食欲を増進させるのです。
あ、食欲だけじゃないですね、酒欲も(笑)

大徳利を数本あけて、せっかくだからチューハイを頼みましょう。
IMG_3812.JPG
すっきりさわやか、金宮印のグラスに入ったチューハイです。
22時を過ぎて、のれんを閉まっているんだけど、お客さんがみんな帰ろうとしない。
っていうか、お店の人たちがちっとも終わりという雰囲気になっていない。
なんかこのまま、朝まで飲めちゃうんじゃないかなと思いました。
丸千葉さんの鍋も評判いいんだよね、今度食べてみましょう。

お会計をお願いすると、やっちゃんが来て「どうだった?美味しかった?」。
こちらは酒場アイドルの「なゆ」さんがたびたび訪れているので、その話をすると、
さっきまでいたんだよ、本当に、あなた方とほぼ入れ違い。外で会わなかった?」とのこと。
どうやら本当に直前までいらしたようです。
ニアミスでしたね。
ごちそうさまでした。

なんかいい気分の私たち、そのままフラフラと帰りの道を探していると、
めでたく完全に迷ってしまいまして、40分ほどずっと歩いて行ったら、
なんと浅草ビューホテルの前にたどり着きまして、どこをどう歩いていたのか・・。
酔っ払いのすることは、困ったものですね。

でも、この日の夜桜船と丸千葉さんで、なかなかオツなコースだったんじゃないかな。
日々の多忙の中で、こういう潤いがあるから、また頑張れるというものであります。
帰宅後、振袖さんのつぐみさんからメールが届きました。
連日、夜の仕事で大変だけど、わざわざ来てくれたことを感謝してくれていました。
見られて良かったなあと思う、酔った夜でした。


タグ:南千住
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 5

コメント 4

caveruna

バスって乗り慣れないとドキドキ
しますよね(苦笑)
慣れるとなんでもないんだけど。

南千住はディープだなぁ〜!
by caveruna (2017-04-08 03:13) 

式守錦太夫

caverunaさま、バスの文化がない地域に住んでいると、
うまく乗れません。
慣れないですね。

by 式守錦太夫 (2017-04-10 03:06) 

とんちゃん

実にいいですね。お店が。
なゆさんとニアミスってのは残念ですが。
by とんちゃん (2017-04-11 12:40) 

式守錦太夫

とんちゃんさま、彼女は吉原の方のお寿司屋さんに流れて行ったみたいです。
でもいいお店でした、ポーションが大きい。
by 式守錦太夫 (2017-04-12 18:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。